おすすめ買取業者を見る

福井県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

福井県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

福井羽二重と羽二重の歴史

福井県と言えばさまざまなご当地グルメや観光スポットを有することから人気の観光県としても知られています。国宝に指定されている寺社や城跡なども数多く有していますし、豊富な自然資源を背景とした観光名所も数多く存在します。そんな福井県で生産されているのが羽二重と福井羽二重です。羽二重は蚕が作った繭を煮込み、それを紡ぐことで生糸を作ります。それを交互に規則的に製織した絹織物のことを指します。着物の裏地などに使われることが多いほか、長じゅばんに使われることもよくあります。近年では健康衣料として使用されるなど再び知名度を高めていますし、美術工芸用、衣料分野において高い人気を誇っています。

福井県はもともと織物に関する長い歴史があることでも知られています。天正4年のものとされる文献によるとこの頃既に高級織機が用いられていたという記述が残っていますし、非常に長きに渡って織物と共に歩んできたことが理解できます。江戸時代には徳川家康の息子であり不遇の武将とも呼ばれた結城秀康がこの地を統治しましたが、彼は織物に対する理解もあり彼の庇護のもとさらに発展していくことになりました。結城秀康が没したあとも歴代藩主によってこの地の絹織物は愛され続けましたし、まさに絹織物と共に歩んできた地域と言っても過言ではないでしょう。

明治時代になると由利公正が欧州からさまざまな絹織物を持ち帰り、それをきっかけとして羽二重製織の研究が始まります。その結果誕生したのが福井羽二重で、明治20年頃になると技術も確立し福井は名実共に世界一の羽二重生産地になったのです。現在でも福井羽二重は人気がありますし、それを用いて造られた着物などは価値があります。不要になった着物をそのままにしていてももったいないですし、虫食いなどの被害に遭ってしまう恐れもあります。もう使用しないのならいっそのこと着物買取の専門店に売却してしまうというのも選択肢の一つかもしれませんね。

春江ちりめんと春江町の基本情報

歴史的価値の高い寺社仏閣や城跡などが数多く現代に残る福井県。豊富な観光資源を有する観光県としても人気がありますし、郷土グルメや魅力的なイベントなどを目当てに大勢の方が足を運んでいます。このエリアを中心に栄えてきた産業もたくさんありますが、特に繊維産業のことは外すことのできない話題でしょう。もともと福井は繊維産業によって発達してきた部分があり、さまざまな絹織物が誕生してきました。ここでご紹介する越前墨流しもその一つで、福井県武生市で現在も続く墨流し染めとなっています。水面に墨汁を落とし、その波紋の模様を紙や布に写し染めるいにしえの技法で、まったく同じ模様を二つと造ることができないのが大きな特徴です。

同じものを作ることができない越前墨流しはまさに世界に一つ、オンリーワンの染物を生み出すことができます。高い人気を誇っているのはそうした部分でしょう。越前墨流しが始まったのは1151年ということですから非常に長い歴史がありますし、そこから今の時代にまで技法が残っていることになります。織田信長の家臣として頭角を現し、やがて天下を統一し関白太政大臣にまで登りつめた豊臣秀吉もこの技法を認めていたようですし、彼の権勢のもと庇護されていたと言います。時の権力者すら虜にしてしまうほどの優れた技術だったということです。

もともと墨流しの技法は一子相伝だったようですが、時代の流れと共に技法が公開されるようになってきました。現在では墨以外の染料も用いられるようになったようですし、よりさまざまな墨流し染物が誕生しています。墨流しの技法で造られた着物などは人気も高いですし、着物買取の専門店に売却すれば高値がつくことも珍しくありません。まったく着ずにしまい込んでおくくらいなら手放したほうが良いかもしれませんね。着物買取の専門店なら査定も無料で実施していますし、いくらで売却できるのか査定だけでも受けてみるのも一つの手です。

世界に一つの織物が作れる墨流しの技法

福井県は北陸工業地域の南端を担っていることでも知られており、工業が非常に盛んなエリアとして知られています。特に羽二重や化学繊維に関わる工業が発達しており、繊維工業と共に時を刻んできた地域と言っても過言ではないでしょう。また、楽器やメガネ、漆器、刃物といった地場産業も盛んですし、豊富な観光資源を有することから年間を通して大勢の方が足を運ぶ観光県としての側面も持っています。そんな福井県を代表する絹織物の一つが春江ちりめんで、これは福井県坂井郡春江町で生産されている絹織物となります。長い歴史を持つのはもちろん、現在でもその独特の美しさ、手触りなどで高い人気を誇ります。

春江ちりめんの特徴と言えばやはり艶やかな光沢です。美しい光沢が自慢の絹織物は日本各地に存在しますが、春江ちりめんには独特の美しさと魅力があります。春江ちりめんでないと出せない艶やかさがありますし、そこに魅了されてしまった方も決して少なくないでしょう。時間をかけて丁寧に織られていく春江ちりめんならではの美麗さは多くの方を虜にしています。また、見た目だけでなく実際に手で触れたときの質感も素晴らしいものがありますし、滑らかな手触りはただ触れているだけで心が癒されていくようです。羽裏や長じゅばん、八掛などに用いられることが多い絹織物です。

春江ちりめんはもともと坂井郡に属していた春江町で生産されていましたが、春江町は坂井郡内3町との合併によって坂井市になりました。福井県内でもトップレベルの人口増加率を誇っており、現在では福井市のベッドタウンとしての役割を担っています。春江ちりめんの産地であり、現在でも稲作と繊維工業が盛んとなっています。豊富な自然も現代に残していますし、住みやすい街としても人気があります。春江ちりめんで織られた着物は高値で売れることも多々ありますから、着なくなった春江ちりめんの着物は一度査定に出してみることもおススメします。