おすすめ買取業者を見る

秋田県で不要な着物を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

古い着物は処分が大変!

秋田県で着物を買い取ってくれるお店はどこ?

着物買取専門店がおすすめな理由

秋田県と秋田八丈について

秋田県は東北地方にある県のひとつです。県内陸部の9割が特別豪雪地帯に指定されているほどに、雪が多く降りやすいところだといわれています。ただし、日照時間の関係から朝晩の放射冷却現象が起こらないこともあり、経度の割には温暖です。

秋田県は、県庁所在地は秋田市であり、その他には男鹿市、大仙市、仙北市、北秋田市などをはじめとした、たくさんの市があります。秋田県の産業としては、携帯電話やスマートフォンなどの通信機器に使われる固定コンデンサの出荷額が全国1位になっています。その他には、天然秋田杉は日本三大美林と呼ばれており、木材生産量は全国1位です。また、米の生産量もあきたこまちの名産ということもあり全国3位です。日本酒の生産量も全国6位をマークしています。

秋田県には、こうしたもの以外にも織物のひとつである秋田八丈と呼ばれるものも有名です。秋田市が産地で、渋みを持った上品な絹織物です。縦縞、格子縞が主な柄となっていています。秋田黄八丈ともいわれているもので、洗えば洗うほどに色つやが増すのが特徴的です。用途としては、着尺地、丹前地ということですが、着物に仕立ててから2年目から3年目に一番美しい色を放つとされているのです。染色の別によって、鳶八丈、秋田黄八丈、変り八丈というものがあります。

秋田八丈、秋田の織物の歴史は深いものがあり、1800年初頭に奥羽出身の石川滝衛門によって確立されています。秋田八丈は、その後の1804年から1818年にかけて誕生誕生しています。秋田八丈は、その色合いが優美であることから、江戸から大阪へと販路を広げて、明治中期には年間6万反を生産する勢いだったのですが、現在は衰退してしまっています。ただ、伝統としては今も残っているのです。

秋田での着物買取を利用するのならば、秋田八丈をはじめとした着物の数々が高い評価を受けることでしょう。もしも持っているのならば、ぜひとも着物買取に持っていってみると良いでしょう。

秋田八丈の歴史や特徴について

角館には、城下町の町並みの面影が今も残されています。この町並みが作られたのは江戸時代の初めのことです。佐竹北家の城下町として栄えています。

玉川、そして桧木内川沿いに市街地があって、三方を山々に囲まれているのですが、歴史ある武家屋敷、そして桜並木が美しくて、すばらしい風情を持った観光名所となっています。

この角館に、内町の武家屋敷郡があり、もうひとつ田町武家屋敷通りと呼ばれるものがあります。この武家屋敷は、町の南地区にあり、80旗の武士が住んでいました。国の保存地区には指定されていないものの、黒板塀は昔から残っており、春には桜が舞い、秋には紅葉があるなど、見ごたえはたっぷりなのです。

角館は、内町の武家屋敷通りが有名ではありますが、この田町の武家屋敷郡も面白いスポットなのです。西宮家は蔵が5個もある武家屋敷があり、新潮社の創設者を祈念して建てた、新潮社記念文学館、田町の大田家などの建物には面白さも十分です。

そして、樅の木、門、黒塀などが武家屋敷通りであることを示しており、江戸時代から近代までの時代の流れを感じることができます。そして、有名といわれている内町の武家屋敷郡についてです。こちらは、かつての武士の生活空間として存在していました。江戸時代の初めに芦名氏によって建てられた大規模な都市計画が実施されたわけですが、それによって佐竹北家の城下町として栄えた角館の中にあったものです。

江戸時代末期の屋敷割、母屋、蔵の屋敷構えをはじめとした部分で武家町の特徴をしっかりと残しているのです。

武家屋敷の表通りに関しては、国の重要伝統的建造物郡保存地区の指定を受けています。つまりは文化財として保護されているということです。こうした地区は昔ながらの情景を多く残しているということもあり、その時代にいるかのように実感を得られることもあり、着物を着て歩くのが人気だといいます。機会があれば、是非とも訪れてみてほしい場所だと言えます。

角館の武家屋敷についてご紹介

秋田の伝統的な織物のひとつ、秋田八丈と呼ばれるものがあります。上品な絹織物で渋みを持っているものです。柄は縦縞、格子縞が採用されており、浜茄子、山つつじなどが染料として使われるのです。秋田黄八丈と呼ばれることもあり、黄八丈に近い風合いがあるのです。

洗えば洗うほどに色艶が増すという特徴を持っているため、洗えば洗うほどに色つやが増すということで、着物に仕立ててから二年から三年くらいにもっとも美しい色を放つと言われています。

秋田の織物の歴史は古いです。奥羽出身の石川滝衛門によって確立されており、畝織、竜門織、秋田平などが作られています。文化元年に、桐生から菱沼甚平を招き、染色や機織の指導に当たらせています。甚平は黄八丈になら、八丈格子を作り上げているのですが、これが秋田絹として有名になっています。

さらに、甚平は秋田海岸に自生している浜茄子の根を染料にして、独自の色合いを作り出すことに成功しています。これが秋田八丈のスタートなのです。

秋田県の代表的な織物の秋田八丈は、こうしたことから誕生したわけですが、現在のところは織り手が途絶えてしまっており、世の中に存在しなくなっているといわれているのです。近年、最後まで残っていた織り手が廃業したことによって完全に途絶えてしまったとのことです。

地域行政からの積極的な支援を受けられたわけでもなく、残していこうという努力もされなかったといわれています。黄色がかった茶系の独自の色が特徴としてあるのですが、実際の織物を見ると、ややくすんだ感じの印象を受けるものです。

数年使い続けることによって、美しい色合いを発するものであり、江戸から大阪まで販路を広げて、明治には6万反を生産するくらいに人気のあるものだったのですが、その後は衰退してしまい今にいたるのです。事実上、今は途絶えてしまっているのです。そのため、着物買取のお店で見かけることもごくまれではないかと思われます。