おすすめ買取業者を見る

沖縄県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

沖縄県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

久米島の特徴と久米島紬について

観光名所も数多く有する沖縄県ですが、その沖縄本島から西に約100キロほど向かうと久米島があります。人口1万人弱と非常に小さな島ですが、ダイビングの聖地としても有名ですし、国内各地から大勢のダイバーが足を運ぶスポットとしても知られています。プロ野球のチームがキャンプ地を構えたことでも有名になりましたし、その素晴らしい景観と自然の恵みを求めて多くの観光客が足を運びます。はての浜やイーフビーチなど観光名所も数多く存在しますし、大きなリゾートホテルもあるなどまさに日本における一大リゾート地として栄えている島です。

そんな沖縄県久米島の伝統的な工芸品の一つが久米島紬です。久米島紬の歴史は非常に長く、15世紀の後半から広がりを見せたと言われています。とある非凡な人物が中国に渡ったときに養蚕産業を学び、これを日本に戻って広めたいと思ったことから久米島紬が誕生したようです。久米島紬は紬の発祥地とも言われていますし、実際ここで発展した紬の技法などが日本各地に伝搬するようになりました。日本における紬の原点であり、発祥の地でもあるということです。久米島紬が存在しなければ現在日本各地に伝わるさまざまな紬も存在しなかった、ということになるのかもしれません。

久米島紬は真綿で紡いだ糸を原料糸として使用します。これを自然の染料で染めていき、さらに手織りで丹念に織り込んでいくのです。古くから伝わる技法そのままにすべてを手作業で行うのが久米島紬の基本であり、手作業で丁寧に織り込んでいくからこそ独特の味わいある色合いや風味を実現できるのでしょう。昭和50年には伝統工芸品としての指定を受けることになりますし、現在では国の重要文化財にも指定されています。久米島紬が使われた着物や帯、小物などは人気も高いですし、一度手にするとその素晴らしさに虜になってしまう方も後を絶ちません。中古市場でも高値で取引される傾向にある紬です。

沖縄に古くから伝わるミンサー織

沖縄県宮古島は琉球王国時代には麻姑山と呼ばれていたこともある島です。現在では観光地として高い人気を誇っていますし、テレビなどメディアへの露出が多い芸能人が宮古島を愛してやまないと語ることも珍しくありません。一度行ってみるとその魅力が分かるとも言われていますし、実際に足を運んでそのままこの島の虜になってしまう方は大勢います。それだけの魅力がある島で、観光スポットも豊富なことから国内屈指の観光地として賑わいを見せています。美しいビーチや海はもちろん、歴史的価値のある旧跡なども多いことから歴史好きな方にもおススメの観光エリアと言えるでしょう。

沖縄県宮古島で生産されている麻織物が宮古上布です。独特の光沢が特徴的な織物で、軽く薄い地風も特徴の一つと言えるでしょう。まだ琉球の時代に琉球王へ献上された麻織物と同じ技法で作られた織物を宮古上布と呼ぶようになったと言われており、薩摩藩による侵攻が行われてからは薩摩の手によって江戸などに贈られ全国的に広がりを見せるようになります。第二次世界大戦など戦争の影響によって次第に宮古上布は衰退していきますが、その技法は廃れることはありませんでした。現在でもその技法は受け継がれていますし、宮古島では実際に宮古上布を織る体験もできます。

宮古上布はまるで蛍光塗料を使ったかのような光沢が特徴的ですし、そこが大きな魅力の一つでしょう。独特の模様も魅力的ですし、伝統工芸品や重要無形文化財に指定されたのも頷ける話です。現在でも宮古上布を用いた着物や小物などは人気がありますし、大事に所有しているという方も大勢おられるでしょう。保管状態の良いものであれば美しさを保ったままですし、あらゆるシーンで活躍してくれます。着物を専門に買取しているお店でも高値で取引されることがありますから、もし自宅のタンスなどに宮古上布の着物や小物などが眠っているのなら査定に出してみると良いかもしれません。

宮古島に伝わる宮古上布

沖縄県は日本でもっとも西に位置する県で、那覇市が県庁所在地となっています。沖縄県は独特の歩みをしてきた県としても知られていますし、本州とはあらゆる部分で違いもあります。独特な食文化や伝統が存在しますし、だからこそ誰もが沖縄に魅力を感じてしまうのかもしれません。観光産業に力を入れている県でもありますし、実際多くの方が毎年のように沖縄へ足を運んでいます。豊富な観光資源を有していますし、自然美溢れる景勝地もあることから国内外を問わず多くの方が訪れています。

そんな沖縄県に伝わる綿織物の一つにミンサー織が挙げられます。ミンサー織と聞いてもピンと来ない方がほとんどだと思いますが、沖縄では比較的メジャーな織物として知られています。厚手の地風と市松状に配した組み合わせが特徴と言えるでしょう。14~15世紀頃が起源と言われているものの、実際のところはよく分かっていません。はっきりとした記録が残っているわけではありませんし、この頃の琉球王国は海外とも頻繁に交易を重ねていたためそう言われているだけです。沖縄に伝わったミンサー織の技法はこの地域で独自に進化を遂げ、どんどん発達していきます。

木綿を素材とし、組織が平織になっているのも特徴的です。五つと四つの絣にはいつの世までも末永く、という想いが込められていると言われています。現在でもミンサー織は伝統工芸品として残されていますし、さまざまな製品にその技法が用いられています。非常に色鮮やかな着物や帯、小物なども生産されていますし、一目でその美しさの虜になってしまう方も続出しています。現在でも古くから伝わる技法を一貫して守り続けていますが、新しい技術も積極的に採用するなど時代と共にミンサー織は進化しています。沖縄に行けば本場のミンサー織をその場で見られるような場所もありますし、ミンサー織りでできた製品を購入することも可能です。興味がある方はぜひその目で見てみましょう。