おすすめ買取業者を見る

島根県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

島根県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

独特の風合いと実用性が魅力の出雲織

島根県は中国地方に位置する県で、出雲や石見、隠岐といった三つの地方に区分されています。豊富な自然資源を背景とした農業が盛んな県として知られていますが、現在では水産業や製造業にやや押され気味となっています。著名な寺社仏閣をはじめとするさまざまな観光名所を有することから観光産業が盛んで、年間を通して大勢の観光客が訪れる観光都市としての側面を持っていることも特筆すべきポイントでしょう。そんな島根県に端を発する織物が出雲織と呼ばれるもので、江戸時代にその技法が確立されたと言われています。創造的で独創的な模様が印象的で、現在でも出雲織は高い人気を誇る織物の一つに数えられています。

作業工程においては温度や湿度の管理を徹底して行っており、それによって絶妙な色合いを実現しています。出雲織ならではの味のある色合いは多くの着物愛好家を虜にしていますし、出雲織にしかない魅力があるのも事実です。すべてを手作りで行う伝統的な技法を今でも大切にしており、手作業だからこそできる温かみのある仕上がりも特徴と言えるでしょう。また、見た目の美しさや手触りの良さはもちろんですが、実用性に富んでいるのも大きな特徴です。実用性が高いうえにデザイン性に富んでいるところが出雲織の魅力ではないでしょうか。

現代でも出雲織の技法は受け継がれていますし、出雲織による着物や小物なども作られています。独特の色合いと実用性の高さ、丈夫さから出雲織は現代でも高い人気を誇っていますし、着物買取店などでは高値で取引されることも珍しくありません。もし、使用していない出雲織の着物などがタンスの中に眠っているのなら一度査定に出してみるのも良いでしょう。コンディションがあまり良くない出雲織でも高値が付く可能性は十分ありますし、そのまま眠らせておくよりは遥かにマシです。出張査定を実施しているお店もたくさんありますからまずは気軽に問い合わせをしてみましょう。

現在では生産量の少ない広瀬絣

安来市は島根県に属する自治体で、スサノオノミコトによって命名されたという伝承がある都市としても知られています。古い歴史を持つ都市でもあり、古代の文献には早くからこの地方の名前が登場するなど非常に長い歴史がある都市でもあります。安来市と聞いてもピンと来ない方が大半だと思いますし、観光名所なども少ないと考えられがちですが、実際にはさまざまな観光名所が存在していますし、有名な寺社や仏閣、温泉地もあります。連続テレビ小説の影響で多くの観光客が訪れるようになりましたし、現在では観光産業にも力を入れるようになりました。自然資源を活かした観光名所が多いのも特徴と言えるでしょう。

安来市に端を発すると言われる安来織は江戸時代にその技法が確立されたと言われています。鮮やかな藍色が印象的で、現在でもその人気は高いです。もともとは絹糸を使用していたのですが、絹糸を手に入れることが困難になったため今のような素材になったと言われています。洗えば洗うほど絵模様がはっきりと浮かび上がり、それが一つの魅力と言えるでしょう。独特の美しさを醸し出す安来織は長きに渡ってこの地域を中心に愛されてきましたし、現代でもその独特の美しさに惹かれる方は後を絶ちません。

なお、安来織はもともと絣織から発展したものと言われています。絣織はインドに端を発する織物で、東南アジアから日本に伝わったと言われています。素朴な織物の代表格のように扱われている絣織ですが、素朴ながらも特色豊かな絣が織られるなどさまざまな工夫によって魅力を高めてきました。安来織を使用した着物や小物は現代でも一定の人気を誇っていますし、中古市場でもそれなりの価格で取引されることは珍しくありません。まったく使用していない安来織の着物があれば一度買取店で査定を受けてみるのも良いでしょう。最近では出張や宅配などの買取をしている買取専門店もありますし、自宅にいながら着物を売却できます。

安来市と安来織の歴史

魅力的な郷土料理の数々や豊富な観光資源で人々を魅了する島根県。観光産業が盛んな県として知られていますし、実際島根県は観光産業に力を入れている県でもあります。国内外を問わずに多くの方がこの地方に足を踏み入れていますし、この地方でしか味わうことのできないグルメや名所めぐりを楽しんでいます。さまざまな伝統工芸も存在しますし、歴史的な価値も高いエリアであることは違いありませんが、島根県を代表する織物の一つが広瀬絣です。これは山陰地方の三絵絣の一つで、現在では島根県安来市で生産されている絣となります。

広瀬絣は絵模様と幾何模様を組み合わせている大柄な模様が最大の特徴です。独特の見た目ですし、そのビジュアルにほれ込む方は少なくありません。島根県の無形文化財にも指定されています。広瀬絣の歴史は古く、1824年に広がりを見せました。弓浜絣の技術を習得した女性によって広められたと言われていますが、真偽のほどは定かではありません。ただ、現在ではこの説が主流となっています。広瀬絣は広瀬藩が奨励することで各地に広がりを見せ、またたく間に人気となっていきました。明治になってもその勢いは衰えることを知りませんでしたが、1915年に起きた大火の影響で急速に衰退していくことになったのです。

明治の大火によって急速に需要がなくなってしまった広瀬絣ですが、まったく生産されていないということはありません。現在でも広瀬絣は少ないながらも生産されていますし、その技法を受け継ごうとする動きもあります。月山富田城の麓にある広瀬絣センターではこの織物の歴史を知ることができますし、伝習所ではその技法を学ぶことも可能です。藍染体験などを通して広瀬絣の魅力を広めようという動きもありますし、今後広瀬絣が息を吹き返す可能性は十分あるでしょう。絶対的な生産数が少ないため広瀬絣で織られた着物などは着物買取の専門店などでも高値で売却できる可能性が高いです。