滋賀県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

滋賀県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

滋賀県の地域性や着物について

滋賀県は、日本のほぼ中心に位置する場所であり、日本の回廊とも呼ばれるものでその役割を担ってきているのです。県の中央には日本最大の琵琶湖があり、琵琶湖を囲んで多くの街道が整備されています。その発展を通じて、商業活動や市場の形成を促してきたのです。

この県は、そうしたこともあって、商才に長けた人が多く排出されているのです。それを近江商人といって、東北地方にまで行商に出るほどのものだったのです。現地に住み着いたという人も少なくないとされていることに加えて、フットワークの軽さがあり、勤勉かつ実直、信仰心が厚くてストイックな面を持っています。こうした面は、今も滋賀県の県民性として生きているのです。

地域的には、大阪湾、伊勢湾、若狭湾に挟まれています。滋賀県は天気の変わり目になるところで、日本海型の気候、太平洋型の気候に分かれています。桓武天皇が平安京に遷都したとき、大津はその外港として栄えています。そこから滋賀県は歴史的にも栄えたところとなり、明治維新後には大津は行政の中心となり県庁が置かれています。滋賀県には、信楽焼きと呼ばれる特産品があり、これは日本六古窯のひとつとされています。信楽の土は耐火性に富んでおり、可塑性、腰が強いともされています。それがあり、バラエティに富んだものが開発されているのです。

そして、着物の分野としては、近江の麻というものがあります。これは、水源の豊富な滋賀県だからこそ発展したものである、近江で作られた本麻の着物です。着心地も抜群であること、夏着としても使うことができることに加えて、新しいものを取り入れつつも伝統を残して進化を続けているのです。網織紬というものもあり、こちらも滋賀県の地域ブランドです。江戸時代中期に始まったもので、長浜市で製作されている、滋賀県の伝統的な工芸品なのです。秦荘紬は、養蚕の技術を得た農民の手により作られたもので、養蚕を生業にしていた農民が作った糸のあまりを利用して作ったことが始まりとされています。

近江の麻とはいったいどんなものなのか

網織紬と秦荘紬と呼ばれるものがあります。これは奈良、そして近江の国において伝わる伝統的なものです。そして、近江上布というものがあるのですが、これらについて紹介していきます。

網織紬と言うものがあります。これは、近畿地方、滋賀県の地域ブランドです。江戸時代中期の宝暦年間で始まったものであり、長浜市にて製作されているものです。漁網の網目を揃え、切り開き、ひげ状に織り込むという絹織物となっています。滋賀県の伝統的な工芸品なのです。

そして、秦荘紬についてです。これは、養蚕の技術を習得した農民が作り出したものです。農業と共に、機織や養蚕によって生計を立てていたのですが、良い糸は売りさばく、余った繭は自家用に、糸にできないものは真綿にするといったものでした。その過程において、紡いだ糸で織り上げた着物があったと伝え聞くところです。大正から昭和のはじめにかけ、農家の女性たちは自ら機織をして着物を用意したとされているのですが、それこそが秦荘紬の始まりとされているのです。

近江上布は、宝徳元年に高宮布として生産されたことがきっかけとされており、神宮や幕府に献上されています。それ以外にも多くのところで記録が残されており、古くから生産されていることが分かるのです。江戸時代には、彦根藩主の井伊家からも生産を奨励されています。機織の技術については、京都から職人を招いた秦氏が技術を習得して琵琶湖からの潤いのある気候風土ともあったもので、織物の産地としての形成もされていきます。時代が進み、農家が副業として営み始めるわけですが、それが後に安定した地場産業になり、年間100万反の生産があったと言われているのです。それが近江商人によって、全国に広がったと伝えられているのです。

これらの織物に関しては、買取においての一定の評価を受けることに成功しています。お店選びをきちんとすれば、高価買取も十分にしてもらえることでしょう。

網織紬と秦荘紬、近江上布について紹介

近江の麻と言うものがあります。それでは、どのようなものかについて紹介します。

滋賀県の湖東地域は、室町時代から麻織物を産する地域として知られているのです。特に、江戸時代には良質な麻織物の産地としてその地位を築いているのです。伝統技法としての良さを守りながらも、新しい漂白や染色、仕上げ技術などを取り入れて、質の高いデザイン性、感性を備えたものとなっています。その時代を代表する上質な麻織物を発信し続けているというものです。

近江ちぢみと言うものもあります。近江商人の活躍もあって、手広く生産が行われていました。近江の国の糸つくりに加えて、石川県、群馬県などの他国からも原料を仕入れていたというものです。当時の縮布や縞、絣生地に洗い上げの仕上げ工程を行ったものとされているのです。明示の頃から改良を重ねた近江ちぢみがありますが、織り上げた生地を日本で唯一の仕上げ技法に揉みこむことによって、凸凹の形状を持ったものへと仕上げることが可能となったのです。これをシボというのですが、衣類と肌の接触面を少なくすることにより、風通しを良くするのです。着心地の良いさわやかな清涼感を与えるのです。

近江麻は、夏きものとして使われる場面があります。豊富な水資源に恵まれた滋賀県の近江で作られた近江麻を使った本麻のきものなのです。近江の麻は、時代に応じて伝統もありながらも新しい技術を取り入れることによって、進化と発展を続けているのです。洗練されたデザインがあり、着こなしやすいところもあり、誰にでも着やすいものとなっているのです。家庭でも洗濯ができるようになっており、着心地も抜群となっています。そして、独特のシボ、シャリ感が、盛夏であっても涼しげに過ごすことができるのです。さらっと涼しく、デザイン的にも優れているものがありますし、家でゆったり生活するのには最適の着物になります。初めて夏きものを探しているという方にとってもぴったりなのです。

滋賀県内の着物買取エリア紹介

犬上郡(甲良町/多賀町/豊郷町)/愛知群(愛荘町)/近江八幡市/大津市/蒲生郡(日野町/竜王町)/草津市/甲賀市/湖南市/高島市/長浜市/東近江市/彦根市/米原市/守山市/野洲市/栗東市