おすすめ買取業者を見る

新潟県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

新潟県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

新潟県の着物と着物買取について

新潟県は、中部地方にあります。上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方といった地域に分けられます。面積は東京都の5.74倍となっており、47都道府県としては第5位にランクインしています。

新潟県は県全体で豪雪地帯となっており、山間部は特に世界有数ともいえる豪雪地帯となっています。降る雪は重たい性質を持っており、熱帯夜がとても多い場所としても知られています。佐渡島は海洋性気候であり、冬は暖かく、雨の日の方が多いくらいとのことなのです。

新潟県の代表的な地は、上越地方は上越市、中越地方は長岡市、十日町市、加茂市、魚沼市、下越地方では新潟市、村上市、阿賀野市、佐渡氏などがあります。ちなみに、人口が10万人以上の都市圏に関しては、新潟都市圏、長岡都市圏、上越都市圏、三条都市圏、燕都市圏、柏崎都市圏などがあります。また、2000年には平成の大合併ということで多数の市町村、郡が廃止になっています。

新潟県の産業は、世界の過半数の国のGDPよりも大きな規模となっており、県民1人あたりの所得は261.8万円となっています。新潟県の主な産業は農業が挙げられます。米作が中心になっており、コシヒカリの収穫量は世界一となっています。日本酒の生産も日本第三位となっています。鉱工業としては、日本でも数少ない原油の生産地となっています。燕市・三条市においては金属食器が国内シェアの9割にもなっており、はさみや包丁、スパナなどに関しても大阪府についで2位となっています。

伝統工芸品のひとつには、塩沢袖、本塩沢、小千谷縮、小千谷袖、十日町明石ちぢみ、羽越しな布などといった織物、村上木彫堆朱、新潟漆器などをはじめとした様々なものがあります。この中での小千谷縮に関しては、ユネスコ無形文化財にも指定されています。からむしを使った麻織物となっており、昔は農民の副業として冬に生産されていたものです。織物に関しては、きもの買取においても高い評価を得ているといわれています。

十日町市の着物文化について

新潟には、伝統工芸品として知られる小千谷縮というものがあります。これは、独特の質感が美しいものであるとされていますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。

小千谷周辺には、古来より苧麻を原料とした麻織物がありました。江戸時代初期に改良されたものであり、緯糸に強いよりをかけて織り上げた後、湯もみを行って独特のしわを出すことによって小千谷縮が生まれたのです。独特のしわがあるため、肌にはべたつかないさわやかな着心地です。通気性、吸湿性にも優れており、清涼感も溢れる夏物着尺地となっています。

新潟の伝統工芸品である小千谷縮は、染織部門で日本発の快挙を達成しています。これが、ユネスコ無形文化遺産に登録されているものなのです。国の重要無形文化財として、小千谷縮・越後上布が登録されたのは平成21年です。ユネスコが伝統芸能、工芸技術などを世界共通の遺産として保護するためにリストしているものです。当地域では春の風物詩の雪さらしは、重要無形文化財の小千谷縮・越後上布の指定肯定のひとつであるとされています。

小千谷縮の展開についてです。魚沼地方においては、農村地域において古くから自給用の麻布が織られています。これは、人々の日常的な衣服としての重要な役割を果たしてきた部分があります。この時期の麻布は、魚沼農村の女子がじか栽培の麻から糸を取り、冬の副業として織ったものであり、自給的農村手工業の生産形態としてのものでした。その後、堀次郎なる人物が小千谷に新しい機織の技法を伝えているのです。それにより、麻布は縮布へと展開したのです。これは、急速に小千谷を中心とした地方の農村に広がっていき、商品としての発展を遂げています。全盛期には越後全体で20万反の生産があったといわれています。

小千谷縮は、こうした歴史を持ったものであり、現在も伝統を守って生き続けているのです。今後も伝統は守られ続けるでしょうし、また新しいものとしても生まれ変わってくかも知れません。

新潟の小千谷縮とはどのようなものか

十日町市では、十日町きものまつりが行われます。織物の街として栄えているといわれています。これは、毎年5月3日に行われており、伝統を持った十日町市の春の一大イベントとされています。市街地中心部には本町通り、駅通り、高田町一丁目、歩行者天国となっており、色とりどりの着物を着た人たちで溢れてしまうのです。

きもの貸出し、着付けを行うイベント、きものの里をきものであるこう、きもの掘り出し市、十日町きもの女王撮影会といったイベントもありますし、十三詣り、稚児行列といった伝統的な行事も開催されるのです。十日町市は豪雪地帯ですから、春の訪れは何にも代えがたいものとなっています。

十日町市のきものまつりは、きものの里をきもので歩く時には着付けや貸出しを行っています。きものを持参の方、持参されない方も何かしらの対応を期待することができます。十日町市観光協会から申し込みが可能です。それから、十日町きものパーティーと言うものも行われます。こちらも十日町市観光協会から申し込みができます。

その他のイベントでは、花まつり稚児行列、十三詣り、ストリートきものショー、十日町のきもの歴史展、十日町きもの女王撮影会、きもの掘り出し市、きものストリート、きものまつり無料茶席、お楽しみ抽選会、ビール&グルメ、フリーマーケット、いきいき旧車ミーティング、その他にもステージイベントや飲食出展などが多数開催されます。

こうした背景には、十日町の豪雪地帯に脈々と生きる機織の技術が脈々と伝えられ、全国屈指のきもの総合産地として発展してきたところがあります。織物の歴史は古く、古墳時代中期の遺跡からも用具が発見されているのです。江戸時代の末期には、麻から絹へ、昭和30年代から染商品へ進出して、十日町産地は伝統工芸品の先染、後染めの技術の両輪を併せ持った、全国屈指のきもの総合産地なのです。きものの町として、これからも栄え続けていくことになるでしょう。