おすすめ買取業者を見る

奈良県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

奈良県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

奈良晒とその歴史について

奈良県の中でも伝統的な麻織物のひとつとして奈良晒というものがあります。この奈良晒ですが、果たしてどのような歴史を持っているのでしょうか。これについて紹介します。

奈良晒は、慶長年間以来、奈良地方で産出した麻の晒し布です。奈良付近で産出した麻織物ということであり、僧侶の袈裟のための需要からスタートしています。16世紀の末には、晒技術の改良があり、徳川幕府の保護を受けたことによって急速に発展しています。それだけに徳川家康が御用品としているのです。武士の裃、町人の礼服などをはじめとした、高級布としての地位を確立しているのです。現在では、狂言、舞楽の衣装といった特殊な用途に使われています。さらに、軽く晒した麻布に正倉院文様などを染めたのれんなどの装飾品としても使われているのです。

奈良晒は、日本の麻織物のうちでも高級品とされています。農家の副業として盛んに作られたものです。生産工程は、農閑期に手績みによって糸を作って、織り上げてから、灰汁につけて不純物を取り除きます。それから、臼でついて柔軟性を持たせて河原や野原で晒したものです。この晒し方は天日晒というものです。生平の織物に水を打って、太陽に曝露することによって、過酸化水素晒の効果をもたらすことになるのです。

奈良晒は、現在では奈良の月の瀬でわずかに生産されているものです。奈良県指定の伝統工芸品となっています。着物にも使われているのはもちろんですが、晒しあがりはやわらかいこと、吸水性に富んでいることもあって、手ぬぐいはもちろん、和装肌着、そして産着、腹巻といったものにも使われているのです。麻布物の晒しの場合、苧麻の皮を陰干しにした青苧が原料になっています。天日で漂白をした奈良晒、野洲晒といったものが起源が古いとされています。

ごく少数の生産ということもあって、着物買取に関しても当然評価をされているところがあります。もしも所有しているという場合は、お店をしっかりと選んで持っていくのが良いでしょう。

奈良で伝統的とされる蚊帳とその歴史

奈良地方には、高級麻織物である奈良晒と呼ばれるものがあります。この起源は鎌倉時代にまでさかのぼります。16世紀の後半に清須美源四郎がその基礎を生み出したことによって、奈良を大j表とする産業にまで発展したといわれているのです。

奈良晒しが発展することによって、糸作り、織布が周辺の農村部において盛んに行われるようになっていったとされており、奈良晒は織物の発展に対してすごく大きな影響を与えているのです。奈良でも重要かつ伝統のある織物とされているわけですが、奈良晒の紡績技術は1979年に国の無形文化財の指定を受けているほどなのです。

そして、奈良県の染め着物の歴史についてです。模様染の歴史は、奈良時代にまでさかのぼります。模様染の歴史は奈良時代にまでさかのぼるのですが、正倉院に残る資料からは技法が3つあることが確認できるのです。正倉院は、校倉造の大規模な高床式倉庫なのです。聖武天皇や光明皇后ゆかりの品をはじめとした、天平時代における多数の美術工芸品を収蔵していた建物です。1998年にはユネスコの世界遺産に登録されているものです。

正倉院に残る3つの技法の1つですが、板締めによる絞りの技法となっており、模様が彫られた凸凹の板の間に布を挟んで染料を注ぐことによって模様を生み出すという技法となっています。それから、溶かした蝋を生地の上において、固まったところで染色することによって、模様を作るという方法があります。

そして最後は、生地を糸で縛ることによって防染し、模様を作るという絞り染めの技法があります。こうした技法は今の時代にあって、染め着物に対して大きな影響を与えているのです。奈良は、染色技法の発祥の地ともいえる場所なのですが、その奈良においては染め着物を次の代に伝えることを目的にして、積極的な買取を行っているというのです。実際、奈良では買取において査定を行っているところも多く、評価されるところも多いということです。

奈良県における染め着物の歴史について

古来からあるといわれている蚊帳生地というものですが、その特徴と歴史はどのようなものなのかについて紹介します。

まず、蚊帳生地というのは、天然パルプ繊維から誕生したものです。レーヨンならではの吸水性、そして柔らかさが大きな特徴です。繊維は天然由来のものですから、お肌にも十分に優しいことい加えて、化粧落としにも使えます。そして、そのさわり心地の良さも手伝って、赤ちゃんの肌を拭くのにもぴったりなところがあります。

蚊帳の歴史はクレオパトラが愛用していたといわれるくらいに古いものです。日本では中国から伝わったとされるもので、江戸時代に庶民にまで普及されるようになりました。蚊帳は、そのあの文字通り害虫から身を守ることを目的にして1ミリ程度の網目で製作されているのです。ミスを通すことはないのですが、風はしっかりと通してくれるということもあって、麻などの繊維が選ばれていたのです。奈良は朝の産地ということもあって、明治から大正にかけて、着物に掛けてきものから洋服へと時代が変わっていくと共に、麻布を扱うところが蚊帳記事を織るようになっていったのです。

蚊帳生地は本来使われる用途とはまた別に、建築の資材、タオル、ふきん、ハンカチといったものに使われています。

蚊帳生地の特徴についてですが、注染の歴史は、江戸時代にその原型になる染色技法が考案されています。それがさらに改良されていき、明治時代において、日本独自となる染め技法の考案がされました。一度に数十枚を染めることができることもあって、大量生産が可能となるということもあり、染めの業界に革命を起こすことになったのです。手ぬぐいにとっては欠かすことができない染めの技法となっています。

現在は、蚊帳といったら、それ自体を利用しているところは少ないとされているのです。実際に、昭和の初期ごろまでは夏になるとあちこちで蚊帳が張られていたのですが、生活の変化があって、蚊帳を張った風景もなくなっていきました。ただ、現在も蚊帳生地そのものは生活の中に生きています。今後も生活の中にそれは生きていくことは間違いはありません。