おすすめ買取業者を見る

兵庫県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

兵庫県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

着物の豆知識

着物の豆知識その① 着物の産地~兵庫県編~

丹波布
丹波布(たんばふ/たんばぬの)とは、兵庫県の丹波地方で生産されている木綿平織の縞織物です。綿から糸を紡ぎ、野山で採れる栗の皮やコブナグサなどの草木を使って染めた後手織りで仕上げ、緯糸には絹のつまみ糸を織り込むのが特徴です。藍、茶、黄、緑を合わせた縞柄や格子柄はどこか懐かしい温かみを感じさせ、幕末から明治にかけては多くの人に親しまれました。しかし大正時代に入ると生産は衰退し、一時期は途絶えてしまいますが、後に思想家の柳宗悦と工芸研究家の上村六郎によって再現されました。尚、本来は縞貫や佐治木綿という呼び名でしたが、柳宗悦が「日本工芸」で「丹波布」と紹介したことからその名が定着しました。
丹波木綿
丹波木綿(たんばもめん)とは、兵庫県の丹波地方で生産されている木綿の織物です。丹波布と違ってこちらは綿糸のみで織られており、昔は庶民の衣服や仕事着として愛用されていました。宝永年間(1704~1710)頃は良質の綿が盛んに生産されていたこともあって、農家の嫁や娘が農閑期の冬に糸を紡ぎ、手織りしていましたが、明治以降は機械化による大量生産が進んだことにより徐々に衰退していきました。そして戦後は家庭でも手織りされることは無くなったのですが、昭和49年にそれを惜しむ人達によって、昔ながらの製法が復活されました。現在は丹波木綿保存会が体験ワークショップなどを通じて、活動の場を広げています。

着物の豆知識その② 帯の種類と格について

着物には格があり、礼装用やお出かけ用などシーンに合わせて選ぶ必要があります。
それと同様に帯にも格があり、着ていく着物とシーンに合わせて上手に着こなす必要があります。

<女物の帯の種類>

丸帯(フォーマル)

丸帯とは、幅約70cm×長さ約4m36㎝以上の広幅に織った生地を二つ折りにして仕立てた帯のことで、最も格が高く豪華な模様が特徴です。昭和初期に袋帯が登場するまでは礼装用の帯として扱われてきましたが、重くて扱いづらいため最近では花嫁衣装や舞妓・芸者のみが扱うものとなっています。

袋帯(フォーマル・セミフォーマル・カジュアル)

袋帯とは、表と裏に別の生地を使って袋状に作られた帯のことで、現在では最もポピュラーな帯として使われています。幅約31㎝×長さ約4m30cm以上あり、金糸や銀糸を織り込んだ豪華な袋帯は主に結婚式や成人式などの礼装用に使用します。留袖に合わせた二重太鼓や、振袖に合わせたふくら雀結びなど、着物に合わせて結び方のバリエーションが豊富なのも特徴。また、金糸・銀糸を使わない洒落袋帯はカジュアル向けとなっており、小紋と合わせて結婚式の二次会や軽めのパーティーなどで着用できます。

名古屋帯(セミフォーマル・カジュアル)

名古屋帯とは幅約30cm×長さ約3m60cm程度で、手先が半幅になっているのが特徴の帯です。元々は袋帯よりも簡単に締められるようにと考案されたもので、大正末期に名古屋で売り出されたことをきっかけにこの名称が広まりました。尚、名古屋帯は長さが短く、太鼓結びの際は一重太鼓にしかできないため、フォーマルな場には着用できません。また、織りと染めの2種類があり、金や銀の箔が入った織りの帯には色無地やシンプルな付け下げ、カジュアルな染めの帯には小紋や紬など、セミフォーマル~カジュアルまで幅広く対応できます。

半幅帯(カジュアル)

半幅帯とは幅約16cm×長さ約3m80cm以上の帯のことで、女物の帯の中では一番格が低いカジュアル向けの帯です。主に浴衣や小紋、紬などの普段着と合わせて着用します。幅が狭いため扱いやすく結び方のバリエーションが豊富で、最近では浴衣ブームの影響からか柄のデザインが多様化しています。

<男物の帯の種類>

角帯(フォーマル・セミフォーマル・カジュアル)

角帯とは最もポピュラーな男性の帯で、幅約8~10cm×長さ4mが一般的です。女性の帯と比べると細長く、柄もシンプルなのが特徴で、袴以外の礼装~カジュアルまでこれ一本で済ませられる便利な帯です。

兵児帯(カジュアル)

兵児帯とは主に男性のカジュアル向けの帯で、普段着の着物や浴衣などに合わせて使用します。素材は柔らかく、角帯よりリラックスして着用できる割に着崩れしにくいのが特徴です。元々は男性の帯でしたが、最近では子供や女性の浴衣の帯も販売されています。

着物でお出かけにピッタリな兵庫県の観光スポット

北野異人館街

北野異人館街は兵庫県神戸市にある西洋館の街です。1867(明治元)年の神戸港開港に伴い、欧米人が居住するために誕生した住宅地として知られています。建物は一般公開されており、現在は風見鶏の館で有名な旧トーマス邸をはじめ、20余の異人館を見学できます。レトロな街並みには着物がピッタリ。矢羽模様の着物と袴、ブーツを合わせたはいからさんスタイルで街を散策すれば、大正時代の女学生になった気分を味わえますよ。


生田神社

生田神社は兵庫県神戸市にある1000年以上の歴史を持つ神社です。日本書紀に登場する稚日女尊(わかひるめのみこと)という女神が祀られおり、安産祈願・恋愛成就・良縁結びのご利益があると言われています。また、ここは神戸の地名発祥の地で、昔は神戸市中央区一帯が生田の神を守る社領だったことから、神戸(かんべ)=神戸(こうべ)と呼ばれるようになりました。神前挙式も行われているので、女神が祀られている神社で白無垢姿の結婚式をあげるのも素敵だと思います。


有馬温泉

有馬温泉は兵庫県神戸市北区有馬町にある日本三古湯の温泉です。金の湯と銀の湯で有名な有馬温泉街は昭和レトロなお店が立ち並んでおり、入浴・グルメ・ショッピングと一日中楽しむことができます。また紅葉の名勝地でもあり、秋には瑞宝寺公園や鼓ヶ滝公園で絶景の紅葉鑑賞ができます。そんな有馬温泉街を散策するのは浴衣がおすすめ。昼間は温泉とグルメ、夕方は有馬の秋を満喫してみてはいかがでしょう。

兵庫県内の着物買取エリア紹介

相生市/明石市/赤穂群(上郡)/赤穂市/朝来市/芦屋市/尼崎市/淡路市/伊丹市/揖保群(太子町)/小野市/加古川市/加古郡(稲美町/播磨町)/加西市/加東市/川西市/川辺群(猪名川町)/神崎郡(市川町/神河町/福崎町)/神戸市/篠山市/佐用群(佐用町)/三田市/宍粟市/洲本市/多可群(多可町)/高砂市/宝塚市/たつの市/丹波市/豊岡市/西宮市/西脇市/姫路市/美方郡(香美町/新温泉町)/三木市/南あわじ市/養父市