おすすめ買取業者を見る

山口県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

山口県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

山口県の主要都市と着物に関する取り組み

山口県は、本州の西端にある県で、中国地方に属します。とても長い海岸線を有しており、海浜公園が豊富にあります。そのほかにも山や川など、とにかく自然が豊富で住みやすく、全国的に見ても住民の環境に対する満足度が高い県として知られています。

山口県には特徴的な市が数多くあります。まず山口県の経済を支えているのが山口市です。下関市の関門海峡は全国的にも有名ですね。現在は山口県の中核市の指定を受けており、山口県内の大企業が下関市に集まっています。一方で海に面した地理から、水産業が非常に盛んです。例えばアンコウの水揚げ高は全国一位になっています。

また、萩市一帯には萩焼という焼物の文化があります。とても渋い見た目をしており、茶人が古くから好んで使ってきたという有名な焼物です。このように山口県には、歴史的な文化、一次産業、二次産業すべてにおいて、特徴的なポイントがあります。

山口市には「やまぐちぶらりきもの散歩」というものがあります。やまぐちぶらりきもの散歩とは、大内文化の風情を、着物を着て散歩しながら楽しむという取り組みです。ただ散歩をするというだけでなく、着物の着付けサービスがあったり、レンタルがあったりするため、とても着物を身近に感じられるようになっています。

そのほかに、萩市には着物ウィークというイベントがあります。こちらも着物を身近に感じてもらうための取り組みのひとつです。着物を着て協賛のお店に訪れると割引が受けられたり特典が付いたりします。また、和の学び舎という体験プログラムやフォトプレゼント、フォトコンテストなど、ミニイベントが数多く開催されています。

山口県には有名な着物のご当地ブランドがあるわけではありませんが、このように着物をもっと身近なものにするためのイベントが多数開催されています。着物とは関係が深い地域といえるでしょう。山口県で気になる着物をお持ちの方は、ぜひ着物買取を検討されてはいかがでしょうか。

山口のきものサービスと大内文化

萩市では、着物ウィークというイベントが催されています。

着物をテーマにして、和を身につけて、和を学び、和を楽しむというものです。古の城下町、その町並みを今も留めている風情たっぷりの町こそが萩という場所です。その町並みにぴったりの着物を着て、町歩きを楽しむことができるのです。そのようなイベントであれども、着物を着て歩くことによって、日常とはまた違う世界を味わうことができるというものです。着物ウィークでは、着物を着ている人であれば特別割引が受けられるというものです。和の学び舎、写真プレゼントといったものなどの、萩ならではの体験ができるのです。

ちなみに、この萩の地では世界遺産と呼ばれるものがあります。それは、萩反射炉と呼ばれるものがひとつあります。西洋式の鉄製大砲鋳造を目指したのが萩藩なのですが、その萩藩が安政3年に開発したのがそれです。鉄製の大砲を鋳造するために用いられていた反射炉です。それから、恵美須ヶ鼻造船所跡というところもあります。これは、萩藩が安政3年に設けた造船所の遺跡であり、幕末に2隻の西洋式帆船を建造しています。幕末に建設されたものでありながら、唯一遺構が確認できる造船所ということもまた評価されています。

大板山たたら製鉄遺跡というものもあります。1750年代から1860年代の間に稼動していたものです。恵美須ヶ鼻造船所で作られる船のための鉄がここで作られていました。建物跡などの遺構が露出した形での整備がされています。萩城下町というのも世界遺産のひとつです。萩城下町は日本が産業化を目指した当時の地域社会における様々なものを現していることから重要な資産として扱われています。当時の城下町の状態を知ることができます。松下村塾といものもあります。明治維新の先導者である吉田松陰の興した塾も萩市にはあります。ここで学んだ塾生がその後の明治の社会に大きな影響を与えています。

萩市の歴史を知るために着物を着て歩くというのも一興ではないかと思われます。

萩市のきものウィークと世界遺産について

山口市では、やまぐちぶらり きものさんぽというサービスを提供しています。これは、大内文化の風情があるところを着物を着て歩くというものです。

山口市の菜香亭には、着物体験や着付けのサービスといったものがあります。予約制になっていますから、前日までに利用の連絡を入れればよいというものです。レンタル料金は2時間未満であれば2800円、2時間以上であれば3600円となります。着物に関してはすべて一式揃っていますから、何も必要が無いということになります。

山口市の観光をするのならば、おすすめの観光スポットがあります。大内市の代表されるような華やかな文化もあれば、人々に親しまれてきた大自然といったものもあります。それだけのものが山口には揃っているのです。

歴史的な建造物に関しては、国宝五重塔として知られる国宝瑠璃光寺五重塔、国の重要文化財である八坂神社本殿、同じく重要文化財である龍福寺本堂、月輪寺薬師堂、洞春寺山門 観音堂をはじめとしたものがあります。自然としては、長門峡、山口県立きらら浜自然観察公園、一の坂川、ふれあいパーク大原湖、中道海水浴場といったところがあります。また、SLやまぐち号というものがあり、今や見る方が圧倒的に珍しいとされるSLに乗ってそれぞれの観光地に行くことができます。温泉もあって、肌になじむ、柔らかい湯であることで知られている湯田温泉というところがあります。観光ボランティアガイドの会というものもあって、旅のおもてなしをしっかりとしてくれるというものです。

ガイドブックには載っていないという、生の情報を元にして、地元ならではの話を聞くことができますから、一味違った山口の旅を楽しむことができるのです。ガイド料もかかりませんし、こうした魅力的な山口の町を着物を着て歩くことができるというわけです。着物を着て歩いていると、風情をより感じることができるはずです。山口を訪れた際には、こうしたサービスを利用するのもまた一興ではないかと思われます。

また、着物の普及率が非常に高い為、着物買取店も徐々に増加している傾向です。一時期レンタル着物店が流行りましたが、その背景には着物買取店が増えたことによりレンタルできる着物が回ってきたためと推測できます。今後、着物を所有するご家庭が増えていくと、益々着物買取店の需要が増えると同時に買取価格が頭打ちすることは予測できます。現在、ご家庭に眠っている着物がある場合、お早めに着物買取店へご相談されることをお勧めします。