おすすめ買取業者を見る

鳥取県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

鳥取県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

鳥取県の着物買取事情

中国地方のうち、山陰地方の東側にある鳥取県。全国の都道府県の中でも一番人口が少ない県ですが、鳥取砂丘や大山、弓ヶ浜半島のような見どころも多数あります。西日本の中でもとりわけ豪雪地帯で、冬になると積雪量が多いです。東北や北海道と比べると厳しい冷え込みはありません。

県庁所在地の鳥取市は、山陰地方の中でも関西との結びつきが強い地域です。神戸市、大阪市、京都市からいずれも約200kmの距離で、同じ中国地方の広島市まで300kmの距離があると考えると近いと言えます。江戸時代は池田氏が治めていた鳥取藩の城下町で、歴史的な名残を感じさせる建物も存在します。

米子市は鳥取県内の西側にあり、島根県や広島県といった中国地方との結びつきが強いです。商業都市として発展した歴史があるため、山陰の大阪と呼ばれることも少なくありません。古事記にもたびたび登場することから、歴史的な価値も高い市町村と言えます。また、山陰最大規模の皆生温泉も米子市です。

鳥取県を代表する着物は倉吉絣でしょう。倉吉では高い技術力で絵画的な絣を追っています。江戸末期に誕生したのですが、明治時代になると全国でたちまち評判となりました。高度な技術ゆえに機械化できず大量生産はできなかったのですが、戦後になってから復興運動が行われて今に至ります。高度な技術によって美しいデザインが特徴なのが倉吉絣のため、着物買取においても価値が高いです。

また、米子市や境港市などがある弓ヶ浜半島で作られているのが弓浜絣です。倉吉絣や広瀬絣と並び、山陰の三絵絣と呼ばれることも少なくありません。綿が盛んだった弓ヶ浜では絣を作っていましたが、素朴なデザインで人気になりました。こちらも着物買取市場での人気が高いです。

鳥取県には倉吉絣や広瀬絣など、知名度の高い着物がたくさんあります。そのブランド性の高さは多くの人が知るところでしょう。着物買取は状態次第で高く売れます。気になる着物が自宅にあるなら、ぜひ着物買取を相談してみてください。

鳥取名物倉吉袖とはどのようなものか

着物の中でも、鳥取県において有名な弓浜絣について紹介をします。

弓浜絣は、鳥取県の米子市、境港市で生産されている絣のことです。倉吉絣、広瀬絣と共に、山陰の三絵絣と呼ばれています。弓浜絣のはじまりは江戸時代の中期にはじまったとのことです。米作りには適さない砂地ではあったために、綿が盛んに栽培されていたのですが、それを元に弓浜絣が作られました。農民の自給用の衣料として農家の副業して人々に受け継がれて来たのです。

弓浜絣は、素朴な絵絣が人気になったところがあり、江戸末期から大正時代にかけて生産の最盛期を迎えています。ですが、工業化、時代の流れがあって、次第に衰退していき、第2次大戦後には作られることがほとんど無くなったということです。そんな弓浜絣ですが、嶋田悦子さんと言う方によって復興されることになります。

嶋田悦子さんは実家が呉服屋さんだったこともあり、母の協力を得て古い絣を集め、お年寄りに糸を引いてもらうことによって最初の1反を復元させることに成功しています。その後の1969年には夫と共に弓ヶ浜に帰郷し、一軒のお店を立ち上げて絣の制作に没頭したのです。

そして、弓浜絣は、1975年に国の伝統的産業工芸品に指定されることになります。そして、弓浜絣を復興させることに成功した嶋田さんは県無形文化財保持者に指定されています。境港市麦垣町には、鳥取県弓浜絣協同組合が運営している弓浜がすり伝承館が作られています。ここでは、産地維持や普及、それに後継者の育成などが行われる拠点になっています。

弓浜絣の特徴については、縁起の良い吉祥柄が多いとされています。松竹梅、鶴亀、七宝などの素朴な味わいの絣となって表現されています。これは、農家の人たちが自宅で家族の幸せを願いつつ織られていたことが分かります。着物買取においても、高い評価を得ることに成功しています。もしも自宅にあるのでしたら、信頼できる買取店に持ち込んでみるだけの価値は十分にあります。

弓浜絣の歴史と特長についてご紹介

鳥取の名物のひとつに、倉吉絣というものがあります。これはどのようなものなのかについて紹介します。

倉吉絣は、鳥取県の倉吉市において、江戸時代末期から織られるようになった絣です。絣糸というのは、あらかじめ染め上げた糸を織り上げて、文様をあらわしたものです。倉吉においては、さらに絵画的な柄を織ったもの、高度とされる綾織り、それに浮き織などの様々な組織織りと呼ばれるものも織られるようになりました。こうした織物は、幻の織物と呼ばれ評判を呼んだのです。

江戸時代に始まった倉吉絣ですが、これは明治になっても盛んに織られるようになりました。倉吉地方の各家庭では、自宅で使う木綿の着尺、布団生地といったものは、女手で織られているものでした。機織ができないものは結婚もできなかったのですが、上手なものは嫁入り道具としてみなされて歓迎されたところもあるのです。倉吉の絵絣は、行商人の手によって各地で売られることになり、全国に広まっていったのです。柄が巧みであることもあって、各地でもてはやされ、複雑なものになるほどに高価な値がついたのです。倉吉の女性にとっては、これが貴重な内職流通源となったのです。こうしたように、高度な倉吉絣は、技術までもが流通していき、明治初期には倉吉絣の技術が岡山周辺にまで持ち込まれるようになりました。

倉吉で採用されていた織物のことを風通織と言ったのですが、これは面倒な組織織が採用されており、誰でも織れるものではありませんでした。ごく僅かな人に受け継がれていったものですが、時代と共に消えていくことになります。戦後では数人の高齢者の手によって扱われるものとなり、高度な風通織を織ることができる人もいなくなってしまいました。

そうしたことがあり、幻と呼ばれていたわけですが、倉吉在住の吉田たすくが風通織を復活させたのです。現在では、徐々にではありますが、復活への流れに向かっています。着物買取においても、高い評価を受けている織物なのです。