おすすめ買取業者を見る

香川県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

古い着物は処分が大変!

香川県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

高松市の特徴と保多織について

香川県と言えばうどん県の異名もとる県として有名です。四国でもっとも栄えている県と評されることもありますし、豊富な観光資源と郷土料理を武器に年間を通して大勢の観光客を誘致することにも成功しています。香川県で代表的な都市と言えば県庁所在地でもある高松市でしょう。四国を代表する都市であり、もっとも繁栄を遂げている都市と言っても過言ではありません。もともとは高松藩の城下町としても栄えた経緯がありますし、このエリアを代表する商店街の一つは頻繁にメディアで取り上げられるなど活気にあふれています。もちろん、高松市にも数多くのうどん店が存在しますし、市域の至るところで美味しい本場の讃岐うどんを食すことが可能です。

保多織は香川県を代表する県産品の一つとして知られています。高松藩の初代藩主が命名したとも言われており、鮮やかな色合いと実用性に優れた丈夫さが人気となりました。当時から高松藩の秘法織としてその技法が手厚く保護されてきた歴史があり、幕府への献上品にも採用されていたほどの人気ぶりです。間違いなく当時の高松藩の財政を担っていた重要な財源の一つと言えるでしょう。独特の風合いや美しさにばかり目が活きがちですが、通気性の高さもポイントです。夏は涼しく冬は暖かいという素晴らしい性質を持っており、現在でも人気があります。

さぬきのり染めはもち米を原料として作った糊を使って染める技法のことを指します。鮮やかな色彩となることが大きな特徴で、これも香川県を代表する特産、名産の一つと言えるでしょう。現在でも讃岐のり染めはさまざまな製品で用いられている技法ですし、端午の節句で使用する旗指物や大漁旗などで使われることもあります。温かみのある味わい深い染物に仕上げることができますし、ほかの技法では再現できない独特の色合いと風味を実現できます。讃岐のり染めが使用された製品は中古市場でも高値で売れることが多いですから覚えておきましょう。

保多織の魅力について

うどんが有名な香川県は高松市をはじめとする観光都市も複数有するなど観光産業が強い県として知られています。そんな香川県で誕生した讃岐のり染は200年以上の歴史を持つ香川の伝統工芸品としても知られていますし、古くから伝わるその技法を現代に伝えています。200年以上のあいだ色褪せずに息づいてきた讃岐のり染は現代でもさまざまな製品にその技法が使用されていますし、香川を代表する伝統工芸品となっています。暖簾や壁掛け、横断幕、法被などに使用されているほか、着物にも讃岐のり染の技法が用いられています。

200年以上の長い歴史を持つ讃岐のり染ですが、その起源についてははっきりと分かっていません。起源こそ定かではありませんが、江戸時代には高松城下に数多くの染物屋が軒を連ねていたと言われていますし、それ以前からこの地域に根付いていた技法ということになります。現在でも讃岐のり染を専門とする職人さんによってさまざまな製品が作られていますし、その技法にほれ込む方は少なくありません。讃岐のり染では筒を用いることが一般的で、絹地に戦国武将や花鳥風月など豪華絢爛な模様が描かれることも特徴的です。

讃岐のり染の工程ですが、まずは色指しと呼ばれる工程からスタートします。これは刷毛を用いて色を挿していく作業で、さまざまなサイズの刷毛を用いて色を指していきます。色指しが終わったら乾燥の工程に入り、その後染料の定着をよくするために蒸していきます。高温でしっかりと布を蒸すことによって染料をしっかりと定着させていくのです。その後布についた余分な糊や染料を水洗いで落としていき、天気の良い日を選んで干していきます。最期に縫製を行えば伝統工芸讃岐のり染の完了となります。讃岐のり染で作られた着物はその鮮やかで華やかな見た目から人気もありますし、着物買取の専門店では高値で取引されることも珍しくありません。着なくなった着物は一度査定してもらうと良いでしょう。

香川を代表する伝統工芸讃岐のり染

高松市と言えば四国を代表する都市です。四国四県の中でもっとも近代的な発展を見せる都市としても知られていますし、高知や徳島、愛媛から高松に遊びに出掛けるという方も少なくありません。中心市街地には数多くの商業ビルが建ち並んでいますし、若者向けのショップや専門店、オシャレなカフェなども数多く軒を連ねています。うどん県の異名をとる香川県の県庁所在地でもある高松市には至るところにうどん店がありますし、本場讃岐のうどんを食べようと遠方から訪れる方も少なくありません。うどん以外のグルメも豊富ですし、観光名所もたくさんあります。

そんな香川県で誕生した保多織はこの地方を代表する織物の一つです。香川県と織物はイメージが繋がりにくいかもしれませんが、実は古くからこの地方で愛されてきた織物として知られています。現在でも保多織の人気は高いですし、さらりとした肌ざわりと着心地の良さから年代を超えて大勢の方に愛されています。現在でも香川県高松市で生産されていますし、長きに渡って香川県民のそばにあり続けた織物と言えるでしょう。肌触りが単純に良いだけでなく、通気性や吸湿性に優れていることも特徴で、さまざまなシーンで着用できる織物となっています。

1689年に当時の高松藩主が絹織物の制作を命じ、開発させたことが始まりだと言われています。丈夫で多年持つという意味から保多織という名称になったそうです。当時は江戸幕府への献上品としても採用されていましたし、それゆえに身分の高い武士にしか着用は認められていませんでした。江戸幕府が倒れ明治維新になってからは大衆に広がりを見せ、その後もどんどん独自の発展を遂げるようになります。現在では浴衣やシーツなどにも用いられるようになりましたし、時代と共に変化、進化を続けてきた織物と言っても過言ではないでしょう。着物の需要が減少したことで現在では生産量が少なくなっていますが、今でも新しいことにチャレンジしようとしています。

香川県内の着物買取エリア紹介

綾歌郡(綾川町/宇多津町)/香川郡(直島町)/観音寺市/木田郡(三木町)/坂出市/さぬき市/小豆郡(小豆島町/土庄町)/善通寺市/高松市/多度郡(琴平町)/仲多度郡(多度津町/まんのう町)/東かがわ市/丸亀市/三豊市