おすすめ買取業者を見る

不要な和服を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

買取できる和服と買取できない和服とは?

もう着ることのない和服を活用する方法の一つとして、専門の業者に買い取ってもらうという方法があります。
しかしここで注意したいのは、和服の中には古着として買取できる物とそうでない物があるということです。
和服ならさぞいい値段が付くかと思いきや、全部買取不可で往復の手間賃の方が高くついてしまった…という風にならないためにも、予め買取できる和服とできない和服を知っておく必要があります。


買取できる和服

正絹や木綿でできた着物、羽織、道中着、袴

正絹とは絹100%の生地のことです。非常に高価なため、シミや虫食いが無ければどこの業者でも買い取ってもらえます。
木綿の着物は元々安価なので、買い取れる業者とそうでない業者があります。ですが、伝統工芸品の場合は高値が付くこともあります。


買取できない和服

化繊や混紡、ウールでできた着物、喪服、肌襦袢、長襦袢

化繊とはポリエステルなどの化学繊維からできた生地のことで、混紡とは絹と化繊を合わせて織った生地のことです。
化繊やウールの着物は元が安価なため、ほとんどの業者は買い取っていません。また、混紡も絹に化繊が入っているため、買取不可となることが多いです。
しかし、卒業式などで着用する袴の多くはポリエステルで作られているため、こちらは例外的に買い取ってもらえることがあります。
肌襦袢は素肌に直接触れる、いわば肌着なので買取不可。長襦袢は肌襦袢と長着の間に着用する着物で、スーツに例えるとYシャツのような存在です。
肌着ではありませんが汗を吸収しやすいため、こちらも未使用品や反物でなければ基本的に買取不可です。


和服はどこで買い取ってもらえる?

和服はリサイクルショップや着物買取専門店で買い取ってもらえます。
しかしリサイクルショップの場合は店頭で売らないといけないため、草履や帯、浴衣などを単品で買い取ってもらえるケースは少ないです。
一方、着物買取専門店の場合は中古着物の市場を開拓しているため、買い取ってもらえる可能性が高いです。
また、中古の需要が少ない化繊やウール素材の和服も、正絹の着物何点かと合わせて出せば、少額ですが値段が付くこともあります。
上記の買取できる物とできない物を参考にしつつ、上手に高く和服を売る方法を探してみてください。

和服の豆知識

和服とは?

和服とは日本で古くから着用されている衣服のことで、「和(日本)の服」が語源となっています。昔は着物が一般的だったので和服という言葉は無かったのですが、明治時代に西洋の衣服である洋服が普及したことにより、日本の衣服と区別するために生まれました。
また、近年では和服=着物だけでなく、羽織や袴、浴衣、帯、長襦袢、足袋などを総称した呼び名となっています。

和服の着物が活用できる場所は?

礼装用のフォーマルな着物としては着られない紬ですが、ちょっとした外出用としてカジュアルなパーティーやお稽古、観劇などに着ていけます。
また、紬は絹でありながら他の着物より扱いやすいため、もし外出先で汚れが付いても水で濡らした布で軽く拭けば大丈夫です。もちろんその後クリーニングに出すことになりますが、水に弱い着物よりも慎重にならなくて済むため、お食事会にも気軽に着ていくことができます。
ですが、そういった場所にはドレスやスーツしか着ていかない人にとっては、紬の着物は扱いづらいかもしれません。

和服・着物・呉服の違いは?

現在は和服も着物も呉服も同じ意味で捉えられていますが、着物で生活していた数十年前までは明確な違いがありました。

和服
日本の衣服全般を指す言葉で、浴衣や甚平、袴を着用する際に着る半着などもまとめた総称です。
着物
今は和服も着物も同じ意味になっていますが、狭義では長襦袢の上に着る長着(丈が足首まである和服)のことを指します。
呉服
今は呉服も着物と同じ意味ですが、元来は三国志で有名な中国の「呉」という国から伝わった絹織物のことを指していました。
そして昔は正絹のみを扱う高級店を呉服屋、木綿や麻などを扱う庶民的なお店を太物屋と分けていましたが、現在は着物を着る人が少なくなったので、呉服屋でも木綿の浴衣などが売られるようになりました。

和服の種類について

和服は細かく分けると膨大な数になりますが、礼装用と普段用で簡単に分けると以下のようになります。

礼装用和服

黒羽二重五つ紋付
男性の第一礼装(正礼装)で、黒地の五つ紋付の羽織と袴の着物です。よく結婚式で新郎や父親が着ている衣装です。
色羽二重
羽織が黒地以外の着物で、黒紋付に次ぐ男性の略礼装です。
女性の色留袖と同格で、五つ紋なら正礼装、三つ紋や一つ紋なら準礼装となり、披露宴などで着用できます。
お召一つ紋付
男性の外出用着物ですが、三つ紋や一つ紋を入れると格が上がり略礼装として着用できます。女性の紋付の色無地や訪問着と同格です。
黒留袖
既婚女性の第一礼装で、黒地に五つ紋と裾のみの絵羽模様が特徴です。
色留袖
黒地以外の留袖で、既婚・未婚ともに着用できます。紋の数で格が変わり、5つなら正礼装、3つや1つなら準礼装となります。
振袖
未婚女性の第一礼装で、ふくらはぎからくるぶし辺りまである長い袖と華やかな絵羽模様が特徴です。
喪服
お葬式の時に着用する、五つ紋付で黒一色の着物です。
訪問着
肩から裾にかけて絵羽模様が入っている略礼装で、既婚・未婚ともに着用できます。また、一つ紋を入れると格が上がり準礼装となります。
付け下げ
訪問着より落ち着いた柄の略礼装で、着た時に模様がすべて上向きになるよう染められています。
色無地
黒以外の一色で染められた着物です。外出着ですが紋を入れれば格が上がり、略礼装となります。
大学の卒業式などで着用する着物です。未婚女性なので中振袖や小振袖と合わせて着用します。

普段用和服

小紋
全体に細かい模様が施されているのが特徴で、付け下げと似ていますがこちらは柄の向きがバラバラに染められています。
糸の段階で染められているのが特徴の人気ある着物です。結城紬や大島紬などの高価な品もありますが、基本的には外出着のため礼装としての着用はできません。
浴衣
お風呂上がりや夏祭りなどのイベントで着用します。尚、普段着なため、フォーマル・セミフォーマルな場では着用できません。

日本の民族衣装である和服ですが、近年は洋服が一般的になったことで需要は大幅に減りました。
しかし、数十年前までは日常の普段着から婚礼・慶事まで、ありとあらゆる場所で着用されていたため、「実家に誰も着ない和服が大量にある」「嫁入り道具に箪笥いっぱいの着物を持たされたが、もう何年も保管したままになっている」という方も多いでしょう。
着ることのない和服をずっと保管していても場所を取るだけですし、かといって処分してしまうのは非常にもったいない。ということで、こちらではそんな扱いに困っている和服を高く買い取ってもらえるお店をご紹介しています。