おすすめ買取業者を見る

富山県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

富山県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

富山県の特産品と着物について

富山県は、北を海、残りの三方を山脈で区切られたところに位置しています。長野県との県境には北アルプスがあります。西は倶利伽羅峠を挟み石川県と接しているのですが、経済的・文化的な結びつきは強いものとなっています。

昔からの風景が数多く残されているところでもあり、世界遺産として登録されている、白川郷・五箇山の合掌造り集落もあります。さらに、そのほかにも文化遺産としての登録を目指す場所もあるほどなのです。それが示すように、富山県には数多くの自然公園があります。立山黒部ジオパーク、中部山岳国立公園、白山国立公園、能登半島国定公園、朝日県立自然公園、有峰県立自然公園などといったものがあります。気候は日本海側気候で、県内全域が豪雪地帯に指定されています。そして、立山連峰は世界でも有数の豪雪地帯となっており、日本では唯一の氷河が確認できる地となっています。

富山県の産業は、米所が古来より行われていました。そして、豊富な水資源と水力発電があります。明治から昭和にかけて、電力を生かした第一次産業から第二次産業へと産業転換を果たし、結果として北陸工業地域が誕生しているのです。また、美術への関心が高く、美術館やアニメ制作会社もあります。また、富山県では伝統工芸品も多数作られています。高岡漆器、井波彫刻、高岡銅器などがあります。それ以外にも、山中和紙、とんぼ玉、和ろうそく、富士土人形、五箇山和紙、木彫り欄間などといったものもあります。

もちろん富山県では着物についても長く扱っているお店がたくさんありますし、レンタルも行われています。店頭買取や出張買取といったサービスを行っているところもあります。安全に着物を高く売りたいと思ったときに、信頼できるお店を探すことが大事なのですが、そうしたところはもちろん富山県にもあります。インターネットでも査定をしてもらえる時代ですが、歴史のある富山県の着物買取のお店でじっくりと査定をしてもらうというのも良いかと思われます。

長い歴史を持つ福光麻布

城端絹織物は長い歴史のある織物の一つとして知られています。日本における織物の歴史は非常に長いですし、各地方に伝わる代表的な織物の多くは長い歴史を持っていますが、ここでご紹介する城端絹織物もまた非常に長きに渡って人々に親しまれてきた織物と言えるでしょう。城端絹織物は富山県に端を発する織物として知られており、戦国時代末期に始まったと言われています。戦国時代末期の1577年に畑氏によって絹織物が始められ、そこから城端絹織物の歴史が始まることになりました。1585年以降は織田信長の母衣衆として活躍した前田家によってこの地が統治され、前田家の庇護のもと絹織物が発展していきます。

加賀藩前田氏の力添えと肥後によって城端絹織物は発展を遂げることになり、その流れから加賀絹として着物が作られるようになりました。現在でもその流れは続いていますし、加賀絹として城端絹織物は変わらず親しまれています。柔らかな質感と独特の温かみを持つ城端絹織物は現在でも人気がありますし、その伝統は確かに受け継がれています。現在では伝統的な技術と手法を用いてさまざまな城端絹織物の商品が作られていますし、手に入れることもそう難しいことではありません。興味がある方は富山県で実際にその手に持ってみると良いかもしれませんね。

着物の素材としても人気の高かった城端絹織物。現在でも城端絹織物の着物は一定の人気を誇っていますし、大事に扱っているという方は少なくないのではないでしょうか。もう着なくなった、着る機会が亡くなってしまったという方もおられるかもしれませんが、せっかくの城端絹織物をそのままタンスの中にしまい込んでおくのはもったいないです。着物買取の専門店などに依頼すれば無料で査定もしてくれるでしょうし、もしかすると高値で買取りしてくれるかもしれません。歴史ある城端絹織物の着物ならもしかすると高値がつく可能性は十分ありますから気軽に査定を受けてみましょう。

加賀絹として着物も作られる城端絹織物

富山県の福光麻布は西砺波郡福光町で造られていた麻織物です。苧績がすべて手作業で行われていたことが特徴的で、丁寧な織によって独特な見た目の麻織物に仕上がっていたことも特徴と言えるでしょう。非常に長い歴史がある麻織物としても知られていますし、古い文献によると平安時代から織られていたという記録が残っています。江戸時代に入ると加賀藩から奨励されたことで隆盛を極めるようになり、流通量もそれに比例して増えていきました。この頃には呉郎丸布や川上布といった呼ばれ方もしていたそうです。

福光麻布はこの地域で栽培された大麻の茎やカラムシなどを原材料として使用していたことも特徴で、いざり機と呼ばれる地機を使って織られていました。多くの方から親しまれていた福光麻布でしたが、時代は次第に化学繊維へと移り変わっていき、大麻の栽培が国によって禁止されたこともあって次第に衰退していきます。昭和天皇の大喪の礼での供給を最後についに廃絶してしまうのでした。福光麻布を織るために用いられていたいざり機ですが、南砺市小院瀬見では廃絶してしまったいざり機を復刻しようというプロジェクトも進められています。

化学繊維の波に飲み込まれてしまい衰退してしまった福光麻布ですが、まったく見かけないということはありません。現在でも少なくはなっていますが福光麻布に親しんでいる方はいますし、その独特の温もりと見た目に癒されているという方も少なくないのです。着物買取の専門店でも積極的に買取を行うこともありますし、福光麻布の織物を持っている、タンスに眠らせているという方は一度査定だけでも受けてみると良いかもしれません。日ごろから愛用している福光麻布だと売りに出すことはできないかもしれませんが、タンスの中で眠らせているくらいなら着物買取の専門店に売却するというのは十分アリだと思います。査定は無料で行っているところがほとんどですから気軽に査定を受けてみましょう。