おすすめ買取業者を見る

栃木県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    • +
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    • +
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    • +
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

古い着物は処分が大変!

栃木県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

着物の豆知識

着物の豆知識その① 着物の産地~栃木県編~

■結城紬
結城紬(ゆうきつむぎ)とは、茨城県から栃木県にまたがる鬼怒川の流域で生産されている絹織物です。奈良時代から朝廷に上納されていた高価な織物で、国の重要無形文化財及びユネスコ無形文化遺産に登録されています。元々この地域では養蚕が盛んだったため、農閑期の副業として生産されていたのが始まりとされており、温泉で有名な鬼怒川もかつては絹川と呼ばれていたそうです。そんな結城紬は、繭を煮て柔らかく広げた真綿から紡いだ手紡ぎ糸を経糸・緯糸両方に使用しているのが特徴で、全て手作業のため着物一枚分の糸を紡ぐだけで約二ヶ月の時間を要します。しかし、そうやって手間をかけて織られた生地は空気を含んで温かく、心地良い素材となっています。亀甲や十字絣などの緻密な文様にシックな色合いという通好みのデザイン、さらに紬の中では最高峰の位置付けで、まさに着物通にとって憧れの品と言えます。ちなみに購入時は非常に高価ですが、大切に着れば三代まで着られると言われています。

■足利銘仙
足利銘仙(あしかがめいせん)とは、栃木県足利市で生産されている先染めの平織物です。江戸中期頃からあったとされ、元々は商品にならないくず繭や玉繭から採れる太い糸を緯糸に用いた厚手で丈夫な織物でした。尚、この時は自家用の着物でしたが、江戸後期になると武士や庶民の間にも広まり、大正から昭和にかけては女性の普段着やおしゃれ着として普及しました。足利銘仙という名前の由来には諸説あり、当初は太織り(ふとり)と呼ばれていましたが、太る・肥えるを連想させるために女性の衣服には好ましくないことから銘仙と呼ばれ始めたと言われています。またこの銘仙という名は、経糸の本数が多く緻密な織物だったことから、目が細かいという意味の「目千」「目専」が転訛して「めいせん」となったと言われています。大正2年(1913年)には経糸に緯糸を並べて仮織りし、型染めした後に緯糸を抜きほぐしながら本織りしていく「解し織り」の技法が編み出されたことにより、柄の種類も豊富になりました。現在は時代の変化に伴い着物の生産が減少していますが、伝統を残すべく若者向けのレトロモダンな柄の足利銘仙ソックスなどが販売されています。

■佐野縮
佐野縮(さのちぢみ)とは、栃木県佐野市周辺で生産される綿縮です。主に夏の着物として用いられています。綿縮とは経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強い撚りをかけた綿糸を用いて織られた織物のことで、その製法から表面に細かいシボができるのが特徴です。綿縮は均等に細かいシボができる両シボが一般的で、その他には片シボ、無地、縞などの種類があります。

■真岡木綿
真岡木綿(もおかもめん)とは、栃木県真岡市周辺で生産される綿織物です。この地方は昔から綿花の栽培が盛んだったため、栽培から糸紡ぎ、染色、織り上げまでの工程を一貫して手作業で行っているのが特徴です。木綿でありながら丈夫で質が良く、その手触りはまるで絹のようであったことから江戸時代には絶大な人気を誇り、最盛期には年間38万反を生産していたと言われています。しかし明治に入ると輸入綿糸に押されて衰退を辿り、戦後にはほとんど途絶えてしまいますが、後の昭和61年に技術を復興させるべく「真岡木綿保存振興会」が設立されました。現在は真岡木綿会館で機織りの工程見学や、機織り体験・染色体験ができます。

■益子木綿
益子木綿(ましこもめん)とは、栃木県芳賀郡益子町で生産されている綿織物です。この益子木綿は真岡木綿の衰退に伴い、その伝統を守るために200年の歴史を持つ紺屋の日下田博さんが昭和35年から始めたものです。真岡木綿と同じく綿花の栽培、糸紡ぎ、織り上げを手作業で仕上げるのが特徴で、先染の縞物と白木綿を正藍で染めた型染があります。また、益子木綿の工房では一年を通して綿花の栽培から織りまでを体験できるイベントが開催されており、手作りのコースターやショールなどが製作できます。

着物の豆知識その② 着物の立ち振る舞いについて

普段から着物を着慣れていないと動作がおかしくなってしまい、せっかく美しい着物を着ているのにはしたなくて台無しです。
そこでこちらでは、着物姿をより上品に美しく見せるためのポイントをご紹介していきます。

・立ち姿
頭の先から糸で吊られているのをイメージし、背筋をピンと伸ばします。
脚は内股気味に。猫背やがに股だと着物姿が栄えなくなってしまいます。

・歩き方
背筋を伸ばした状態で、内股気味に歩幅は狭く歩きます。この時履物を引きずったり、大きな音を立てたりはNGです。つま先に重心をかけて真っ直ぐ歩きましょう。

・階段の昇降
裾を踏んだり、地面に触れて汚したりしないよう右手で裾の上前を軽く引き上げ、身体の向きをやや斜めにして昇り降りします。
この時持ち上げすぎて足首が丸見えにならないよう注意しましょう。

・車の乗り降り
洋服の場合は足から入るのが一般的ですが、着物でそれをすると着崩れてしまうので、まずお尻から入って腰を下ろします。
この時裾を汚さないよう片手で両袖を持ち、もう片方の手で上前を引き上げながら身体を回転させて足を入れます。
車内では浅く座って帯を潰さないようにします。シートにもたれるとせっかく結んだ形が崩れてしまうので注意しましょう。
降りる時はさっきとは反対の動作で足から出します。

・手をあげる
携帯電話で電話をかける時や電車の吊革を持つ時などの際は、腕がむき出しにならないよう、片手で袖口を押さえます。

・トイレに行く
着物姿で一番困るのがトイレです。汚さないようなるべく洋式を選びましょう。
まずは袖を帯に挟み込み、次に上前と下前の褄先を持ち上げて帯に挟み込みます。用を足した後は手を洗いますが、絹は水に弱いので袖が濡れないよう注意しましょう。

着物でお出かけにピッタリな栃木県の観光スポット

大谷寺

大谷寺(おおやじ)は栃木県宇都宮市にある天台宗の寺院で、弘法大師によって開基されたという伝承が残っています。こちらは、巨大な大谷石の洞窟内壁面に彫られた御本尊「大谷観音」が有名で、日本最古の石崖仏として知られています。また、パワースポットとしても有名で、庭園の池のほとりには撫でるとご利益があると言われる白蛇の像があります。是非、着物で散策しながら1200年の歴史を堪能してみてください。

宇都宮二荒山神社

宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)は栃木県宇都宮市の中心街に鎮座している神社です。95段もの長い階段を着物で昇るのはきついかもしれませんが、一歩足を踏み入れれば街中ということを忘れてしまいそうな、厳かな雰囲気が漂っています。初詣や七五三で賑わっているので、その時期に着物で出掛けてみてはいかがでしょう。また、大小様々な桜の木が植わっていますので、桜の時期に訪れても良いでしょう。

栃木県内の着物買取エリア紹介

足利市/宇都宮市/大田原市/小山市/鹿沼市/河内群(上三川町)/さくら市/佐野市/塩谷郡(塩谷町/高根沢町)/下都賀郡(野木町/壬生町)/下野市/栃木市/那須烏山市/那須郡(那珂川町/那須町)/那須塩原市/日光市/芳賀郡(市貝町/芳賀町/益子町/茂木町)/真岡市/矢板市