おすすめ買取業者を見る

長野県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

長野県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

長野の着物と歴史について

長野県は、本州内陸部に位置している日本の県です。信州とも言われるところで、大規模な山岳地があって人が住める面積は小さいとされています。自然が豊富であることでも知られており、豊富な水源もあって、地域医療への関心も高いことから平均寿命も長く、世界一の長寿国で知られる日本の中にあって、一番の長寿を誇っているのです。

長野県は、長野、中野、松本、上田、佐久、小諸、飯田、諏訪、岡谷、伊那といったところが都市圏として知られています。これらの地は、自然地理、歴史、交通といった各面において特徴がまったく異なる点もあります。旧石器時代の遺跡もいくつか発見されており、歴史的にも昔から様々なものが存在していたのです。長野といえば、1998年に長野オリンピックが開催された地としても記憶に新しいでしょう。

長野の産業ですが、大部分の産業は涼しくて乾燥した気候の空気を活用したものです。明治期から昭和期にかけては、生糸産業が盛んでした。時計や光学機器が主体ではありましたが。1980年以降になると、情報通信機械器具、電子部品やデバイスなどに変化していっているのです。精密機械が得意なこともあって、東洋のスイスとの異名をとったこともあるのです。食品関係では、ワインや味噌、日本酒、シードルといったところが盛んとなっています。

そして、長野県には信州袖といわれるものがあります。養蚕と草木染を活用して作られるもので、渋い光沢、そして格調高い染め色が特徴的なものとなっています。生糸や真綿、天蚕などの糸が使われているのです。そうして、草木染めを行うのですが、この染めはとても繊細なものであって、同じ色は二度と出すことができないともされているのです。そして、長野県の各地では、信州袖の技術を元にした、独自の織物生産が行われています。これは広域分散型ともいえるものなのです。そして、各社が一貫して生産を行うという点また、信州袖の特徴とも言えるところなのです。

こうした信州袖は、長野県の着物買取において、高い評価を得ることができるのです。

信州袖の歴史についてご紹介

長野県には信州袖と呼ばれる織物があります。信州袖が持っている特徴、製法についてのご紹介をします。

信州袖は、長野県全域で生産される絹織物の総称です。ですから、生産される地域によって名前が異なるのです。天然の草木を利用した染材、それに昔ながらの染技法からなるもので、深く渋みのある光沢、格調高い染め色が大きな魅力になっているのです。

製法に関してです。まずは煮繭を行います。これは、玉繭などを綿地の袋に入れて、上澄み液、ソーダ灰、亜硫酸ソーダ、結晶炭酸ソーダを溶かした液を煮た釜の中で煮ることによって、中にある異物を取り除くのです。その後、水洗いした繭を手の指で開き、手の甲にかけて3粒から4粒を重ねてから、木枠にかけるのです。これを真綿掛けといいます。

それから、糸つむぎの作業があります。真綿からつむぐ方法についてですが、つくし棒などに真綿を巻きつけ、繊維を手で引き出しつつつむぐ方法、電動手紡を使って糸を巻き取るといった方法があります。それから、撚糸といって、糸を必要とする太さに引き揃え、管巻きにして水につけてセリシンをやわらかくし、八丁撚糸機で撚り、これを揚げ返して綛にするというものです。

撚糸が終わると次は精錬の作業になります。精錬は撚糸済みの糸を袋に入れる、または糸を揃えて棒にかけた状態で精錬釜に入れて40分から50分ほど沸騰させるというものです。このとき、灰汁、結晶炭酸ソーダなどを使います。それから、染色の作業に入りますが、ここでは草木染と化学染料染めとがあります。

それから、デザインの考案、種糸作り、印墨付け、手括り、整経といった作業を行います。そして、最後に製織と呼ばれる作業です。こうした作業によってひとつの信州袖が完成するのです。鮮やかさもあることに加えて、軽さと丈夫さにも定評があるものです。親・子・孫の三代に渡り着られると言い伝えられる位に丈夫なところがあります。信州袖に使われる天蚕は、繊維の女王とも言われるものですから当然のことなのです。

信州袖はどうやって作られるのか

長野県に伝わる伝統的な織物のひとつとして、信州袖と呼ばれるものがあります。これは、どのようなものなのでしょうか。

信州袖は、長野県全域で生産されている織物であり、各地での生産が行われている、松本袖・飯田袖・伊那袖・山繭袖といったものなどの各地で生産されている袖の総称を言います。伝統工芸品としての指定を受けています。

信州袖の特徴として挙げられるのは、養蚕と草木染の両輪であることです。信州は、蚕の国と呼ばれるほどに養蚕が盛んな地域といわれています。江戸時代の初期になると、信州の各藩は産業対策として養蚕の奨励を行います。それに伴って、養蚕農家は袖織物の生産を行うようになったのです。

信州では、染めに使える草木が豊富に自生していることもあって、草木染めの技法も発展しています。この2つがあいまったことにより、信州全体が袖織物の産地として栄えることになったわけです。

寛永年間から明和時代にかけて、京都に毎年のように出荷されることになり、信州袖の名声は全国各地に広がっていくことになったのです。

信州袖の特徴としては、渋い光沢、そして格調高い染めとなっています。原料には生糸、玉糸、真綿、天蚕の手紡ぎした糸を使います。自生する草木を使い、古来から使われている草木染めを使って染を行います。これは、とても繊細であり、同じ色は二度と出すことができないとも言われる作業です。

信州袖は、長野県主導によって大きく発展しているものです。伝統工芸品としては信州袖と言うことで総称されています。ですが、それ以外にも長野県各地では、独自の織物生産が行われているのです。こうしたものは広域分散型と言う生産体制も信州袖のひとつの特徴といえるところなのです。そして、長野県における袖の生産に関しては、他の地域と違って分業ではないです。各社が全工程を一貫して行うようになっているという、一貫生産型が採用されており、そうしたところもまた特徴のひとつといわれているのです。