おすすめ買取業者を見る

熊本県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

熊本県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

熊本市と肥後木綿・天草更紗の特徴

熊本市は熊本県の県庁所在地で、自然と共存した街づくりが推進されている街としても知られています。中心市街地は近代的な街並みを見せていますが、郊外に目を向けると豊富な自然を残していますし、文明と自然が共存している暮らしやすい街と言えるでしょう。熊本市は熊本県内でも指折りの観光都市として有名ですし、特に日本三大名城の一つとして知られる熊本城は人気があります。豊臣秀吉の子飼いであり猛将として名を馳せた加藤清正公が築城した城であり、清正公が英知を集結して築城した難攻不落の城としても知られています。

熊本県で有名な織物の一つに天草更紗が挙げられます。もともと海外から入ってきた更紗は日本の職人の手によって工夫され、その後庶民からも愛される布へとなっていきました。独特の模様が特徴的で、現在でも天草更紗は高い人気を誇ります。後継者が見つからずに存続の危機に見舞われたこともありましたが、天草市で本格的な復興が進みます。ただ、その後も再び存続の危機に立たされるのですが、2002年にまた平成の天草更紗として復活を遂げることになります。もともとの技法にプラスして新しい技術、システムも組み込むなど現代でも進化を遂げているのが天草更紗です。

肥後木綿も長崎県を代表する織物で、江戸中期頃から広がりを見せました。もともと農村の一般家庭で織られていた織物なのですが、その後合成藍で染めた糸を縞模様に織るなど進化した織物でもあります。素朴な縞模様と丈夫さが特徴で、だからこそ農村の一般家庭で支持されていたのかもしれません。天草更紗にしろ肥後木綿にしろ人気のある布ですし、これらを用いた着物や帯は現代でも人気があります。もし、手つかずのまま所有している製品があれば着物買取の専門店に査定してもらうのも良いかもしれません。特に使っていないものならそのまま眠らせておくより遥かにお得です。査定は無料であることがほとんどですから、一度査定だけでも受けてみましょう。

天草更紗の歴史と魅力

かつて肥後の国と呼ばれた熊本県熊本市。観光都市としても高い人気を誇っていますし、一年を通して多くの方が訪れているエリアとしても知られています。虎退治で知られる加藤清正公が築城した難攻不落の熊本城をはじめとするさまざまな観光名所がありますし、著名な寺社仏閣、景勝地もたくさんあります。また、幕末期には多くの志士を輩出したことでも知られていますし、某人気アニメの主人公のモデルとなった人斬り、河上玄斎を輩出した地域としても知られています。そんな肥後の国で生まれた織物が肥後木綿で、熊本市の川尻など農村で自家用として誕生しました。

鮮やかな藍染が特徴の一つで、素朴な縞模様と丈夫さが肥後木綿の大きな特徴として知られています。昭和5~6年頃が最盛期と言われており、その後次第に衰退するものの復活、現代に至っています。現在では合成の藍色で染めた糸を用いて織られており、ドビー機を使って縞に織られています。見た目の素晴らしさはもちろんですが丈夫という部分も特筆すべきポイントで、機能美と実用性を兼ね備えた織物として人気を博してきた経緯があります。ただ、現代では生産を行っている企業がほとんどなく、半ば幻の織物のようにもなっているのが現実です。

未だに人気の高い肥後木綿ですが、肥後木綿を使った着物や帯などは現代でも高値で売れる傾向にあります。もちろん、コンディションやデザインにもよるかもしれませんが、先ほども言ったように肥後木綿そのものが現代では希少となりつつありますし、本物の肥後木綿を使って作られた着物や帯にはそれなりの価値があります。コンディションが良いものなら尚更ですが、あまり保存状態が良くないものでももしかすると高値がつくかもしれません。リサイクルショップなどだと正しく価値を見出してもらえないかもしれませんが、着物買取の専門店なら専門の鑑定士がきちんと査定をしてくれるでしょう。気になる方は一度査定をおススメします。

庇護木綿の歴史と魅力

熊本県の天草市、と聞くと多くの方は天草四郎時貞や島原の乱をイメージしてしまうのではないでしょうか。天草四郎は漫画や映画、ゲームなどで美少年として取り上げられることが多いですし、悲劇のヒーローのように描かれることも多いため日本人にも愛されやすい傾向にあります。大規模なキリシタンの反乱として知られる島原の乱においての最高指揮官として知られていますし、天草と聞くと多くの方が天草四郎を思い描いてしまうのも無理のないことです。ただ、天草四郎の出生地については諸説あるため天草市とは無関係という話もあります。

そんな天草四郎の名前が先行してしまう熊本県天草市で生産されている更紗が天草更紗です。異国情緒豊かな独特の模様が特徴的で、鳥や草花などが細かく描かれていることが特徴と言えるでしょう。インドを起源とする更紗はその後世界各地に広がりを見せ、日本でも和更紗と呼ばれるものが存在します。室町幕府の頃には既に海外から更紗が輸入されていたと言われていますが、天草更紗に関しては現代に残る資料がほとんどありません。オランダ人か京都の職人が更紗の技法を広めたなどさまざまな説が存在します。

当時の日本に存在したどんな織物よりも鮮やかで独特な模様で、その派手さを好んだ方もたくさんいたようです。南蛮渡来の更紗を日本人の手でアレンジし、その後庶民から愛される布へと進化を遂げました。天草更紗は後継者不足に悩み一時期途絶えていた時期もあるのですが、その後染織家として著名な方が復興し現在に至っています。当時の技法はもちろん、新しい技術やシステムも組み込みつつ今の時代にマッチした天草更紗へと変化も遂げています。天草更紗を使用した小物も人気がありますし、着物に使用されることもあります。天草更紗が用いられた着物や小物は着物買取の専門店でも高値が付く傾向にありますから、気になる方は一度無料の査定を受けてみると価値がはっきりするかもしれません。