おすすめ買取業者を見る

宮城県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

宮城県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

着物の豆知識

着物の豆知識その① 着物の産地~宮城県編~

精好仙台平
精好仙台平(せいごうせんだいひら)とは、宮城県仙台市で生産される絹織物で、男性用の高級袴地として有名です。紺や茶、灰色に縞模様が特徴で、撚りのない上質な生糸を強く打ち込むことからシワになりにくく、堅牢な生地に仕上がっています。江戸時代には幕府への献上品に用いられましたが、時代に伴い袴の需要が減少していることから、現在製造しているのは「合資会社仙台平」のみとなりました。2002年には重要無形文化財に指定されており、最も格の高い袴として礼装用からお稽古用の他、帯、和装小物などが販売されています。
栗駒正藍染
栗駒正藍染(くりこましょうあいぞめ)は、宮城県栗原市文字地区に伝わる染色技法で、現存する日本最古の自然染色法と言われています。一般的な藍染は、藍瓶を火で温めながら発酵の加減を調整するため年中染めることができますが、栗駒正藍染は人工的な加熱は一切行わず、気温を利用して自然発酵を促すため初夏の間しか染めることができません。また、正藍染は原料の藍の栽培から糸績み、染め織りまでを一貫して一人で行っているのが特徴で、現在は昭和30年に重要無形文化財保持者に認定された千葉あやのさんの家系でのみ受け継がれています。
白石紙布
白石紙布(しろいししふ)とは、宮城県白石市で生産されている織物の一種で、和紙を材料として織られています。その製法は、白石市の特産品である白石和紙という紙を細かく裁断し、縒りをかけて糸状にしたものを用いて織られます。江戸時代では仙台藩の献上品として盛んに生産されていましたが、明治以降は衰退を辿り一時期は途絶えました。しかし後に佐藤忠太郎が復活させ、現在は僅かな職人たちによって、夏の着物や帯、うちわ、カーディガンなどが生産されています。ちなみに素材は紙ですが丈夫で洗濯も可能です。
白石紙子
白石紙子(しろいしかみこ)とは、宮城県白石市で生産されている白石和紙から作られた衣服のことです。紙を糸状にして織る白石紙布と違い、白石紙子は紙のまま衣服に仕立てます。その製法はまず、何枚かの紙を貼り合わせて柔らかくなるまでよく揉み、その後柿渋を塗って仕上げたもので、強度と耐久性に優れています。また、素材は紙ですが風を通さないため、昔は武士の防寒着や僧侶衣、庶民の野良着などに用いられていました。現在は衣服としてではなく、ハンドバッグやポーチ、名刺入れなどの日常アイテムとして生産されています。

着物の豆知識その② 染めの着物と織りの着物の違いについて

着物には「染めの着物」と「織りの着物」の二種類があります。
この2つの違いをわかっていれば着物の格が見えてくるため、フォーマルとカジュアルで迷うことはありません。

染めの着物

染めの着物とは、生糸で織られた白い生地を染めた物のことです。
まず白い生糸で生地を織り、その後色や柄を施して仕上げます。代表的なものでは筆や刷毛を使って華麗な絵柄を描く友禅染め、型紙を使って文様を描く型染め、布を糸で絞って文様を表す絞り染めなどがあります。
また、手触りがなめらかで柔らかいことから「やわらかもの」と呼ばれ、織りの着物よりも格が高くなります。
振袖・留袖・訪問着・付け下げ・色無地・小紋がこれに該当し、結婚式などのフォーマルな場からセミフォーマル~カジュアルまで格に合わせて着用できます。

織りの着物

織りの着物とは、先に紬糸や木綿糸に染色を施してから模様を織った物で、光沢感はなく硬めの手触りになります。紬や木綿、ウールなどが該当し、染めの着物よりも格は低くなります。代表的なものでは、大島紬や結城紬、お召などがあり、主に観劇や友人との食事会など、少しおしゃれをしたい時のカジュアルな着物になります。尚、大島紬や結城紬のような高級品でも格は普段着に該当するため、フォーマルな場には着て行けません。

<ただし、帯ではこの逆になる>
着物の場合は染めの方が格は高いのですが、帯の場合は逆になり、織りの方が格は高くなります。

織りの帯:袋帯・丸帯など

織りの帯は金糸や銀糸を織り込んだ豪華な模様が特徴で、主に振袖や留袖に合わせてフォーマルなシーンで活用します。

染めの帯:名古屋帯

一方、染めの帯は染めの着物と違ってカジュアル向けになり、紬や小紋、ウールなどの普段着用の着物に合わせます。

着ていく場所やTPOに合わせてコーディネートは変わってきますが、
結婚式などのフォーマルなシーン:染めの着物&織りの帯
食事会などのカジュアルなシーン:織りの着物&染めの帯
と覚えておくと良いでしょう。

着物でお出かけにピッタリな宮城県の観光スポット

大崎八幡

宮城県仙台市青葉区にある大崎八幡宮は、慶長12(1607)年にかの有名な戦国武将、伊達政宗公によって創建された神社です。昭和27年には国宝に指定されており、厄除け・除災招福・必勝・安産・商売繁盛のご利益があると言われています。建物の内外は黒漆塗に色鮮やかな彩色、見事な彫刻や金具が飾られた豪華絢爛な雰囲気を醸し出しています。9月には能神楽や流鏑馬神事が境内で行われているので、着物で観劇しながら歴史に触れてみるのもいいかもしれません


瑞巌寺・円通

宮城県宮城郡松島町にある瑞巌寺は、日本三景のひとつに数えられている松島にある寺院です。松島といえば松尾芭蕉が詠んだ俳句で有名な場所で、宮城県の観光では絶対に外せない絶景スポットですね。年間を通して様々な行事を行っているので、着物で能楽を鑑賞したり、春のお花見や秋のライトアップを楽しんだりするのもいいでしょう。また、瑞巌寺の隣にある円通院も、縁結びで有名なパワースポットです。山門をくぐると縁結びの神様である「縁結び観音」があり、その周りには良縁祈願の「縁結びこけし」がずらりと並んでいます。秋には幻想的な紅葉のライトアップも行われているので、着物で散策すれば写真映えはバッチリです

宮城県内の着物買取エリア紹介

伊具群(丸森町)/石巻市/岩沼市/大崎市/牡鹿群(女川町)/刈田郡(蔵王町/七ヶ宿町)/角田市/加美郡(加美町/色麻町)/栗原市/黒川郡(大郷町/大衡村/大和町)/気仙沼市/塩竈市/柴田郡(大河原町/川崎町/柴田町/村田町)/白石市/仙台市/多賀城市/遠田郡(美里町/涌谷町)/富谷市/登米市/名取市/東松島市/宮城郡(七ヶ浜町/松島町/利府町)/本吉群(南三陸町)/亘理郡(山元町/亘理町)