おすすめ買取業者を見る

広島県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

広島県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

備後絣が生まれた広島県

広島県の代表的なエリアとしては広島市が有名です。政令指定都市でもある広島市は中国地方のなかでも人口数がトップであり、毎年多くの観光客も訪れています。また、多くのスポーツチームが本拠地としていることも有名であり、プロ野球やサッカー、バレーボールなどスポーツが身近に感じられます。また、文化施設も充実しており、美術館はもちろんこどものための文化科学館やマンガが所蔵されている図書館などほかの県にはないものが多くあります。そのほかに広島県の有名なエリアとしては、福山市があります。備後都市圏の中心都市でもある福山市には、優れた技術を持つ企業が多く集まっており、ものづくりの街としても知られています。工業製造品の出荷額も全国の市町村のなかでも上位であり、主要産業として街を支えています。

この福山市にゆかりがあるものとして備後絣というものがあります。備後絣は日本三大絣のひとつでもあり、その起源は現在から300年ほど前に綿花の栽培を城主が奨励したことから始まったといわれています。その後、絣の研究や染色により備後絣が生まれることになるのです。備後絣の特徴としては、藍染めであり厚みのある綿生地ということがあります。保温性にも優れていたため、女性が工作作業着として着用としていたという文献も残っています。現在は後継者不足により生産数が少なくなっているのですが、クラシックな風合いから人気があり着物買取でも高い評価になることが多いです。

備後絣から発展したものに備後節織というものがあります。伝統的な織物である備後絣を基礎に生まれたブランドです。備後節織の特徴としては、木綿を使うことで生まれる優しい肌触りがあります。また、木綿は吸湿性や通気性に優れているため、夏は涼しく冬は暖かいというように一年を通して快適に着られるという特徴もあります。備後絣を生産しているメーカーが少ないため、備後織物は貴重な生地であり、それを使った着物は着物買取でも高い人気があります。

備後絣とはどのようなものなのか

備後絣から発展したとされる備後節織というものがあります。これはどのようなものなのでしょう。

備後節織というのは、広島県備後エリアから生まれた備後絣の発展したものです。これは新しい生地のブランドとして知られるものです。江戸時代から生産されているものなのですが、かつては量産もされていたのですが、現在に至っては伝統製法を守って機械織を続けているメーカーは2社しかありません。備後絣という古くから織り続けられているこの生地の手触りに魅力されたことが備後節織の誕生のきっかけなのです。

備後絣は、他の地域の絣と比べたときにはさらっとした感触があります。備後節織はぽこぽことした節があるのが大きな特徴となっています。織糸にも膨らみがあって、機械織にもかかわらず、手織りのような暖かさがあるのが持ち味となっています。少し空気の入るようにゆっくりと織られるものであり、木綿ならではの柔らかい風合いを保つことができるのです。

備後節織は、木綿を使っていると言うこともあって、吸湿性に優れているところ、通気性にも優れているところがあります。そのため、夏には涼しく、冬はふんわりといったところが特徴でもあります。また、洗いやすいところもあって、使い込むことによってソフトな風合いに変化していくのです。

ちなみに、備後絣の織元は、現在2社しかありません。ですからとても貴重なものなのです。ただし、現在のところは若い後継ぎが家業と共に伝統の製法を受け継ぐことにより、さらに互いに切磋琢磨することにより生産が続けられています。そして、備後節織は手間のかかる工程を経て作られるものです。実際に織るスピードはとても遅いこともあって、1日に1反しか織ることができません。この生地の中でも、備後節織はさらに一部ということもあるのです。実際に手仕事が担う工程が多いこともあり、生産量が限られてくるのです。そういうところがあり、備後節織は着物買取においても十分に価値のあるものなのです。

備後絣と備後節織について

岡山県には、備後絣というものがあります。これはどのようなものとなるのでしょうか。

日本における起源というのは定かではないのですが、異国交易が頻繁であった時代、足利期や徳川初期時代に紅毛南蛮人によって伝えられたところによれば、今をさかのぼること300年前にビンゴの国福山城主水野日向守勝成公が、領内の産業開発のために棉花の栽培を奨励したことから始まりました。

それから、広島県福山市芦田町の富田九三郎という人物が、手挽糸をもって縞木綿の製造を始めています。それからまもなく絹織の方法を綿織に応用し、浮織を作っています。浮織を完成させた久三郎は、絹織物のきし島という絣の製品を見ることによって、絣の美しさに気づいています。それから絣の研究を行い、染色を上鈴岡与平という人物に委託しています。

それによって、最初の絣糸が出来上がったのです。久三郎は、苦心の末に改良を進めていき絣の染色方法などを考案することによって様々な絣を排出するに至っています。これによって生まれた絣こそが備後絣であり、こうした織物の中でも代表的とされるものなのです。

備後絣は、九州の久留米、愛媛県の伊予絣を三大絣と呼んでいるわけですが、戦後の備後絣は年間300万反もの生産がされており、残りの2つをあわせたものよりも数倍は作られているのです。主に女性の作業着という用途で日本中に売られることになりました。一時期は300万反という記録を持った備後絣ですが、化学繊維や流行の変化によって生産は減りました。ただ、ウール絣も生産されるようになったこともあり、多くの人に愛されることとなっています。

この備後絣の反物は、おしゃれでテレビでも話題になったところがあるくらいです。当然着物買取においても話題になっているところがあり、クラシックな風合いを持っていて、帯や小物を引き立てつつも着る人の素の部分をしっかりと演出することができるものです。着物買取においても良い評価を得られることでしょう。