おすすめ買取業者を見る

石川県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    • +
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    • +
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    • +
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

古い着物は処分が大変!

石川県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

着物の豆知識

着物の豆知識その① 着物の産地~石川県編~

加賀友禅
加賀友禅(かがゆうぜん)とは、石川県金沢市周辺で作られている友禅染の着物のことで、京友禅や東京友禅と並んで日本三大友禅のひとつに数えられています。江戸時代中期に京友禅の創始者である宮崎友禅斉から指導を受けて技法を確立していったと言われており、柄は絵画のように写実的な草花模様が中心です。その手法は、加賀五彩という「臙脂」「藍」「黄土」「緑」「紫(または墨)」の5色を基調とした色使いで、模様の下絵から彩色までを全て一人で手描きしていきます。また、京友禅と違って豪華な刺繍や箔押しは使わずに、外側から内側に向けて立体感を出すぼかしや、木の葉の虫食いなど綺麗でないものを敢えて描くなど、リアルさを追求した表現を行っているのが特徴です。製法に大変手間がかかっているゆえに高価で、有名作家の一点物なら100万円以上、人間国宝クラスだと一千万円以上することもあります。
牛首紬
牛首紬(うしくびつむぎ)は石川県白石市白峰村で作られている織物で、白峰の旧地名である牛首村が名前の由来となっています。牛首紬は二頭の蚕が共同して作った玉繭から糸を紡いだ玉糸で織られているため、生地は節が多く、弾力性と耐久性、伸縮性を兼ね備えています。養蚕は冬の農家の貴重な収入源だったため、上質な繭は出荷し、商品にならない玉繭はくず繭として庶民の普段着に使われていましたが、現在では大島紬・結城紬と並ぶ代表的な着物となっており伝統的工芸品にも指定されています。また、釘を引っ掛けても釘の方が抜けると言われるほど丈夫で、別名首抜き紬とも呼ばれています。
能登上布
能登上布(のとじょうふ)とは、石川県の能登、羽咋地方で織られる麻の織物で、石川県無形文化財に指定されています。絣模様と麻の持つシャリ感、通気性の良いサラッとした肌触りが特徴で、主に夏の着物生地として生産されています。その起源は古く、日本書紀に記されている崇神天皇の皇女が野生の真麻で糸を作り、この地の女性に機織りの技術を教えたことが始まりと言われています。ちなみに上布とは上等な麻織物のことで、1907年(明治40年)に皇室への献上品となったことから能登上布と呼ばれるようになりました。このことから生産は盛んになり、昭和初期には140件ほどの織元がありましたが、やがて時代の変化に伴い減少し、現在では山崎麻織物工房1件のみとなっています。
小松綸子
小松綸子(こまつりんず)とは、石川県小松市で生産されている絹織物です。なめらかで光沢があり、色の組み合わせによって様々な紋様を表現しているのが特徴で、室町時代には将軍家に献上されていました。明治時代には技術の発展とともに様々な紋織物が生産され、大正時代に入るとその技術を土台に小松綸子が誕生しました。しかし生産が盛んだったのは昭和中期頃までで、昭和50年代になると中国などの安価な輸入織物が入ってきたことや、着物の需要が低下したことによって衰退していきました。そのこともあってか、最近では着物の他にカーテンなどのインテリア製品なども生産されています。

着物の豆知識その② 季節によって変わる着物の種類

夏はTシャツ、冬はセーターというように、着物にも季節に合わせて厚手のものと薄手のものがあります。

袷(10月~翌年5月)

袷(あわせ)の着物は胴裏、袖裏、裾回し等に裏地を付けて仕立てます。表の生地と裏地の2枚を縫い合わせているので透け感はなく、重量感があります。着られる期間が長いので、和服の中では最もポピュラーな位置づけです。

単衣(6月・9月)

単衣(ひとえ)は袷の裏地が付いていないタイプで、表の生地1枚だけになります。裏地が無い分軽くて涼しいのが特徴で、季節の変わり目である6月と9月に着用します。

薄物(7月・8月)

薄物(うすもの)は絽(ろ)や紗(しゃ)などの透け感がある生地の着物で、盛夏の7月・8月に着用します。薄手の素材のため涼しく着られますが、その分柄が栄えないので写真写りはイマイチになります。ただし、これはエアコンが無かった時代の決まり事ですし、最近は温暖化の影響で5月や10月でも夏のように暑い日があるので、決まりに合わせて汗だくで我慢するよりも、気候と自分の体質に合わせてチョイスすると良いでしょう。

着物でお出かけにピッタリな石川県の観光スポット

兼六園

兼六園は石川県金沢市にある日本庭園で、日本三名園のひとつに数えられています。2009年にはミシュラン観光ガイドで最高評価の三ツ星を獲得しており、日本人だけでなく外国人観光客からも人気のスポットとなっています。また、桜・梅・紅葉の名所であり、四季折々の風景を楽しむことができますので、訪れた際は是非着物で優雅に散策してみてください。金沢に来たら絶対に外せない観光スポットです。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街は石川県金沢市の重要伝統的建造物群保存地区の名称です。江戸時代から明治初期にかけて建築された茶屋様式の町家が多く、古い街並みながらどこか懐かしい雰囲気を漂わせています。木虫籠(キムスコ)と呼ばれる美しい出格子に石畳、日が暮れるとどこからか三味線の音がこぼれてくるこの街は着物で散策するのにピッタリです。名物の金箔ソフトクリームや和菓子のスイーツ巡り、金沢名産の押し寿司造り体験や金箔体験など、色んな楽しみ方が満載です。

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館は石川県金沢市で2004年にオープンした美術館です。現代美術を収蔵しており、外観は円形の総ガラス張りで正面と裏側の区別がないのが特徴です。館内には有料の展覧会ゾーンと無料の交流ゾーンがあり、展覧会ゾーンで特に人気のレアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」は、まるで水の空間にいるという不思議な感覚になれるおすすめスポットです。また、無料の交流ゾーンでは加賀友禅をイメージした壁画とロッキングチェアがあるので、ここは是非とも加賀友禅の着物で訪れてみてください。現代アートと着物は意外にマッチして絵になりますよ。

長町武家屋敷跡

長町武家屋敷跡は石川県金沢市にある藩士の屋敷跡です。加賀藩の上流・中流階級藩士が住んでいた侍屋敷が軒を連ねており、土塀と石畳が続く街並みを着物で散策していると、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分になれます。冬になると雪吊りが施された木々や、雪や凍結から土塀を守るためのこも掛けがされているので、かなり寒いですが雪の積もる時期に行けばより一層風情が楽しめます。ちなみにここで生活している方もいますが、街に生活感は無いのでゆったりとショップ巡りもできます。

石川県内の着物買取エリア紹介

加賀市/鹿島群(中能登町)/金沢市/河北郡(内灘町/津幡町)/かほく市/小松市/珠洲市/七尾市/野々市市/能美群(川北町)/能美市/羽咋郡(志賀町/宝達志水町)/羽咋市/白山市/鳳珠郡(穴水町/能登町)/輪島市