おすすめ買取業者を見る

徳島県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

徳島県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

阿波の文化が息づく徳島県の着物買取

徳島県は四国の東側に位置する県で、うずしおなどで知られる鳴門海峡や阿波踊りといった観光で話題になるものも多いところ。しかもそれだけでなく伝統文化や芸能の根付く場所としても知られます。

先述の阿波踊りは、日本三大盆踊りのひとつにも数えられ、その歴史は400年ともいわれる伝統芸能です。お盆の時期になると徳島県内の各地で阿波踊りを踊る祭りがいまでも開催されており、なかでも「徳島市阿波おどり」には毎年130万人がおとずれる一大イベントとしてにぎわいます。

阿波踊りの発祥については、諸説あり定かではありませんが少なくとも江戸時代には盛んでご当地の盆踊りとして定着していたことがわかっています。阿波踊りの特徴は「男踊り」と「女踊り」に分かれることです。踊りの所作や衣装が違い、いずれも和装ではありますが、とくに女性の浴衣に編み笠の姿は象徴的です。踊りに色っぽい雰囲気が漂うのも阿波踊りの大きな特色と言えるでしょう。

そんな阿波踊りでも着られる着物ですが、じつは徳島には伝統的な織物文化も根付いています。なかでも代表的なのが「阿波しじら織」と「阿波藍染」です。

阿波しじら織は、織られた生地を75度の熱湯にくぐらせて乾燥させる作り方が伝統とされている織物で、この工程により、独特の美しいシボが浮き上がることで知られています。シボの作り方の秘密は他にも弾力の異なる2種類の糸を使っていることもあり、独特の肌触りや吸湿性、軽量であることが特徴です。

阿波藍染は、日本各地にある藍染めのなかでも最も古い藍染めのひとつとして知られる伝統的な織物です。じつに平安時代には徳島で藍染めが行われていたともされており、当時からこの地原産の藍は非常に上質であることから高級品として取引がされてきました。現在でも藍染めの生産量が全国でトップであることからもこの伝統が根付いていることがわかります。

徳島県の織物はいずれも伝統があり、高級品として取引されている着物も少なくありません。中古のものでも状態によっては非常に高値で売却できるかもしれません。家に着物がある方は、一度買取について検討してみましょう。

阿波藍染とはどのようなものか

徳島県の伝統工芸品の中に、阿波しじら織というものがあります。これについてどのようなものなのかというのを紹介します。

阿波しじら織はし、じらの特長として知られるしぼの独特の風合い、そして美しさが魅力となっています。長年の歴史によって得られた、工夫して折られた布を75度程度の熱湯にくぐらせて乾燥することによって鮮やかなシボが浮き上がるというものです。このシボは、弾力の異なった2種類の縦糸を同じ組織で織り込み、縮んだ経糸でしわを作る方法、そして1種類の経糸で混合組織で織り上げて、それから湯通ししてしわ縮を作るといった方法があります。シボのおかげで肌触りも抜群であって、軽量で涼しいというのが特長となります。綿素材ということもあって、吸湿性に富んでおり、適所衣料としても最適なのです。

阿波しじら織りというのは、明治維新当時、阿波阿宅村の織女による偶然の発見がきっかけとされています。縞の着物が雨に濡れてしまったことがきっかけとなり、強い日差しの中で干していたところ、表面にところどころの凸凹ができていたのです。これは糸の本数を間違っていたことから起こったことですが、この偶然があってヒントを得ることができて、試行錯誤や工夫を行ったことから新しい縞を作り上げることができたというわけです。阿波の旧藩主である蜂須賀公の時代には、一般庶民階級の人間が絹布を使うことが禁止されていたのです。そこで人々は木綿織物を使った良いものができないかということで工夫を凝らしたということです。

つまりは、その当時の人の努力、発想の転換、思いつきによって生まれたものということです。それから長い歴史があって今に至るわけです。しじら織といわれる前には、たたえ織といわれていました。これは、徳島地方の方言であり、経糸を引きそろえるというところからその名前が生まれたとされています。着物買取においても、一定の評価を得ることができているものなのです。

阿波しじら織ってどんなものなの?

阿波藍というものがあります。ちなみに、藍色というのは、まさしくサッカーの日本代表が着ているユニフォームの色のことを指します。この藍染の原料となる藍染料作りの本場として徳島でつくられているすくものことを阿波藍と呼ぶのです。この藍染ですが、魅力は何なのかといったら、やっぱり色そのものにあるというのです。瓶を覗いたときのように薄い色からはじまって、だんだんと色が変わってくというところがあり、それによって多彩な様式美が染め出されることになるのです。

阿波藍の始まりは、平安時代とされています。徳島の山岳地帯で布を染めるために栽培が始まったと言われています。最古の資料としては、見性寺記録というものがあります。その中で藍を栽培して布を染めたという記録があるのです。戦国時代には、藍のひとつの色である勝色が勝利につながるという縁起の良さもあって、武士の鎧の下を藍でかためるという需要が広がりました。これによって、本格的に藍の生産が行われるようになったわけです。徳島の藍は品質が高いこともあって特別扱いされています。特別扱いされています。藍作りは全面的にバックアップしてくれているということもあって、阿波25万石、藍50万石とまで言われるようになったのです。

現在のところも、阿波藍は愛され続ける存在になっています。明治時代になっても藍作は盛んに行われており、北海道から九州にいたるまで生産されるようになりました。徳島県においては、生産量が全国の過半数を占めているのです。そして、今藍は全国的に静かなブームになっているのです。全国で使われているすくものほとんどは徳島産ということもあって、徳島は藍のふるさとと言われているのです。

そんな阿波藍、阿波藍染めに関しては、着物にも使われており、それは着物買取において大きな評価を得ることに成功しています。実際に、海外からも日本の藍というのは評価がとても高いものとなっているのです。