おすすめ買取業者を見る

山形県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

山形県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

山形県と山形県の袖について

山形県は東北地方の南西部に位置する県です。日本海に面しているところで、山形市が県庁所在地になっています。煮

圏の地が市側一帯で、宮城県との間には奥羽山脈、西部には朝日連峰がそびえています。県境の大半は山地が占めており、総面積に対して森林は75%の割合を占めており、農業用地の割合は15%になっています。山脈の割合は85%を占めており、県の中央には最上川が流れています。

気候は日本海側気候であり、隣県の秋田県と同じように、県全域の9割の地域は特別豪雪地帯となっています。全体的に温暖な気温でもあり、夜は熱帯夜になるほどに蒸し暑くもなります。気温が高いため、雪が降っても解けやすいです。夏はとても暑いが比較的乾燥していて、朝晩も涼しくなります。また、春から夏にかけてフェーン現象が発生しやすくなっています。また、山形県は全市町村に温泉が湧き出るほどに観光資源に恵まれています。外国人観光客も年々増加していっているのです。

県下には県庁所在地の山形市をはじめとして、寒河江市、上山市、村山市、新庄市、米沢市、長井市、酒田市などがあります。

山形県には伝統工芸も伝わっており、置賜紬、白鷹袖、米沢袖、山形鋳物、山形仏壇、天童将棋駒、羽越しな布といったものがあります。

白鷹袖についてですが、長井袖と発祥を同じくしているものです。白鷹袖は、米沢藩が領内に青苧や紅花といった材料の生産地から、自給自足の絹織物産地に変更したことで始まっています。白鷹袖は、全国ここだけとなった染技法によって作られています。

そして、米沢織ですが、自然の染料を生かした草木染です。江戸時代に盛んになってから、自然の染料を使って織り上げてきた電灯は今も変わることなく続いているのです。簡単なものであれば10日前後でできます。複雑なものになると2ヶ月以上はかかるものとなっています。米沢の人の真心が伝わるのが米沢織りなのです。当然、着物買取においてもこれらの織物は高く評価されています。

幻と呼ばれる白鷹紬について

山形県には、その地方においては伝統的な織物とされる米沢織物があります。日本国内でも、米沢産地は最北の産地として知られています。素材としては青苧から始まっており、絹、人絹、化学繊維と推移しているのですが、今は天然繊維と化学繊維の産地となっています。

山形県の米沢市の産地の着物です。独自の技法を持った伝統織り、袖や絞り、帯地などの生産がありますが、米沢織物はその総称ともいえるものです。山形県の米沢は上杉家の城下町であり、養蚕や苧麻の栽培のための土壌はあったのですが、上杉家中興の祖、上杉鷹山による積極的な政策によって織物の産地として知られるようになったのです。

米沢織物として有名なものは、白鷹袖、長井袖、置賜紬などとなっており、織られる場所の地名が着いているのです。置賜地方で織られるものに関しては、置賜袖と呼ばれています。明治後期から大正にかけては全盛期とされていたのですが、現在きもの用の織物は趣味的なものとなっています。白鷹袖については幻の袖と呼ばれるほどのものであり、注文をしても半年から1年ほど待たなければ入手できないものとなっています。全体的に生産量が少ないものとなっています。本来は先染めの平織りとなっており、紅花、藍、刈安などの草木染めとなっていました。

この草木染めが特徴となっており、自然の染料を使って染め上げられている伝統は、現在まで何一つ変わることなく続いているのです。蚕が作った繭からつむいだ生糸は、すり合わせられた糸操機でカセと呼ばれる糸の束にされ、それぞれ染められます。生地に入る柄は、下地に従って縦糸、横糸に織り込むことになります。一般的には簡単なもので約10日、複雑なものとなると2ヶ月以上はかかります。とても手間のかかるものではありますが、米沢の人たちのまごころがあってこそ、美しい米沢織物が出来上がっているのです。当然、着物買取においても評価されるものとなっています。お店選びに関しては十分に考えて行うのが良いでしょう。

山形県の米沢織について紹介する

山形県には、伝統のある着物である白鷹紬と呼ばれるものがあります。この白鷹紬は、幻とも言われているものですが、その理由が年間で100反前後しか生産されないことが理由です。奈良時代より伝わる伝統技法により作られている希少価値の高い袖で、市場ではほとんど目にかかることができないとされています。そのため、着物ファンからは幻の袖と呼ばれています。

白鷹紬の大きな特徴としては、上質な蚕で織られたことによる肌触りのよさ上質な絹で織られているため、肌触りがとても良いことがあります。また、山形で採取される豊富な種類の原料を使って染められる素朴かつ多彩な草木染めです。白鷹紬は、板締めと呼ばれる奈良時代から行われてきた染色技法を持って糸を染め上げていて、他の地方の袖と比較しても緻密な文様になっているのも大きな特徴のひとつです。白鷹紬の染色技法を伝えている工房は今やとても少なく、生産量はとても限られたものとなっているのです。

置賜地方で絹織物が本格的に生産されるようになったのは、17世紀の安土桃山時代からです。直江兼続らによって目をつけられたこの地方に新たな産業を起こすために、置賜地方の絹織物が目をつけられ、京都から職人を呼び寄せることによって絹織物の生産に力を注ぎました。江戸中期には上杉鷹山によって職人や技術が越後や足利から導入されたことにより、染色などの技法が確立しました。ただ、近代には洋服が入ってきたことにより着物の需要は減少してしまい、さらには昭和初期に起こった世界恐慌の影響により絹製品が暴落してしまったことにより、工房自体が減ってしまいます。ですが、いくつかの工房は時代の変化に対して生き残り、受け継いだ技法を駆使して作品を生み出し続けたのです。そうして、工芸的な価値を認められた置賜地方の袖は、2007年には県の無形文化財指定を受けるに至っています。1976年には国の伝統工芸品指定を受けているのです。

白鷹袖は非常に生産数が少ないため、希少価値は高いです。市場に出回ることすら少ないこともありますし、そもそも人気が高い出です。着物買取の際には、信頼できる業者を選ぶことが大事です。