おすすめ買取業者を見る

青森県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

古い着物は処分が大変!

青森県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. スピード買取.jp
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『スピード買取.jp』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

青森県の着物買取と織物の種類

青森県には着物を買取してくれるところがあります。そもそも青森県は有名な場所ですが、実際にこの場所はどのようなところなのかについて紹介します。

青森県は日本の本州の最北端に位置しており、人口は全国で31位、面積は全国8位となっています。世界遺産白神山地をはじめとした、さまざまな自然環境がたくさん残っています。青森県の中央部は、奥羽山脈があって、それを2分して異なる歴史、気候や文化に風土を持っています。青森県は全国でも有数の農業算出権としても知られており、食料自給率も118%となっています。主に出荷されているのは、りんご、にんにく、長いもで全国ナンバーワンの生産量を誇っています。また、漁業でも八戸港があり全国有数の水揚げ高でサバやイカが国内1位の水揚げを誇っており全国へ出荷されています。

青森県は、県庁所在地が青森市、それ以外に弘前市、八戸市、十和田市、むつ市、三沢市、つがる市、平川市などがあります。人口は青森都市圏が最も多く、34万人程度となっています。それに次いで八戸、弘前、五所川原、十和田、むつ、三沢の順番に人口が多くなっています。

食文化に関してですが、海産物ならば七子八珍、食材は津軽味噌、生姜味噌おでんなどがあります。そして、津軽地方には砂糖を入れた甘口の赤飯も販売されています。茶碗蒸しも甘口で食べられているなど、ほとんどの地域で甘口のものが採用されています。

青森の機織物は多くの種類があるのですが、津軽刺し子と呼ばれるもの、それから南部菱刺、南部裂織、津軽木綿といったものがあります。これらの技法に関しては、江戸時代に生まれたものが多いです。

青森県における着物の買取は、こうした種類のものも当然引き取ってもらえます。物によって価値が変わって来ますからまずはしっかりと自分が買取して欲しい着物はどんなものなのかを理解して、どのくらいの相場なのかを確認してからお店に持っていくことを心がけたいものです。

青森県の織物の種類について

津軽こぎん刺しと呼ばれるものがあります。これは、青森県の津軽地方に伝わるとされる伝統的な刺し子です。

北国として知られる津軽においては、綿の栽培が困難ということもあって、一般的に使用される衣服の多くは麻布で出来ていました。また、農家に対する倹約令が享保9年に出されたこともあって、農民の仕事着はもちろんのこと、普段着るもの、帯にいたるまで規制が細かくされていたのです。

津軽こぎん刺しは、木綿の着用を許されなかった農民が生み出した知恵の結晶です。麻布を重ね、麻糸で刺した着物を普段着として使っていたのです。農作業では重いかごが必要になることから、その部分を糸で刺すことによって磨耗を防ぐことを行っています。また、保温効果も高いものとなっています。津軽こぎん刺しは、農民が自身の体を守ることを目的として、限られた資源、厳しい社会制約の中にあって知恵を絞って作られたものです。

明治時代に入り、木綿の着用が解禁となります。このときには津軽こぎん刺しも藍色の麻布に白い木綿糸が使われるようになります。それまでは農民たちの身を守るためのものだったのですが、美意識がそこに加わることによって、晴れ着用として嫁入り支度に欠かせないものとまでなっているのです。明治24年には上野から青森間の鉄道が開通したことによって、物資が豊富に流通し始めるようになります。麻よりも丈夫な木綿の着物が手に入るようになったことから津軽こぎん刺しの着物は急速に廃れていきます。

その後、昭和に入ると、柳宗悦が起こした民藝運動によって民藝運動は再度注目されるようになります。彼は、津軽こぎん刺しに対して、津軽の女性はすばらしいものを遺してくれたと絶賛しているのです。この運動をきっかけとして、現在も津軽こぎん刺しはたくさんの色の糸や布を用いて作られるものとなっており、多くの手芸ファンに親しまれるものとなっているのです。今後も生き続けるものとなると思われます。

津軽こぎん刺しの歴史について

青森には機織物と呼ばれるものが数種類あります。それは、津軽木綿、弘前木綿、南部裂織、津軽こぎんと呼ばれるものです。これらは、それぞれ異なる特徴を持っているのですが、どのようなものとなっているのでしょう。

津軽木綿と弘前木綿については、青森県弘前市で生まれたものです。帯地であることが特徴的な綿織物となっています津軽では綿の栽培が難しかったこと、厳しい倹約令があったことから、木綿の着用が許されなかったことから、農民の衣服は麻布が主なものだったのですが、明治に入って木綿の着用が許されたころに多く算出されたものです。主に野良着として使われているものですが、現在はわずかに残る程度のものとなっています。

南部裂織は、青森県の弘前市にて生まれたものとされています。帯地が採用されており、用途としては袋物やハンドバッグとなっており、木綿の着物を細く砕き、それを緯糸に用いた厚手の織物となっています。使い古した布を衣服や日用品へと再生する織物です。使い続けると柔らかな風合いになるもので、丈夫で暖かいことが特徴的です。江戸時代において、着物は布を大切にしようという知恵があり、それらを再生することを目的とした技法として編み出されたとされています。

津軽こぎんは、青森県の弘前市にて誕生したものです。紺地麻布に白の木綿糸が採用されており、幾何模様を刺し縫いしたものとなっています。津軽こぎんは、装飾的な目的を持ったものとなっているのですが、それ以外にも補強、保湿といった意味も備えています。起源は明らかにはされていませんが、江戸時代には技法は確立されていたとされています。

こういった着物の種類があるのですが、現在は生産量そのものが少なくなっているといわれています。歴史自体はどれも古いものですから、その技法を残そうという動きも行われているようです。ただ、生産数が少ないというだけであり、いまだに愛用者もいることには変わりはありません。

青森県内の着物買取エリア紹介

青森市/上北郡(おいらせ町/七戸町/東北町/野辺地町/横浜町/六ヶ所村/六戸町)/北津軽郡(板柳町/鶴田町/中泊町)/黒石市/五所川原市/三戸郡(五戸町/三戸町/新郷村/田子町/南部町/階上町)/下北郡(大間町/風間浦村/佐井村/東通村)/つがる市/十和田市/中津軽群(西目屋村)/西津軽郡(鰺ヶ沢町/深浦町)/八戸市/東津軽郡(今別町/外ヶ浜町/平内町/蓬田村)/平川市/弘前市/三沢市/南津軽郡(田舎館村/大鰐町/藤崎町)/むつ市