おすすめ買取業者を見る

宮崎県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

宮崎県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

綾の手紬と本場大島紬の特徴

宮崎県を代表する都市と言えばやはり県庁所在地でもある宮崎市でしょう。観光都市としても高い人気を誇る街で、プロ野球やサッカーチームがキャンプを行うなど過ごしやすい気候も魅力的な街です。エリア内には数多くの観光スポットが存在し、一年を通して多くの観光客が足を運ぶ町としもて有名です。著名なイベントや祭事も年間を通して開催されていますし、このエリアでしか食べることができないご当地グルメ、温泉などもたくさんあります。中心市街地こそ近代的な発展を見せていますが、随所に豊かな自然も残しており自然と文明の共存する自治体とも言えるでしょう。

綾の手紬は宮崎県で生まれた織物として有名で、着物愛好家からの評価も高い織物として知られています。完成するまでのすべての工程をハンドメイドで行っていることが大きな特徴で、現代でも昔ながらの手作業で糸紡ぎから染色、織りが行われていることが特徴です。ハンドメイドならではの独特の風合いが魅力的ですし、機械織りでは絶対に出すことができない色調の美しさ、光沢、着心地の良さが特徴と言えるでしょう。宮崎県指定伝統的工芸品にも指定されていますし、型崩れすることのない丈夫さも特徴であり魅力です。

本場大島紬も綾の手紬同様よく知られた織物の一つです。こちらは宮崎県だけでなく鹿児島や奄美などさまざまなエリアで織られており、伝統工芸品としても有名です。泥染めと呼ばれる独自の技法を用いて作られていることが特徴の一つで、そのルーツはインドにあると言われています。独特の美しい模様と鮮やかな色合い、繊細な風合いは日本人になじみますし、だからこそ長きに亘って愛されてきたのでしょう。綾の手紬や本場大島紬で織られた着物、帯、小物などは人気もありますし、売却すればそれなりの値がつくことも珍しくありません。着物買取の専門店など鑑定士が在籍しているお店ならきちんと査定もしてくれるでしょうから気になる方は一度持ち込んでみましょう。

沖縄にルーツがあった綾の手紬

宮崎県の南西端に位置する自治体が都城市です。あまり聞いたことがない、知らないという方もおられるかもしれませんが、県内では宮崎市に次いで二番目の人口を擁する主要都市でもあります。古き良き街並みを随所に残す自治体としても知られていますし、古墳や温泉、城跡など観光名所も豊富に存在します。日本有数の農業地域としても知られており、農業を基幹産業として発展してきた街でもあります。そんな都城市で生産されている織物が本場大島紬ですが、本場大島紬と言えば奄美大島のものが有名ですよね。

本場大島紬と言えば着物や織物の愛好家の中では知られた存在ですが、その産地は奄美大島だと認識している方が大勢いるのが現実です。実際には奄美大島や鹿児島県で本場大島紬は織られていますが、宮崎県の都城市でも生産されていることはあまり知られていません。実は、もともと本場大島紬は奄美大島に端を発する織物だったのですが、かの大戦によって奄美大島から疎開した人が移住先で大島紬を織りだしたことでさまざまな地域に広がりました。ただ、奄美大島や鹿児島の本場大島紬と違って、都城市のものは色合いやデザインなども随分異なります。

奄美大島の特産となっている本場大島紬は泥染大島がメインですが、都城市のものは白を基調とした造りとなっていることが大きな特徴と言えるでしょう。精巧な絣づかいの白大島が特徴的ですし、梅などの草木を染料として用いていることも特徴です。駒糸を使った夏着尺夏大島は都城市でしか生産されていませんし、高い人気を誇っています。機械を一切使わずに織られていることも大きな特徴の一つで、オールハンドメイドならではの風合いや色合い、独特の味わいも魅力的な部分と言えるでしょう。現在では国の伝統的工芸品の指定を受けていますし、その人気は一向に衰えません。着物買取専門店でも高値で取引されている傾向にありますから、不要な本場大島紬があれば査定を受けてみるのも良いでしょう。

奄美大島にルーツがある本場大島紬

宮崎県で誕生したと言われている綾の手紬をご存じでしょうか。着物や織物に詳しい方ならご存じかもしれませんが、この綾の手紬は宮崎県東諸県郡綾町で現在も生産されている織物です。すべてのプロセスにおいて機械を使わず手作業で行うことが大きな特徴で、手造りならではの風合いや丈夫さ、着心地の良さが魅力的なポイントと言えるでしょう。宮崎県を代表する伝統工芸品としても知られていますが、実はそのルーツが沖縄にあることをご存じの方は少ないかもしれません。実は、綾の手紬のもともとのルーツは沖縄にあったのです。

綾の手紬は秋山眞和という人物によって宮崎県で創製されました。それ以来宮崎県を中心に広がりを見せたため宮崎に端を発した伝統工芸品として知られるようになりますが、もともとこの秋山という人物は沖縄にルーツがあります。秋山氏の父は大正時代に沖縄で染織業を営んでいたのですが、かの大戦によって沖縄の工場すべてを失ってしまいます。その後は沖縄でなく宮崎で再起を誓い、染織の仕事を受け継いだ息子によって綾の手紬が誕生することになります。このように、綾の手紬はもともと宮崎に端を発したものではなく沖縄にそのルーツがあったのです。

ただ、綾の手紬が宮崎の地で進化と広がりを見せたのも事実ですし、現在ではわざわざ沖縄にルーツがあると喧伝されることはありません。宮崎県の伝統工芸品として扱われていますし、それが特に問題になることもありません。化学薬品に頼らず伝統的な技法によって染められるその織物の美しさは日本一と評価されることもありますし、人気は衰えることを知りません。独自の味わい、風合いは紛れもなく日本一と言えますし、その技法にも注目が集まっています。綾の手紬を用いた着物や帯などは特に人気がありますし、着物買取の専門店でも高値がつく傾向にあります。高額査定も夢ではありませんから、不要な綾の手紬があれば売りに出すのも良いかもしれません。