おすすめ買取業者を見る

不要な訪問着を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 女性査定員在籍(指名する場合は要問い合わせ)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 宅配キット無料
    • 古い着物や他社で断られた着物も買取可能
    • シミ変色があっても買取可能
    • 初回お申し込みの場合は買取金額10%アップ!
    • +
    「他店より1円でも高く買い取る」をモットーに、シビアなリサイクル業界で急成長を遂げた『福ちゃん』。
    開業当初から着物買取に力を入れており、着物・和服はもちろん反物や帯、和装小物まで幅広く買い取りしています。
    特に、他社では値段が付かないようなシミ・変色がある着物でも買取可能というのは非常に魅力的。自社でクリーニングやシミ抜きを行っているので、タンスから出してすぐ査定してもらえるのは有り難いですね。インターネットの口コミや顧客満足度ランキングで常に上位なのも納得できます。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 申し込みから最短30分で訪問
    • 他店より1円でも買取金額が安ければ全品返却
    • 女性査定員在籍(女性のお客様のみ、指名が可能)
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 他社で断られた着物も買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合も
    • +
    俳優の坂上忍さんが出演するCMでおなじみの『バイセル(旧スピード買取.jp)』は、その名の通り圧倒的なスピード査定を行っている会社です。お問い合わせ・お申し込みから最短30分で出張買取が可能なので、引っ越し前でドタバタしている時には大変便利だと思います。買取対象は和服全般で、他社ではあまり買い取っていない和装コート(羽織)も買い取ってもらえるのは嬉しいですね。
  3. ザ・ゴールド
    ★★★★
    • 女性スタッフ多数在籍
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定あり
    • 宅配キット無料
    • シミ汚れがあっても買取可能※ただし、汚れや破損具合によっては買取が難しい場合もあり
    • 遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイス
    • +
    ザ・ゴールドは関東を中心に全国で79店の直営店を運営しており、テレビCMの放送や数多くのメディアから取り上げられるなど、今最も勢いのあるリサイクルショップと言えます。こちらはシミや汚れのある着物でも積極的に買い取りしており、また他店では値段が付きにくい名古屋帯や半幅帯、和装小物も査定の対象となっています。その他、遺品査定士や終活カウンセラーによる生前整理アドバイスも行われていますので、終活目的で着物の処分を検討している方は一緒に相談されてみてはいかがでしょう?

訪問着はどこで売るのが一番お得?

「お宮参り、七五三、入学式、卒業式と色んな行事に訪問着を着ていったけれど、子ども達が巣立ってからはもう何年も着ていない。」「嫁入り道具として訪問着を誂えたけど、結局一度も袖を通さないままタンスの肥やしになっている。」という方は少なくないでしょう。

しかし世間に目を向けると、訪問着を購入したいが高くて手が出ないという人が沢山います。そういう人達のためにも、着なくなった訪問着を売るという選択は一番良い方法かもしれません。

ただしここで注意したいのが、いかに高価買取してもらうかという点です。リサイクルショップや街の古着屋さんで着物を探している人は少ないので、その分期待できるほどの価格は付かないでしょう。

ネットオークションは中古着物を探している人が多いので、出せば案外いい値で高く売れると思います。しかし何着もある場合は出品・発送・落札者とのやりとりに大変手間がかかるため、忙しい人やオークション事情に詳しくない人には向いていません。

着物買取専門店はオークションに比べると買取価格が下がってしまいますが、大量にあっても手間なく一度に引き取ってもらえる他、きちんと鑑定士が査定するため作家物などはかなりの高価査定が期待できます。

訪問着の買取相場は?

訪問着は留袖や振袖より着る機会が多いため、中古市場でも人気の着物となっています。
そのため、必然的に買取価格も他の着物よりはやや高くなります。
しかしこれは正絹に限ったことで、最近よく売られているポリエステル素材(化繊)の訪問着はほとんどの所が買取不可か、付いても100円程度です。
また、仕立直しができる身丈160cm、裄丈65cm以上ないと値段が付きにくく、155cm以下の小さいものは買い取ってもらえないケーズが多いです。
以上の点をクリアした訪問着の場合、傷みがないことを前提とすれば、一般的なもので数千円、人間国宝や作家物の場合は数万円~数十万円となります。
もちろん業者によって買取価格は違いますので、何箇所かで査定してもらった後、最終的に一番高価査定してもらった所に売ると良いでしょう。

訪問着の豆知識

訪問着とは?

留袖に次ぐ女性の第二礼装(略礼装)で、既婚・未婚問わず着用できます。胸、肩、袖、裾にかけての華やかな絵羽模様が特徴で、広げると一枚の絵のようになります。
一つ紋を入れると準礼装となり、結婚式のゲスト側や晴れの席、お茶会やパーティーなど様々な場所で着用できる便利な着物なので、呉服屋さんでは一番の売れ筋商品となっています。
ちなみに付け下げと似ていますが、訪問着は縫い目を跨いで模様があるのが特徴で、これは製作の際、先に着物の形に仮縫いして絵を描いた後、ほどいて反物の状態に戻してから染色しているためです。
対して付け下げは訪問着より格が低く、反物の状態から柄付け・染色をしているため、縫い目で模様は繋がりません。また、デザインも訪問着より比較的シンプルになっています。

訪問着の種類について

訪問着にはシーズンに合わせて着られる袷(あわせ)・単衣(ひとえ)・薄物(うすもの)という種類があります。
状態にもよりますが、この中で一番高く買い取ってもらえるのはやはり、長く着られる袷の訪問着でしょう。

袷(あわせ)
比較的厚手の生地で、胴裏、袖裏、裾回しなどに裏地が付いています。
原則として10月~翌年5月にかけて着る着物ですが、最近はどこでも空調設備が整っていることから、オールシーズン着ていても問題ないとされています。
裏地が付いていて生地もしっかりとしているので着付けしやすく、柄が栄えるので結婚披露宴のゲスト側で着用するのに向いています。
単衣(ひとえ)
袷と薄物の中間にあたる着物で、原則として6月と9月に着用します。表生地は袷と一緒ですが、裏地が付いていないため袷よりも軽くて涼しいのが特徴です。ただしその分、袷よりも軽い印象になってしまうことや、着物の線が出にくくなるのが難点です。
着られる期間が短いため敬遠されがちですが、最近は5月や10月でも真夏のように暑い日があるので、現代の気温に合わせて単衣を選ぶ人もいます。
薄物(うすもの)
絽(ろ)や紗(しゃ)などの透け感がある生地で仕立てた着物で、真夏の7月と8月に着用します。
薄手の生地なため風通しが良く涼しく着られますが、その分透け感が強いので写真には栄えにくくなります。
主に真夏の屋外で行う結婚式やパーティーの際に着用されることが多い着物です。

訪問着は結婚披露宴やパーティーはもちろん、入卒式や観劇などあらゆる場所に着て行けるため、着物の中では一番使い道があるのではないでしょうか。
既婚・未婚問わず着用でき、フォーマルからカジュアルまで使えるので振袖や留袖よりも需要が高く、一着は所持しておきたい着物です。
そんな訪問着は中古でも購入したいという人が沢山いますので、何年も着ずにタンスの肥やしにするぐらいなら、いっそのこと売ってしまった方が良いでしょう。