おすすめ買取業者を見る

岩手県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

岩手県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

岩手県で発展してきた南部紫根染

岩手県は盛岡市を県庁所在地としており、東北地方に存在する県の一つです。北海道に次いで二番目に広い面積を誇っており、豊富な自然を今に残す県としても知られています。国宝に指定されている寺社や重要伝統的建造物群保存地区などもあり、随所で歴史情緒を感じることができる街並みが残されています。かつて奥州藤原氏が支配したエリアとしても知られており、源義経が藤原秀衡を頼って身を寄せたことでも知られるエリアです。県内には数多くの観光名所がありますし、観光目当てに大勢の方が足を運んでいます。

南部紫根染は岩手県の南部地方で行われている草木染の一つで、紫草の根を使って染めていることが大きな特徴です。非常に長い歴史がある技法でもあり、この地方に伝わったのは鎌倉時代よりも前と言われています。鎌倉時代よりも前ですからまだ源義経の兄である源頼朝が鎌倉幕府を開く以前にこの地には既にこの技法が伝わっていたことになります。そう考えるとどれほど長い歴史があるかよく理解できますね。江戸時代になると南部藩が南部紫根染を手厚く保護したこともあって産業として発展していくことになります。ただ、この頃が紫根染めの最盛期だったのかもしれません。

幕末期に徳川幕府が倒れ、新たに明治政府が誕生します。明治政府は廃藩置県を実施し、それによって南部藩も消滅してしまいました。それまで南部藩の手厚い保護によって産業として発展してきた紫根染めですが、やがて衰退していきます。職人も少しずつ減少し、やがて紫根染めができる職人は完全に途絶えてしまうのでした。その後再び岩手県で紫根染めを復活させようという動きが起こります。現在でも後継者不足に悩まされていたり、原料の調達に苦労したりはしていますがそれでも紫根染めの技法は確実に受け継がれています。紫根染めの技法を用いてさまざまな製品が作られていますし、南部紫根染めは時代を超えて多くの方に愛され続けているのです。

岩手県に根付く南部紬の技法

岩手県の平泉文化をご存じの方もおられるかもしれません。平安時代の末期に奥州藤原氏が平泉町を中心に栄華を誇った文化のことをこう呼んでおり、その当時の贅をつくした極楽浄土のような街並みを創り上げていたと言われています。奥州藤原氏は当時から強大な勢力を誇っていましたし、奥州十七万騎と言われるほどの軍を有していたとも言われています。藤原秀衡の時代に源義経を保護し、秀衡亡き後は息子である泰衡が藤原氏の棟梁となって義経を保護しますが、やがて頼朝の圧力に屈して義経を襲撃します。その後泰衡は義経の首を頼朝に送るものの、頼朝は大軍を派遣して奥州を蹂躙、長きに渡って続いた藤原氏の栄華はここに終焉を迎えたのでした。

南部千厩紬はその歴史を紐解くと平泉文化にまで遡ると言われています。その頃から南部千厩紬の技法は存在していたと言われていますし、そう考えると非常に長い歴史のある織物と言えるでしょう。一時はその技法が消滅したかに見えましたが、昭和51年に伝統と技術を受け継いで復活します。現在でも着物の帯やストール、ショール、ネクタイなどに使われていますし、確かにその技法を今の時代に伝えています。

現在でもその多くを手作業で賄っており、古き良き伝統技術を今に再現しています。精錬から染色、手織りまで一貫して手作業で行うことから独特の風合いを出していますし、上質な手触りを実現しているのです。独特の光沢は見る者を魅了しますし、ハイセンスな仕上がりの虜になってしまう方は後を絶ちません。近年ではこの地方でとれる天蚕糸を用いて作られており、それによってさらに美しい光沢を出すことに成功しました。長い歴史を持つ南部千厩紬は高い人気を誇っていますし、着物や帯は高値で取引されることも珍しくありません。自宅のタンスの中で肥しになっているという場合は買取店で鑑定を受けることをおススメします。思いのほか高値がつくこともあるかもしれません。

平泉文化まで遡る歴史ある紬

かつて奥州藤原氏によって支配されていた岩手県ですが、源頼朝の言いがかりのような理由で侵攻されてしまい栄華の時代は幕を閉じてしまいます。源義経の家来である武蔵坊弁慶が全身に矢を受けながらも主君を守るべく立ち往生したのもこのエリアです。そんな歴史マニアにとって堪らない岩手県ですが、実は産業がほとんどないことを自虐のように語っていた時代もあります。しかし、今は企業の誘致も進んでいますし、さまざまな企業がこの地に事業所や工場を展開させています。自動車産業も発展を続けていますし、今後も関連する企業の誘致は続くでしょう。

そんな岩手県に伝わる織物の一つとして南部紬が挙げられます。岩手県の岩泉町や花泉町で織られている紬で、長い歴史のある紬としても知られています。いつ誕生したかという起源については未だにはっきりとしたことは分かっていませんが、江戸時代には既に最盛期を迎えていました。この地域を含め秋田や青森まで統治していた当時の南部藩は南部紬を手厚く保護したと言われていますし、南部藩の保護のもと産業として発展していったのです。やがて南部紬は幕府への献上品に用いられるようになりましたし、南部紬の名は日本中に広がることになります。

元来南部紬はさまざまな草木を染料として用いていたことが大きな特徴の一つです。古くはムラサキアカネなどの野草を原料として染を行っていましたが、原料となる野草がとれなくなってからは白地のまま販売されるようになりました。現在では南部紬を織る人はほとんどいなくなってしまいましたし、この地方における生産量も微々たるものです。それでも確かにその技術はこの地方に息づいていますし、南部紬をもう一度復活させようという動きがあるのも事実です。現在は数名の職人によって南部紬が織られているようです。職人がいないことから南部紬を使った製品そのものが少ないですし、希少価値もあります。市場でも高値で取引されることが多いようですね。

岩手県内の着物買取エリア紹介

胆沢群(金ケ崎町)/一関市/岩手郡(岩手町/葛巻町/雫石町)/奥州市/大船渡市/釜石市/上閉伊群(大槌町)/北上市/久慈市/九戸郡(軽米町/九戸村/野田村/洋野町)/気仙群(住田町)/下閉伊郡(岩泉町/田野畑村/普代村/山田町)/紫波郡(紫波町/矢巾町)/滝沢市/遠野市/西磐井群(平泉町)/二戸群(一戸町)/二戸市/八幡平市/花巻市/宮古市/盛岡市/陸前高田市/和賀群(西和賀町)