おすすめ買取業者を見る

山梨県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

山梨県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

山梨県で誕生した甲斐絹

かつて甲斐の国と呼ばれていた山梨県は武田信玄が支配していた地域としても知られています。甲斐の虎と呼ばれた武田信玄は優れた軍略と政治の才能でこのエリアを統治していましたが、越後の龍と呼ばれた上杉謙信と生涯に亘って何度も激しい戦を繰り返したことでも知られています。軍事力、政治力共に拮抗していた双方ですが、やがて武田信玄は織田信長包囲網の一部となるべく上洛を開始しますが、その途中で病によって倒れてしまうのでした。山梨県には現在でも武田家に纏わるさまざまな名所やスポットが残されていますし、戦国ファンや歴史好きな方に高い人気を誇っています。

甲斐絹は山梨県に端を発する織物で、このエリアで暮らす方だと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。ただ、名前は聞いたことがあっても実際にその目で見たことがない、触ったことがないという方が多いのも事実です。甲斐絹は1940年頃まで当たり前のように織られていましたし、羽織や和服の素材として使われていたのですが、やがてその姿を消すことになります。西洋風の暮らしを選んだ日本において甲斐絹は不要なものとなってしまいましたし、需要もなくなったことからその姿を消すことになったのでした。

甲斐絹は薄手の生地ではあるものの腰があり、独特の光沢と手触りが特徴的です。通気性にも優れていることから日常の着物などによく用いられましたし、羽織の裏地に用いられることも多々ありました。江戸時代から昭和初期にかけては盛んに生産されていましたが、先ほども言ったように次第に衰退していきます。現在では甲斐絹そのものは生産されなくなりましたが、その技法を活かした織物は数多く生産されています。また、2002年には甲斐絹を復活させようという動きが活発になりましたし、甲斐絹の復活を目指して甲斐絹座も結成されています。甲斐絹で織られた着物などは希少価値も高いことから中古市場でも値がつきやすいです。

郡内地方で誕生した郡内紬

富士山や富士五湖、武田信玄にゆかりのある寺社仏閣など観光名所がたくさん存在する山梨県。観光県としても高い人気を誇っていますし、年間を通して大勢の観光客が訪れています。そんな山梨県に端を発する織物の一つが大石紬です。富士山麓に自生する草木を染料として用い、丹念に織り上げていきます。江戸の時代からこの地方に伝わる伝統的な技法で、郷土伝統工芸品にも認定されています。明治の末から昭和初期にかけてが最盛期と言われており、この頃には多くの農家によって紬が織られていました。

大石唐糸織とも呼ばれる大石紬ですが、現在でも山梨県の大石地方で行われています。中繭と玉繭の諸撚糸のことを唐糸と呼んでおり、天保年間には模様が特徴的な大石紬が数多く織られていました。どこから大石紬が伝わったのかということは未だにはっきりわかっておらず、一説には郡内紬の影響を受けたのではないかとも言われています。ただ、これも諸説ありますから確かなことではありません。明治時代になると唐糸織の技法が入ってきたため大石唐糸織が生産されるようになりましたが、現在では非常に少ない生産量となっています。

生産量こそ少ないですが確実に生産はされていますし、その独特の模様や色合いに魅せられる方は少なくありません。再び大石唐糸織を広げよう、復活させようと動いている方もいますし、もしかすると今後大石唐糸織がまた知られるような存在になる日が来るかもしれません。大石唐糸織で作られた着物や小物を所有しているという方もおられるでしょうし、中にはコンディションの良い状態で保管しているという方もおられるかもしれません。もし、もう二度と使うことはない、未練はないという場合は売りに出すというのも一つの手です。そのままタンスの肥やしにするのはもったいないですし、買取専門店なら高値で買取りしてくれることもあります。出張査定などしてくれるお店もありますから気軽に問い合わせしてみましょう。

山梨県で発展した大石唐糸織

山梨県郡内地方は都留郡一帯を指しています。山林が大半を占めており、豊富な自然が今なお残るエリアとしても知られています。武田家の家臣団として頭角を現した小山田氏がこの地域を支配したことでも知られており、居城もこの近くに築いていました。小山田氏と言えば武田家屈指の投石部隊としても知られていますし、合戦時にはゲリラ戦を駆使して敵方を追い詰めたと言われています。小山田氏は武田信玄の時代には従順な家臣として付き従っていたものの、信玄が亡くなり勝頼の時代になると彼を裏切ります。郡内紬はそんな郡内地方に伝わる歴史ある紬です。

郡内地方はもともと養蚕が盛んなエリアとしても有名で、古くから養蚕が行われてきました。時の朝廷に甲斐の国の布を収めたという記録が残っていますから、非常に長い歴史があることが理解できます。郡内紬は江戸時代に領主となった人物に奨励され、そこから発展の一途を遂げるようになります。甲斐の国の織物だった甲斐絹と共にこの地方の特産品としてその知名度を高めていきますし、人気も二分するようになりました。昭和初期頃までは盛んに生産されていたのですが、時代の流れと共にその姿を消していきます。海外の文化が流入し、日本人が和装をしなくなってからはまったくと言っていいほど見なくなりました。

非常に滑らかで光沢のある生地が特徴的です。その見た目の美しさに多くの方が虜になりましたし、高い人気を獲得したのもその見た目故ではないでしょうか。座布団地や布団地にも用いられていましたし、夜具や羽織の裏地などにも用いられていました。太めの格子柄を採用することも特徴の一つで、縞甲斐絹と呼ばれることもあります。現在ではほとんど生産されていませんし、見つけることも困難でしょう。郡内紬を用いて作られた座布団や布団、着物などは高値で売却できる可能性もありますから、もし使用していない郡内紬があれば査定に出してみると良いかもしれません。