おすすめ買取業者を見る

埼玉県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

埼玉県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

埼玉県の着物と着物買取

埼玉県は、関東地方の中央西側の内陸部にある県です。さいたま市が県庁所在地になっており、都道府県別の人口は全国第5位、人口密度は全国第4位となっています。

県内には全国でも最多とされる40の市があります。人口130万人が暮らすさいたま市を筆頭にして、川口市、川越市、越谷市、所沢市があります。その他にも、人口20万人都市が4つ、10万人都市が13市と、県内にある市の規模が大きなところが多いのです。東京のベッドタウンとしても、重要な役割を持っているところが多いです。

地形的には全体的に低地かつ平坦な土地が広がっています。地形上洪水がおきやすい地域になっており、21世紀になっても治水事業が行われています。ベッドタウンとしての側面を持っていながらも、豊かな自然が残る場所ともなっており、数多くの自然公園が存在する場所となっています。気候は場所によっては冷え込みやすいところでもありますが、中には全国屈指の気温の高さになるところもあります。降水量は冬の時期が特に少なくなります。

埼玉県の県内総生産は全世界でも40位前後の国に相当するものがあります。チョコレート、洋菓子類の生産額は、全国でもトップクラスであり、日本有数のスイーツ王国とも言われています。観光客も多く、近年増加傾向にもあります。

埼玉県には伝統工芸もあり、そのうちのひとつが秩父銘仙というものです。国の伝統的工芸品にも指定されているもので、大衆に好まれる普段着として扱われていたものが、時代の経過によって華やかかつ大胆なデザインのものとなったのです。大正から昭和初期にかけて全国的に人気が広がったものとなっています。こうした着物があって、埼玉では川越きものの日というものも行われています。より多くの人たちに対して着物について知ってもらう、理解を深めてもらうことを目的として、毎月8日、18日、28日に行われているものです。こうしたものがあって、埼玉県の着物買取においては秩父銘仙の評価も高いとされています。

秩父銘仙とはどのようなものなのか

埼玉で行われている川越きものの日というものがあります。これは、毎月8日、18日、28日に行われているものです。川越はきものが似合うまちというものを合言葉にしており、より多くの人たちに川越を楽しんでもらえるようにするため、これらの日を川越きものの日としているのです。毎月18日には、さまざまな形でのお客様を対象にしたイベントを提供しているのです。

無料の着付け、着崩れ直しを行っています。老若男女問わないものですし無料ということですから、気軽に利用することができます。また、この川越きものの日には、無料のお休み処がオープンします。お菓子つきの抹茶は300円で飲むことができます。それ以外には、有志による参加で、ビーズ小物販売、伝統工芸の型染め体験、川越唐桟展示、昭和の街の会、手作り市などがあります。

川越きものの日協賛店はたくさんあります。川越市立美術館、川越歴史博物館などをはじめとした、たくさんの場所があるのですが、すべてのお店について何かしらのサービスを受けることができます。少しでもたくさんの人に対して川越の着物のよさを知ってもらうことを目的としたものですから当然のことでしょう。飲食店であれば、ドリンクサービスであったり、粗品をプレゼントであったり、ソフトクリームのサービスであったりなどがあります。商店であれば数パーセントの割引サービスが行われたりもあります。

こうしたサービスが毎月3度あるということですから、人々にとっても楽しむことができるものとなっています。サービス内容はそのときによって異なりますから、お店にしっかりと確認をしておきたいところです。レンタルの着物屋さんもありますから、そこで着替えて楽しむこともできます。ですから、手ぶらできものを楽しむこともできます。着物の歴史は深いものです。埼玉の着物の歴史、文化に触れるというのならば、この月に3度行われる川越きものの日に遊びに行ってみては良いでしょう。

川越きものの日ってどんな日なのか

埼玉県にある国指定の伝統工芸が秩父銘仙と呼ばれるものです。2013年の12月26日に、国の伝統的工芸品に指定されています。埼玉県においては、江戸木目込人形、春日部桐箪笥、岩槻人形に続くものとして指定されているのです。

秩父銘仙は、崇神天皇の御代に知々夫彦命が住民に養蚕と機織の技術を伝えたことから始まったとされています。秩父はその地形が山に囲まれていることもあって、稲作には向きません。そのため、養蚕業が盛んとされています。その中でも、規格外の繭を使うことで作られた太織という野良着の生産をしていました。その太織りは評判を呼ぶことになり、普段着として大衆に好まれるようになりました。太織はその後に秩父銘仙と名前を変えることによって、大胆かつ華やかなデザインの織物となったのです。

秩父銘仙は、女性の間では手軽かつおしゃれ着になっており、大正から昭和初期にかけて全国的に人気を誇るようになっています。当時は養蚕業などを含めて市民の7割は織物関係の仕事をしていたとされています。それだけ秩父地域の基幹産業とされていたのです。銘仙の語源については諸説あるのですが、明治20年ごろにはめいせんとして売り出されており、明治30年初期には銘仙という名前になったとされているのです。

明治41年には独自の解し捺染という技法によって特許を取得し隆盛を迎えることになります。緯糸に補色を用いることによって生じる玉虫光沢、植物柄が多いのが特徴的です。秩父銘仙の技法に用いられている、ほぐし捺染というものについてですが、そろえた経糸に粗く経糸を仮織して、型染めをして製織する技法です。このとき、手でほぐしながら織ることから、ほぐし織りとも呼ばれています。この織り方を採用することによって、表裏同じように染色されることもあって、裏表のない生地が出来上がるのです。今もなお伝わるものであり、着物買取においても高い評価を得ることに成功しているのです。