おすすめ買取業者を見る

静岡県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

静岡県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

静岡県とはどのようなところか

静岡県には東西に長い土地になっています。元々は伊豆、駿河、遠江の3つの国から構成されたものとなっています。それに加えて、日本の東西の分岐点でもあるわけですから、電気の周波数から食文化にいたるまではっきりと分かれています。そして、西日本でも東日本でもどちらの性質でも受け入れることができるだけの柔軟性を持っているのです。全体的にはマイペースな人が多いです。

地域区分は、富士川、大井川を境として、東部、中部、西部と大きく3つに分けられます。静岡県には23市5郡12町があります。その中でも名前をよく聞くところと言えば、富士市、沼津市、熱海市、伊豆市、三島市、静岡市、焼津市、藤枝市、浜松市、磐田市、掛川市などではないでしょうか。静岡の地には、1万4000年以上も前から人が住んでいたとされる跡が発見されています。縄文時代における遺跡の総数は2000を越えるもので、土器も確認されています。

産業に関しては、第二次産業の割合が高いです。ですが、緑茶やみかんといった農業もあれば、マグロやかつおなどの漁業も盛んに行われていますし、富士山や伊豆半島、浜名湖といったところのサービス業も盛んに行われています。静岡市には、プラモデル会社や工場が集中しており、売り上げのシェアは9割を超えています。富士市においては製紙産業が盛んであり、浜松市や磐田市周辺は、楽器製造、オートバイ製造、光電子産業が盛んです。

着物に関しては、遠州織物というものがあります。静岡の浜松市を中心として織られている織物のことを言います。明治になると生産が一気に増えたのですが、輸出向けとして戦時中は作られており、戦後には実用的なきもの地として生産されるようになりました。着物買取においても、現在は評価されるようになっています。

そして、きものといえば島田髷です。これは、江戸時代の初期に本格的に登場したものですが、遊女が取り入れたことから爆発的に普及し、色んな身分や職業、個人によって趣味が反映されたものです。静岡県の島田市では、きものを着て街中の文化や歴史を堪能するというツアーを行っており、島田髷の出番もあります。一度体験する価値のあるイベントだといえるでしょう。

遠州織物とはどのようなものか

島田市では、着物を着て市内の歴史や文化を堪能することを目的としたモニターツアーの実施をしています。これは、刀剣展と呼ばれるものにあわせ、市内を巡る旅行商品として売り出す計画であるとしているのです。

このツアーには、市や旅行会社の関係者を含めた16名が参加しています。学芸員の案内により、さまざまな場所を巡ることで、江戸時代の川越しの歴史、衣食住の文化に触れています。刀剣展は刀剣女子ブームに乗っかることにより、多くの来館者を見込むとしています。県外からやってくる観光客に対して、和の文化を楽しむことができる市の魅力を伝えるとしているのです。

こうした島田市の文化のひとつに、島田髷というものがあります。これは、日本髪においてはもっとも一般的な髪型とされており、未婚女性や花柳界の人たちが多く結っていたものです。基本としてはとてもシンプルなものということですが、人気が出たことによって派生の髪型ができました。

派生の髪型には、高島田、姫島田、つぶし島田、投げ島田、芸者島田、京風島田、銀杏崩し、おしどりなどがあります。その名の由来としては、東海道五十三次にある島田宿の女郎に由来するというものです。それ以外にも諸説あるのですが、この島田宿説が今のところは通説といわれており、島田市では発祥の地としての島田髷祭というものが催されています。

きものといえば、やはり島田髷ということになるわけですが、本格的な島田髷の登場は江戸時代初期になります。この髪型を遊女が取り入れたことによって、大流行し、娘たちはこぞって結うようになっていったのです。そして、地域や身分、職業に個人といったところにおいて、個人の趣味が反映されることにより派生の道を歩んでいるのです。島田市の歴史のある町並みを見ることに加えて、着物姿で歩くことと島田髷も採用することによって、さらに歴史の中に入り込んでいくことができるのです。この地に行ったときにはぜひ体験してみてほしいものです。

島田市で行われているイベントとは

静岡県の伝統的な織物のひとつに、遠州織物と言うものがあります。これはどのようなものなのかについて紹介します。

遠州織物とは、静岡県の浜松市を中心にして織られている織物のことを言います。この地の織物については、江戸時代末期から綿織物が中心となっていたのですが、明治15年になると一気に生産量が増えました。その後には白木綿、色木綿などといったものが、第二次世界大戦まで輸出向きとして作られています。戦後には、小幡木綿が織られたことをはじめとして、実用的なきもの地の産地になったのです。

詳しい歴史としては、江戸時代の中期には綿花の産地であったことをきっかけに、農家が綿織物づくりが副業としていました。それから時が流れ、明治17年には紡績工場が遠州地方に作られたのです。明治中期には、木綿職人が大活躍したことにより、販路が拡大され、遠州の織物が全国的に知られるようになりました。明治29年には、豊田佐吉が小幡力織機を発明しています。明治30年には、すでに科学染料の研究が始まっています。

大正元年には現在の磐田市福田地区にて別珍の製造が始まります。大正4年には、工業学校の設立のために静岡県染織講習所が開設されます。大正初期には浜松ゆかたの注染の生産が始まります。昭和時代に入ると、サロン織機が発明されたことによって、洋服地の生産が大幅に増加し、昭和8年には綿布の輸出量が世界1位になりました。

第2次世界大戦に入ると、織物業は軍需工業に転換されます。昭和25年には朝鮮戦争のおかげもあって特需に入ります。そして、時は流れ、平成に入ったとき、景気後退によって、産地の規模が縮小していきました。平成10年以降になると、安価な海外製品が入ってくる中で、業界一丸となり、新製品の開発、販路の拡大を目指しています。そして、平成20年代にはファッション業界との連携を強化すること、さらには衣料以外の分野にも進出への取り組みを見せているのです。今後も伝統を維持しつつ、その規模を大きくしていくことでしょう。

静岡県内の着物買取エリア紹介

熱海市/伊豆市/伊豆の国市/伊東市/磐田市/御前崎市/掛川市/賀茂郡(河津町/西伊豆町/東伊豆町/松崎町/南伊豆町)/菊川市/湖西市/御殿場市/周智群(森町)/静岡市/島田市/下田市/裾野市/駿東郡(小山町/清水町/長泉町)/田方群(函南町)/沼津市/榛原郡(川根本町/吉田町)/浜松市/袋井市/藤枝市/富士市/富士宮市/牧之原市/三島市/焼津市