おすすめ買取業者を見る

不要な留袖を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料LINE査定
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 365日・24時間受付
    入金方法 出張買取は即日現金払い、
    宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 10:00~18:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

最も格の高い着物、留袖は売れるのか?

三つ紋や一つ紋の色留袖の場合は、結婚式の他にパーティーなどでも活用できますが、最高位礼装である黒留袖は格が高い分、結婚式ぐらいしか着ていける場所がありません。
最近は結婚しても式を挙げない人や、カジュアルで簡略的な結婚式で済ます人も増えているため、ますます着る機会は減っていると言えるでしょう。
「着る頻度が少ないのに購入すると高価」「購入しても数回着た後は何年も仕舞ったままになる」ということから、最近では購入せずレンタルで済ませる人も増えています。
しかし、それはつまり安価であれば必要としている人が一定数以上はいるということです。こちらでは、そんな留袖をお得に売る方法をご紹介していきます。

留袖が売れる場所とは?

①オークション・フリマアプリ
レンタルは意外と高いし結婚式の度に借りる必要がある、かといって着る頻度が少ない物に何十万円も出したくない…という人たちは基本、オークションやフリマアプリで中古の留袖を探しています。これらは出品する際に自分で値段を設定できるので、希望に近い金額で落札される可能が高いです。
ですが、寸法をきっちり測って撮影し、購入者からのコメントにも丁寧に対応しないといけないため、ある程度着物とオークションの知識が必要になります。神経質な人だと購入してからトラブルになる可能性もあるため、時間をかけてでも高く売りたい人ならいいですが、面倒事が嫌いな人は避けた方が賢明です。
②買取専門店に売る
他にはリサイクルショップや着物買取専門店で売る方法があります。数回しか着ていなくて状態も良いのに引き取り手がいない、というような留袖を賢く処分するのに打ってつけです。
しかし、街の古着屋さんのようなリサイクルショップで売るのはおすすめしません。そのようなお店で留袖を買う人は少ないので、持っていっても買取不可か、良くて数百円程度でしょう。
着物買取専門店ならお店ごとに中古販売のルーツを持っているので、適正な価格で買い取ってもらえます。

留袖の買取相場は?

留袖を売る際、一番気になるのが家紋だと思います。特に黒留袖には必ず家紋が入っているため、売れないんじゃないかと心配されるかもしれません。ですが、基本的には家紋が入っていても問題ありません。
よくレンタルの黒留袖に入れられている五三の桐の紋でしたらオールマイティーに着られるため、買取価格に影響はないでしょう。
もし自分の家の家紋が入っていても、最近はシールのような貼り紋というアイテムもあるので、桐の紋と比べると多少買取価格は落ちてしまうでしょうが、家紋が入っているから買取不可ということはありません。
そして留袖の買取相場ですが、使い道の多い訪問着や付け下げなどと比べると着ていける場所が限られているため低くなりがちで、一般的に購入時の価格の1%~10%と言われています。
状態の良い10年以内の正絹で、証紙が付いていれば高価査定が期待できますが、それ以外だと数百円~数千円程度と思っておきましょう。
とはいえ多少なりともお金が入るし、何より何年も着てもらえなかった留袖が、必要としている誰かにまた着てもらえると考えれば納得がいくと思います。

留袖の豆知識

留袖とは?

留袖は女性の着物の中で最も格が高く、結婚式などの特別な日に着用する礼装用の着物です。
見た目は訪問着と似ていますが、訪問着は上半身にも絵羽模様があるのに対し、留袖は裾にのみ絵羽模様が入っているのが特徴で、上半身には模様が入っていません。
また、背・両袖後側・両胸の5箇所に家紋が入っており、色留袖の場合はこの紋の数によって格が変わるのが特徴です。
基本的に既婚女性が着る着物で、これは江戸時代、結婚した女性がそれまで着ていた振袖の袖を短くして身八つ口を縫い留めたことが由来となっています。
その他、「結婚してその家に留まる」という意味もあることから、現代では未婚女性の第一礼装は振袖、既婚女性の第一礼装は留袖となりました。

黒留袖と色留袖の違い

留袖には「黒留袖」と「色留袖」の二種類があります。
黒留袖は既婚女性のみが着用できる第一礼装で、最も格の高い着物です。黒地に五つ紋(背・両袖後側・両胸)、二枚重ねで着ているように見える比翼仕立てが特徴で、主に新郎新婦の母親やおばなど、主役に親しい親族の既婚女性が着用します。
一方、色留袖は黒留袖に準ずる礼装で、こちらは既婚・未婚ともに着用できます。黒以外の生地で仕立てているのが特徴で、淡いピンクや水色など若い女性が好むような色柄もあります。
こちらは黒留袖よりも若々しい雰囲気があるため、新郎新婦の姉妹やいとこなどの親族、既婚だけどまだ20代だから黒留袖は早いという人、未婚だけど年齢的に振袖は着られないという人、新郎新婦の上司などのゲスト側が着用します。
また、五つ紋を入れると黒留袖と同格の第一礼装、三つ紋や一つ紋なら準礼装となるため、結婚式以外にも様々な場所で活用できます。

ミセスの第一礼装である留袖。結婚披露宴で新郎新婦の親族が着用していることが多いので、一度は目にしたことがある着物だと思います。
昔はお嫁に行く際に親が持たせてくれるのが当たり前でしたが、着られる場所が限られている上に頻度は数年~十数年に一度、しかも年配になると若い時に仕立てた柄は着にくくなるため、最近は購入せずにレンタルで済ませる人も多くなっています。
また、近年は晩婚・未婚が増えているので、「母親から譲り受けたが10年以上仕舞ったままになっている」「子どもが結婚しないので今後着る予定がない」という方もいらっしゃるでしょう。
そこで、こちらではそのような扱いに困っている留袖を上手に売る方法をご紹介しています。