おすすめ買取業者を見る

不要な帯を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    • +
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    • +
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    • +
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

帯だけでも買い取ってもらえる?

着物を着る上で欠かせない帯。着こなし方によって着物の印象をガラリと変えてしまうため、着ていく場所や用途に合わせて何本も持っている人は多いでしょう。
着物は着る機会があるから売らないけど、帯はいくつか整理したいとなった場合、帯だけを売ることはできるのか気になると思います。
結論から言えば、帯だけでも買い取りは可能です。むしろ、帯は着物と違ってサイズが関係ないため、仕立て済みの着物よりも高価買取が期待できます。
次に買い取ってもらえる場所ですが、一番高く売れるのは自分で価格を設定するオークションやフリマアプリです。しかし、普段から着物を着ていて種類や価値に詳しいならいいですが、そうでなければ発送後に返金トラブルが起こる可能性もあるため止めておいた方が無難です。
また、同じように帯だけを出品している人も多数いるので、すぐに売れないとどんどん下の方に埋もれていき、気がつけば誰にも閲覧されないまま何ヶ月も売れない状態になることだってあります。
その他に買い取ってもらえる所はリサイクルショップと着物買取専門店がありますが、古着屋さんのようなリサイクルショップの場合は帯単体だと断られる可能性が高いです。
着物買取専門店は、帯の保存状態や証紙から価値をしっかりと見て適正な価格を付けてくれるのでおすすめですが、お店によっては帯単体の買取は行っていない所もあるので、事前に買取が可能か確認しておきましょう。

買取が難しい帯とは?

たとえ状態が良くても買取できない、もしくは他の品数点とまとめてでなければ買取してもらえない帯は以下になります。






値段が付きにくい、買取不可な帯

化繊やウール素材の帯
ポリエステルなどの化学繊維の帯やウール素材の帯は着物と同様、買取できない所がほとんどです。また、混紡の帯も絹100%ではないため値段が付きにくいです。
黒喪帯
黒喪帯とは、お通夜や告別式の時に用いる黒一色の帯のことです。
基本的に喪服を中古で探している人はいないため、帯も買い取ってもらえる可能性は低いです。
ですが、法事の時などに用いるグレーや紺色の色喪帯なら買取できる場合があります。

数点まとめてなら買取可能な帯

半幅帯
半幅帯は浴衣や紬、小紋と合わせてカジュアルに着こなす帯で価格も安価なため、1点だけでは値段が付かないこともあります。
兵児帯
兵児帯とは男物の帯の一種で、普段着用の着物に用いられます。最近では子どもの浴衣や、女性の浴衣の飾りとして用いることも多いです。
こちらは需要が少なく、数も多く出回っているため単体での買取は難しいですが、男物で黒以外の珍しい色なら値段が付くこともあります。
角帯
角帯は男物の帯の一種で、男性の和装において最も用いられます。
しかし、希少価値の高い物や作家物なら高価買取が可能ですが、そうでないなら需要も少ないので単体での買取は難しいです。

尚、これらは1点では買取できなくても、正絹の着物や袋帯・名古屋帯、和装小物数点と合わせて査定に出せば買い取ってもらえる可能性が高いです。

帯の買取相場とは?

帯も着物を買い取る時と同様に、保存状態や年数、証紙の有無、作家物かどうかで金額が大きく変わります。
正絹で新品同様の未使用品や、西陣織などの高級品だと10,000円~20,000円ほど。シミやシワが多く状態の悪い物だと1,000円以下、元値が安価な化繊、混紡、ウール素材の帯は買取不可か、良くて数百円でしょう。
また、帯の種類によっても買取価格は変わってきます。
例えば、フォーマルな袋帯は礼装用に用いられることが多いため7,000~8,000円ほど。カジュアル向けの名古屋帯だと着用の範囲が狭まるため5,000円~6,000円ほど。
浴衣などに合わせる半幅帯は安価なこともあって1,000円~5,000円ほどになります。
もちろんこれらは正絹で状態が良いことが大前提で、傷みがあればさらに価格は落ちますし、龍村平蔵や久保田一竹の作品なら50,000円以上の値が付くことだってあります。
そのため、なるべく高価買取してもらいたい場合はまず、着物買取専門店で査定をしてもらいましょう。査定だけならどこのお店も無料で行っていますし、専門の査定員が判断してくれるので上記の価格よりはハッキリとした数字が見えてきます。

帯の豆知識

女物の帯の種類

丸帯
丸帯とは広幅の生地を二つ折りにして仕立てた帯のことで、幅約70cm×長さ約4m36㎝以上もあります。
帯の中では最も格が高く、豪華な模様があしらわれていますが重くて扱いづらいため、現在では婚礼衣装や舞妓・芸者のみが扱うようになっています。
袋帯
袋帯とは幅約31㎝×長さ約4m30cm以上で、表と裏に別の生地を使って袋状に織られている帯のことです。名古屋帯や半幅帯よりも格が高く、フォーマルからカジュアルまで対応できるのが特徴で、主に結婚式や成人式の留袖・振袖・訪問着などの礼装に合わせて使うのが一般的です。
名古屋帯
名古屋帯とは大正末期に名古屋で考案された帯のことで、幅約30cm×長さ約3m60cm程度、先端が半幅になっているのが特徴です。
袋帯よりも結びやすく、セミフォーマルから紬・小紋などの街着と合わせてカジュアルに着こなすこともできます。
半幅帯
半幅帯とは幅約16cm×長さ約3m80cm以上の帯のことで、袋帯や名古屋帯よりも格は低くなります。ですが幅が狭いため他の帯よりも扱いが簡単で、結び方のバリエーションも豊富なのが特徴です。

フォーマルなシーンでは使用できないので、カジュアル向けの帯として浴衣や紬・小紋と合わせます。

「着物に合わせて購入していたら、いつの間にか使わない帯が増えてしまった。」「無料着付教室で購入したけれど使い道がない。」という方は少なくないと思います。
周りに着物を着る人もいないし、中古の帯なんて欲しい人はいないだろうと処分を考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし実は、帯は仕立て済みの着物よりも高く売れることがあるのです。
捨ててしまってから後悔する前に、まずは一度着物買取専門店で無料査定してもらってはいかがでしょうか。