おすすめ買取業者を見る

京都府で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

京都府で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

着物の豆知識

着物の豆知識 着物の産地~京都府編~

西陣織
西陣織(にしじんおり)とは、京都府京都市西陣で生産されている先染め紋織物の総称です。高級絹織物として有名で、袋帯や名古屋帯をはじめ、綴(つづれ)、錦、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、絣、紬など多様な種類の織物が生産されています。昭和51年2月26日には国の伝統的工芸品に指定されました。その起源は古く、古墳時代の5~6世紀頃に渡来人が大陸から養蚕と絹織の技術を持ち込んだことが始まりとされています。そして平安時代には宮廷の織物の生産を任せられた「織部司」という役所が組織され、鎌倉時代には高級織物の地として知られるようになりました。室町時代には職人達が工房を構えた大舎人町や、大舎人座という同業組合のような組織も誕生し、受注が広がったことで公家や武家からの需要も高まっていきました。しかし、1467年~1477年に起こった応仁の乱によって京都の町は焼かれ、大舎人座は壊滅してしまいます。そして10年にわたる戦乱が終わり、疎開から戻ってきた職人達は、応仁の乱で西軍が本陣を張った地域(現在の上京区大宮)で織物業を再開しました。つまり、西陣織の「西陣」とは、このことが由来しているのです。明治以降はジャカード機の普及によって生産の幅が増え、絹織物の和服や帯の他にも安価なウールや化繊の織物、ネクタイ、財布などの小物も織られています。
京友禅
京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都府で生産されている友禅染です。金沢の加賀友禅や東京友禅と並んで日本三大友禅のひとつに数えられており、昭和51年6月2日には国の伝統的工芸品に指定されました。豊かな色彩と図案化された花柄や扇面柄、金箔や金糸の刺繍を施された装飾が特徴で、絵画のように写実的な加賀友禅と違い豪華絢爛で優美な印象があります。その始まりは江戸時代中期の扇絵師である宮崎友禅斉が考案したと言われており、友禅染の名称の由来はここから来ています。京友禅の技法はまず青花液で下絵を描き、その下絵の輪郭に糸目糊という糊を置いていきます。次に色挿しという技法で生地の上に彩色していきます。この時、前の段階で糸目置をしているので染料が混ざり合いません。その後、模様を防染する伏せ糊置や、ぼかしの工夫を凝らした地染め、友禅流しと呼ばれる余分なものを洗い流す工程を終えた後、金箔や刺繍で装飾していきます。完成するまでに20以上もの工程があり、またそれぞれに専門職があるので、一枚の着物を仕上げるのに幾多の職人の手が加わっています。尚、現在では型紙を使って模様を染める「型友禅」がメインになっていますが、華やかな絵羽模様が特徴の振袖や訪問着は手描きで作られていることが多いです。
京小紋
京小紋(きょうこもん)とは、京都府で生産されている小紋染めの絹織物です。昭和51年6月2日には国の伝統的工芸品に指定されました。京小紋の歴史は1200年前の室町時代まで遡り、応仁の乱の後、京都の堀川を中心に染色の職人達が集まる町ができ、そこから発展していったと言われています。戦国時代には上杉謙信の紋付小紋帷子(もんつきこもんかたびら)や、徳川家康の小花紋小紋染胴服(こばなもんこもんぞめどうふく)などにも用いられました。ちなみに小紋といえば、現在は柄の大きさや上下方向に関わらず模様が入っている着物のことを指しますが、元々は武士の裃(かみしも)に小さな文様を型染めすることを指します。京小紋はそこに京友禅の影響も受けて、元は単色染めだったものが多彩で色鮮やかなものへと独自に発展していきました。京友禅は豪華で優美な印象がありますが、京小紋はどこか奥ゆかしい、気品に満ちた印象を受けます。
京鹿の子絞
京鹿の子絞(きょうかのこしぼり)とは、京都府で生産されている絞り染めの一種で、昭和51年2月26日には国の伝統的工芸品に指定されています。絞り染め自体の起源は古く、日本では奈良時代から行われており、平安時代には宮廷衣装の模様にも用いられていました。室町時代から江戸時代初期にかけては辻が花染として盛んに行われ、その後の江戸中期にかけては技術を確立した鹿の子絞が最盛期を迎えました。ちなみに、この独特な名称は括り模様が子鹿の斑点に似ていることから来ており、精緻な括り粒を一つ一つ手作業で作られることによって生まれます。中でも一面を絞り粒で覆われた「本疋田総絞り」にはおよそ30万粒という相当な数の絞りが作られており、熟練の職人が一年から一年半もの時間をかけて製作します。そうして、高度な技術と途方もない作業の末に完成した絞りは独特な立体感と手触りを持ち、絞り染めの最高位に位置していると言われています。
丹後縮緬
丹後縮緬(たんごちりめん)とは、京都府丹後地方で生産されている絹織物の総称です。縮緬とは撚りのない経糸と、強い撚りをかけた緯糸を交互に織り込んだ生地のことで、全面に細かい凸凹状のシボができているのが特徴です。このシボがあることによってシワになりにくく、しなやかな風合いを与えてくれます。その起源は古く、昔から養蚕に適した土地だったことから奈良時代には聖武天皇に絹布が献上されており、現在も正倉院御物として残っています。そして、享保5年(1720年)に峰山の絹屋佐平治が西陣の機屋へ奉公した際に縮緬織の技術を学び、丹後に持ち帰ったのが始まりと言われています。現在では絹の他にレーヨンやポリエステルなどの素材の織物や、巾着、ストールなどの製品も販売されています。
藤布
藤布(ふじぬの)とは京都府丹後地方で生産されている織物で、藤の皮の繊維から作った糸で織り上げています。その歴史は古く、縄文時代から藤布で衣服が作られていたと言われており、日本最古の和歌集である万葉集にも、藤布に関する短歌が詠まれています。麻とともに植物性繊維の織物として用いられていましたが、綿が普及しだした江戸時代以降は衰退し、一時期は途絶えてしまいます。しかしその後、伝統文化を保存する取り組みが行われ、平成3年には京都府無形民俗文化財、平成13年には京都府伝統工芸品、平成22年には国の重要有形民俗文化財に指定されました。

着物でお出かけにピッタリな京都府の観光スポット


八坂神社

八坂神社は京都府京都市の祇園町にある神社で、パワースポットとしても有名な場所です。こちらには古事記や日本書紀に登場する大国主命という神様が祀られており、因幡の国の八上姫に会いに行く途中で傷ついた白兎を助け、後にその白兎の計らいによって八上姫と結ばれたという神話から、縁結びのご利益があると言われています。その他、八岐の大蛇を退治した素戔嗚尊(すさのおのみこと)とその妻子が祀られている本殿の下には大きな池があり、そこには龍が棲んでいるという伝説や、本殿から向かって右奥にある美御前社から湧き出る神水で頬を濡らせば、身も心も美しくなれるという伝説があります。そんなミステリアスな雰囲気を味わえる八坂神社の参拝には着物がピッタリ。毎年7月に行われる祇園祭に浴衣で参加するのもいいですね。



花見小路

花見小路は京都市の南北の通りの一つで、北は三条通から南は建仁寺前まで約1kmの通りです。昔ながらの茶屋や料亭が立ち並ぶ石畳の通りは外国人観光客にも人気のスポットで、春には咲き誇る桜と町家がマッチした、昔ながらの美しい風景が楽しめます。そんな花見小路は着物姿で散策している人も多く見かけるので、訪れた際は是非着物でランチやティータイムを楽しんでみてください。また、夜は赤提灯に明かりが灯って幻想的な雰囲気を堪能できますし、運が良ければ出勤前の舞妓さんや芸妓さんに遭遇できるかもしれません。



嵐山

京都を代表する観光地といえばやはり嵐山。桂川にかかる渡月橋(とげつきょう)からは、嵐山の四季折々の大自然が堪能できる絶好の撮影スポット。着物で散策すれば、美しい風景に溶け込むような写真が撮れること間違いなしです。また、渡月橋の北側、嵯峨野に広がる数万本の竹林は圧巻ながら、優雅な雰囲気を堪能できるおすすめスポットです。着物を着て、竹が奏でる風の音色を聞きながら人力車で観光すれば、まるで一枚の絵のようになれますよ。



平安神宮

平安神宮は京都府京都市左京区にある神社で、パワースポットとしても有名な場所です。高さ24mもある大きな鳥居と、鮮やかな朱色と緑が塗られた神社はそれだけで圧巻。ミシュラングリーンガイドの一つ星に選ばれた庭園も四季折々の花が咲き乱れており、しだれ桜の名所としても知られています。そんな平安神宮を参拝するのは着物が絶対おすすめ。撮影スポットは沢山あるので、満足のいく仕上がりになるでしょう。また、平安神宮の近くにある岡崎神社もおすすめの観光スポットです。この地一帯はかつて野うさぎの生息地であったことから、うさぎは氏神様の神使いとして信仰されており、神社で見かける狛犬もここでは狛兎になっています。また、うさぎは多産であることから安産祈願や子授かりのご利益があると言われています。境内はうさぎの像やうさぎの御守、うさぎのおみくじなど、うさぎをモチーフにした物で溢れていますので、うさぎ好きの方は是非訪れてみてください。うさぎ柄の和装小物を持って行くといいですね。京都はこの他にも、清水寺や伏見稲荷大社など着物と合う観光スポットが沢山ありますが、急な坂も多いため着慣れない着物で散策する場合は少々割高ですが人力車やタクシーで移動すると良いでしょう。バスは本数も多くて便利ですが、車内は観光客で溢れかえっているため、せっかくの着物が着崩れて台無しになってしまわないよう避けた方が無難です。