おすすめ買取業者を見る

高知県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

古い着物は処分が大変!

高知県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

高知県の着物買取事情

日本の歴史に名を残す偉人、坂本龍馬が生まれ育ったのが高知県です。日本最後の清流・四万十川も高知県にあるほか、室戸岬や四国カルストなど豊かな自然があります。なすやトマトなどの野菜がブランド化されているため、大都市の高級レストランでは巨大な野菜の産地という認識も強いでしょう。ビニールハウスが並ぶ沿岸部は高知名物かもしれません。

高知市は香川県高松市と並び、四国の中心都市です。戦国時代末期から江戸時代初期には、豊臣秀吉や徳川家康の家来であった山内一豊が治めていました。高知市に県内の人口の約半数が集中しているため、プライメイトシティと呼ばれることもあります。いごっそうな男性やはちきんな女性と呼ばれることもありますが、勝ち気で頑固な市民性と呼ばれることも少なくありません。

室戸市も高知県の町のひとつです。ホエールウォッチングが有名な町で、鯨を観るために訪れる人も少なくありません。人口流出や過疎化進んでいる地域ですが、有名な室戸岬があるのも室戸市です。

高知は長らく土佐藩と呼ばれていました。その名前が残る着物が土佐綿紬です。高知県我美町周辺で作られた木綿の織物のことを言います。岸本縞や赤岡縞と呼ばれることもありますが、織物産業の発展を目指した土佐藩が主導でこの文化を発展させました。通常は絹で紬を作るのですが、土佐綿紬は綿で作っていることが特徴です。複数の染料を混ぜて作りますが、素朴でありながら丈夫なので土佐の女性が愛用していました。一時期衰退してしまいましたが、再度観光資源として復興の兆しを見せています。

着物買取は保管状態に大きく左右されます。丈夫な土佐綿紬ですが、お住まいのタンスに眠っているかもしれません。着物が破れていないか、虫に食われていないかなど、さまざまなチェックピントがあります。これらを確認した上で着物買取をしてみてください。好きな人たちの間で、土佐綿紬は愛されるのではないかと思います。

土佐綿袖とはどんなものなのか

高知市は、長宗我部元親や山内一豊ら名だたる戦国武将が治めた町です。全国でも屈指の酒類の消費量を誇ることから、多くの人が酒好きの県民性であると言えます。人口は約33万人と、高知県に住む全人口の約半数が暮らす街です。

定期市を開催する町で、高知市はスローライフを実践していることでも知られています。日曜市をはじめ、月曜市以外の毎日で街路市が開催されているのです。日曜市は江戸時代から300年続いている伝統文化として高知の人から愛されています。明治以前は曜日ではなく日で定めていたのですが、明治時代に太陽暦に切り替わったタイミングで日曜市になりました。

高知市の名物はカツオのたたきです。カツオがよくとれる地域であるため、カツオを使った食べ物が多数登場しました。カツオの刺身が食あたりの原因になることから生食が禁止されたのですが、土佐に住んでいた人たちがカツオを炙ることで食べたという歴史があるそうです。

高知の名産品であった土佐綿紬ですが、戦後その文化が廃れてしまう時期がありました。土佐の女性に愛された着物でしたが、時代の流れのあおりを受けたかもしれません。高知県の地元企業の中で復活させようという動きがあり、近年お土産品などで販売されるようになりました。座布団やネクタイの生地、財布など、さまざまなアイテムで使われているのが土佐つむぎです。

近年、土佐つむぎを使って作られた着物は少なからず存在します。リメイクして着物を作っているケースも珍しくありません。平成になってから復活した着物なので、あらためてその価値が見直されるようになったばかりです。

未使用の土佐つむぎの着物なら高額買取も期待できます。もし使ったとしてもシミや汚れが少ないならそれなりの価格になるかもしれません。絹素材ではありませんが、高知ならではの文化を感じさせるのが土佐つむぎの着物です。着物買取の依頼を検討中なら、着物の汚れをチェックしてから買取に出すようにしましょう。

土佐つむぎを復興させた高知市

土佐の織物ということで知られている、土佐綿袖というものがあります。これはどのようなものなのでしょうか。

土佐綿織は、高知県にある我美町周辺で作られているという木綿の織物です。別名としては、岸本縞、赤岡縞とも言われています。明治時代に土佐藩が主導として起こした織物産業がきっかけになって生まれたものです。

土佐綿織は、主に人々の普段着として使われるようになっています。ですから、どちらかと言うと、装飾的というよりも素朴な味わいがあるという暖かい着物になっているのです。今の時代では、需要が減ったことが影響してか、民芸品として扱われています。技術そのものは現存しているということですから、製品の生み出される余地としてはまだまだあるのです。そして、何よりも手が届きやすい価格ということもあって、普段使いもしやすいということです。ただ、見かけること自体は少ないということもあって、珍しい日用品ということになっているのです。

土佐綿袖は、普段着として加工されているもので、使いやすいとされています。男性のものであれば、カラーシャツ、歯作務衣などに用いられるようになっています。また、女性用としては、スカートやエプロンなどに用いられるようになっています。土佐綿袖は綿製品ということもあって、吸水性は抜群かつ汗を逃すこともありません。また、汗を蒸発させやすいという性質も持っていますから、人と肌との親和性も抜群なのです。

風合いはとても素朴なものであり、温かみのある質感があって、普通の綿製品では出すことができないものがあります。この性質を生かした製品にのれんがあります。のれんはまさにこの柔らかな風合いが必要であるものなのです。昔ながらの綿製品として知られる土佐綿袖は、まさに最適な質感といえるところがあります。こうした装飾が一枚家の中にあるだけでも印象はまったく変わってくるのです。

買取業者では、土佐綿袖を買取してくれるところは決して少なくはありません。

高知県内の着物買取エリア紹介

吾川郡(いの町/仁淀川町)/安芸郡(馬路村/北川村/芸西村/田野町/東洋町/奈半利町/安田町)/安芸市/香美市/高知市/香南市/四万十市/宿毛市/須崎市/高岡郡(越知町/佐川町/四万十町/津野町/中土佐町/日高村/檮原町)/土佐郡(大川村/土佐町)/土佐市/土佐清水市/長岡郡(大豊町/本山町)/南国市/幡多郡(大月町/黒潮町/三原村)/室戸市