おすすめ買取業者を見る

三重県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

三重県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

伊勢きものという文化はどのようなものか

三重県の伊勢には、伊勢きものという文化があります。伊勢きものには、優しさや豊かさ、そして美しさというものを持ち合わせているのです。この伊勢きものについての紹介です。

三重県にある伝統工芸、伊勢木綿、松坂木綿、伊勢型といった3つの着物を合わせて伊勢きものと呼ばれています。その伊勢きものは、長い歴史の中にあって味わいのある着物ばかりとなっています。どれも自宅で気軽に洗うことができますし、普通に着やすいものばかりになっています。

伊勢木綿とは、伊勢神宮に納める「あしぎぬ」が起源とされているものです。伊勢の各所で織られていたものなのですが、時代が進んでいくごとに減り続けてしまい、今では臼井織布一社だけになってしまっています。ゆっくりと織り上げられる生地は、とてもやわらかいことに加えて体になじんでいく風合いとなっています。製法は100年前と何も変わらず、現代的かつモダンな色彩が人気とされています。若い方からの注目も集めているのです。

伊勢型きものとは、手彫りの技術を今も残すものとなっています。9割以上は三重県の白子で作られており、伊勢木綿の白い生地に、伊勢型で型を彫って、注染めを施したものです。伝統芸能であり、その技法をしっかりと守りつつも、現代的かつ新しいデザインに挑戦をしているのです。ちなみに、この型紙を作るのについても、高度な技術や根気、忍耐が必要になるのです。

松坂木綿ですが、こちらは伊勢木綿とルーツが同じとなっており、木綿生地はしっかりと目が詰まったものとなっています。使えばそれだけ味わいを増すことになる木綿ですが、それに美しい色合いを持った天然の藍で独特な模様に織り上げることに成功しています。三重県の伝統工芸品にも指定されています。通気性にも優れていることに加え、保湿性も十分ということもあり、しわにもなりにくくお手入れも簡単にできてしまいます。縞模様であり、無駄な装飾もありませんし、それはまさしく粋という言葉がふさわしいものなのです。

伊勢木綿と伊勢商人とは

松坂もめんと呼ばれるものがあります。こちらは、天然藍の先染め糸を使うことで生まれる縞柄が特徴的です。染め方の濃淡も細かく表現できるということもあって、そのデザインは無限大といっても良いほどなのです。ですから、着る人を選ばないところもありますし、それこそ男性女性問わず着ることができます。木綿という手軽さ、日本人の肌の色に合うということもあって、人気は高まりつつあるのです。

松坂もめんと言うのは、今でこそ知るヒットは減ってしまいました。ですが、江戸時代には実は松坂もめんは大流行していたnのです。江戸の人口は100万人ということでしたが、それに対して年間で50万反を売り上げたということですから、とても人気があったことが分かるはずです。日本橋大伝馬一丁目には、伊勢国出身の木綿問屋が集まって、一丁目は伊勢店ばかりといわれるほどのものでした。伊勢木綿の中でも、縞柄のものを松坂嶋と呼んで、大流行したものです。歌舞伎の中でも、縞柄の服を着るということは、マツサカを着るというせりふがあると言われています。また、伊勢木綿は、綿の質が良いこともありますし、紡績技術においても優れていたことが人気の高い理由だったのです。

この松坂木綿に限らず、着物というものはとても魅力のあるものです。日本古来から息づいてきたものということで、機能美に優れているものもありますし、見た目にしても優れたものもあります。一見すると暑そうに思えるものでも、生地によってはとても涼しいこともあります。また、その逆に暖かいものもあります。特に、松坂木綿に関しては、江戸時代から続く家庭的な伝統という技術も採用されていますし、江戸っ子の愛したものであるとも言います。たくさんの人が利用するくらいに松坂木綿は愛され、それを使った着物も同じように愛されたといえます。そして、今もなお、現代に生きつづけているのですから、どれだけ魅力があるかどうかが分かることでしょう。

松坂もめんとはどんなものなのか

三重県の伝統的な文化として、伊勢木綿というものがあります。この伊勢木綿について紹介していきます。

まずは綿の着物の良いところからの紹介です。綿の着物は、夏は汗を吸ってくれますから心地が良いです。そして、冬は暖かいということもあってオールシーズン使っていただくことができます。また、水に濡れたとしても、汚れたとしても、簡単にお手入れが可能ということで、普段着感覚で使うことができるのです。価格的にもお手ごろで魅力的という点もあるのです。さらに、伊勢木綿は、糸がやわらかいこと、しわになりにくいという特性を持っていることもあって、使えば使い込むほどに風合いが出るということなのです。

伊勢木綿は、昔から変わらない製法で作られています。その肌触りはすばらしく、素朴な風合いを持っています。この秘密は意図にあって、糸切れ防止として天然のでんぷん糊で固めてゆっくりと織っていくのです。でんぷん糊が落ちるまではしわになりやすいということなのですが、洗っていくうちに糊が落ちて糸が綿に戻ろうとすることもあって、生地がふわっと柔らかくなるのです。その結果、しわにもなりにくくなるのです。

洗ったら洗っただけ、そして使ったら使っただけ風合いが出るというのが伊勢木綿の魅力ではあります。ですが、作り手が現在は一社だけということもあって、とても貴重なものとなっているのです。

ちなみに、お手入れの方法としては、手でのもみ洗いが最適とされています。中性洗剤を使うのが良いです。熱を加えてしまうと縮む原因になってしまうこともありますから、お湯や乾燥機は使わないようにしなければなりません。干すときには引っ張ってしわを伸ばすとほとんど縮まなくなるということです。ものによっては色落ちの原因にもなりますから、単独かつ短期間での洗濯終了をお勧めします。

ちなみに、この伊勢木綿を伊勢商人という存在が売りさばいていました。伊勢商人はそれ以外にも、酒・紙・木などを扱っています。

伝統的かつ、貴重なものということですから、着物買取においても価値のあるものとなります。ただし、業者選びだけは慎重にすることを心がけましょう。