おすすめ買取業者を見る

福島県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

福島県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

福島県の特産品、市町村についてご紹介

東北地方の中でも南部に位置しているのが福島県です。面積は全国3位の広さを持っています。県の主要都市は、行政が集中しており、有数の果物果樹地帯を形成する福島市、商業、内陸の工業地帯になっている郡山市、沿岸工業に特化し、広大な土地を持ったいわき市となっています。また、歴史的な土地としては会津若松市、白河市があり、史跡がたくさん存在する場所として知られています。

福島県の人口の多さは、いわき市、郡山市、福島市、会津若松市、須賀川市の順番となっています。いわき市が35万人、郡山市が34万人、福島市が29万人、会津若松市が13万人、須賀川市が8万人となっています。

福島の経済・産業に関しては、2008年の県内総生産は7兆6千億円ほどであり、世界各国の国内総生産と比較しても世界の中で70位以内にランクインしています。県の単独でも過半数の国を超える経済規模となっているのです。第1次産業においては、水稲、福島市、伊達エリアのモモをはじめとした農産物、いわき市のかつお、郡山の養殖鯉は出荷量日本第一位です。こうしたものが主要産物となっています。第2次産業は、東北では宮城県を押さえて第1位となっています。福島市周辺では電子機器、会津若松周辺では半導体、郡山周辺はプリント基板や電子部品、田村市では自動車電装部品関連企業の誘致にも成功しており、いわき市周辺においては電子機器や化学製品、自動車エンジン工場などがあります。第3次産業では郡山都市圏が最大のものとなっており、県内最大の経済圏を形成しています。

福島県の伝統工芸は、昭和村のからむし織をはじめとして、絹製品、会津木綿、白河だるま、こけし、赤べこ、会津漆器、たんすなどの桐製品などがあります。会津地方を中心にして、日本酒酒造が多いこともあります。伝統的な会津木綿は、着物の素材としても使われるところもありますが、需要は現在縮小しており買取においても価値のあるものとされています。ただし、業者選びも重要とされています。

江戸小紋とはどのようなものなのか

福島県の伝統工芸のひとつに会津木綿というものがあります。伝統工芸として今もなお生き続けるものですが、どのようなものなのでしょう。

会津木綿は、福島県西部に伝わる伝統工芸品で、1627年に会津に国替えになった加藤嘉明が、愛媛県から織師を招き技術を伝えたのが始まりといわれているのです。1643年に藩主になった保科正之が綿花の栽培奨励をしたことによって、会津木綿の生産が本格化しました。会津木綿を使って行われたはた織りですが、農民だけではなくて武士の妻女たちの内職としても行われたとのことです。それから時代が経過して、紡糸紡績業の発達によって、明治末期から大正時代において、会津木綿の生産は最盛期を迎えたのです。

この最盛期を過ぎ、昭和30年代半ばになると、人々の生活スタイルは変化していき、農家の仕事着としての需要は一気に減っていくことになりました。今は、民芸織物として使われており、用途はインテリア用品、洋服地、趣味の小物、袋物といったものに使われているのです。

会津木綿は木綿平織りの堅牢な織物であることが特徴です。当初は紺地に白縞を織り出したものが一般的とされていましたが、時代が進み多様化することによって黄色、赤色、緑色などといったさまざまな色の縞柄が折られているのです。しっかりとした厚みのある質感で、木綿地の中では縮みにくい方とされていることもあり、家庭での洗濯にも耐えられる扱いやすい生地とされているのです。

会津木綿の代表的な銘柄は、会津青木木綿というものです。青木地区は生産面においても代表的な産地と言われており、会津木綿のブランドの中でもトップブランドと言われているのです。綿糸が素材として使われており、手織りや自動織機などが使われており、特徴的なところは、青木縞と言われる縞柄模様です。こうした会津木綿は着物買取においても一定の評価を受けています。査定に出すときには、是非ともお店をしっかりと選ぶことをお勧めしたいところです。

会津木綿とはどのようなものなのか

福島県には、たくさんの伝統工芸が今も息づいています。そのうちのひとつである江戸小紋というものについて紹介します。

江戸小紋は、平成9年3月31日に福島県伝統的工芸品に指定されています。江戸小紋という名前がありますが、江戸で作られたというわけではなくて、江戸期に完成された小紋を染めるための手法というものです。江戸時代に裃の定め文様を着物に写したことからスタートしています。

江戸の町文化にありながらも、小紋は粋ぶりもあって人気が高いものとなっており、時代の経過と共に美しく洗練されてきているのです。今から100年前に須賀川で江戸小紋が作られ始めたのですが、昔ながらの型を使った型彫り、型付けがあり、優れた職人の手によって染め上げられるのです。江戸小紋とは、独自の繊細さ、そしておしゃれな雰囲気を併せ持つものとなっています。多彩デザインがあり、現代生活にも調和するデザインがあって、着物通からも高い評価を得ているのです。福島県の着物買取についても、江戸小紋は高く評価されています。

また、織物に関して言うと、会津木綿も福島県の伝統工芸品として数えられます。たて縞も模様、鮮やかな色が特徴となっています。厚手で丈夫なこともあり、日常着として使われるシーンが多かったのです。近年はデザインに対して工夫がされており、人気の織物として人々からも親しまれているのです。こちらも着物買取においては一定の評価がされています。

福島県には、江戸小紋以外にも伝統工芸があります。白河だるまというものもあり、300年前にその歴史が始まったとされています。見るからに福々しくおめでたいものがありおめでたいとされています。白河だるまは、身近な縁起物、大願成就のだるまとして人々にも広く親しまれています。家内円満や合格祈願、商売繁盛などといった願い事に対して片方の目に願いを込め、願いが叶ったときにもう片方の目を入れるという風習があるのです。毎年2月には白河だるま市が開催されます。