おすすめ買取業者を見る

不要な振袖を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!着物買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. ザ・ゴールド
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  3. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る

振袖を高く売るコツとは?

振袖を売る際に注意してもらいたいのは、古着屋などのリサイクルショップへ持って行ってもほぼ値段は付かないということです。
そもそも着物はそれほど需要のある商品ではありません。それに加えて振袖は短い期間しか着られない、街着として気軽に着ることもできないなど、中々困った商品なのです。
需要がないということはつまり、高価で買い取ってくれることも少ないわけで、購入時に何十万円もしたものが数千円~数百円、下手すれば0円なんてこともあり得ます。
ちなみにオークションなら希望に近い価格で売れる可能性はありますが、きちんと状態を把握した上で寸法や傷み具合などを明記しないと、後々相手とトラブルを起こしかねません。
また出品して即売れるものでもないので、結局今と何ら変わらない状態になってしまうでしょう。
次に売れる場所といえば着物買取専門店です。ここはリサイクルショップよりも高価で買い取ってくれて、オークションより手間がかからないという両者の中間のような存在です。
「着物買取専門」と銘打っているだけあって査定には鑑定士が対応してくれますし、帯やバッグなどの小物類まで買い取ってくれます。
成人式で振袖を着たのなら一式揃っているはずです。ならばこの際、全部まとめて売ってしまった方がより高価で買い取ってもらえるでしょう。

振袖の買取相場は?

もう着ることがないとはいえ、大切に保管していたのですからなるべく高く買い取ってほしいですよね。
ですが、着物は買う時と売る時で金額の幅が広い物です。時代によって流行の柄も変わるので、当時数十万円で買ったからそれに近い金額で買い取ってもらえるというような期待はしない方がいいです。
また、今の人は昔の人よりも身長が高いため、最低でも155cm以上はないと売れません。高く売れるポイントとしては、

・保存状態が良い、証紙が付いている
・今でも着られる無難な柄
・有名作家や人気作家の物
・身丈160cm、裄丈65cm以上ある

以上が揃っていれば、安い物や中古品だと一着3,000円~10,000円、そこそこの物や未使用高級品だと30,000円~60,000円、作家の手描き友禅だと100,000円以上の値段がつくこともあります。
ただしこれはあくまで参考価格で、お店によって当然値段は違ってきます。また、買取価格も大事ですが、業者の態度や対応の速さ、便利さなども視野に入れておいた方がいいでしょう。
高価な着物ですし、今まで大切に保管していたのですから、最後は気持ちよく送り出すのが一番です。

振袖の豆知識

振袖とは?

振袖は未婚女性の第一礼装として最も格の高い着物で、成人式や卒業式の他、婚礼・慶事・公的な儀式などに着用できます。
美しい絵羽模様と長い袖が特徴で、振袖というのはこの袖の特徴から来ています。
昔は女性から恋愛の意思を伝えることをタブーとしていたため、江戸時代の踊り子たちは袖の動きで好き・嫌いなどの愛情表現をしていました。
これが未婚女性たちの間で広まったのが振袖の由来で、また現代の「フる」「フラれる」という言葉の由来にもなりました。
そして結婚した後は袖を振る必要がなくなるため、袖を詰めて短くしていました。これが既婚女性の第一礼装である留袖の由来です。

振袖の着物が活用できる場所は?

礼装用のフォーマルな着物としては着られない紬ですが、ちょっとした外出用としてカジュアルなパーティーやお稽古、観劇などに着ていけます。
また、紬は絹でありながら他の着物より扱いやすいため、もし外出先で汚れが付いても水で濡らした布で軽く拭けば大丈夫です。もちろんその後クリーニングに出すことになりますが、水に弱い着物よりも慎重にならなくて済むため、お食事会にも気軽に着ていくことができます。
ですが、そういった場所にはドレスやスーツしか着ていかない人にとっては、紬の着物は扱いづらいかもしれません。

振袖の種類について

振袖には大振袖(本振袖)・中振袖・小振袖と3種類あり、それぞれ袖の長さによって格や着ていく場所が変わってきます。

大振袖(おおふりそで)
本振袖とも呼ばれています。袖の長さは三尺三寸(約114~125cm前後)で、くるぶしの辺りまであります。
未婚女性の第一礼装で、主に花嫁のお色直しや結婚式のゲスト、公的な儀式や成人式など様々な場所で着用できます。
昔は5つ紋が付いていましたが、最近では省略されることが多いです。
尚、かつては成人式の際は中振袖が一般的でしたが、近年の女性は身長が高くなっていることもあり、それに合わせて大振袖を選択するケースが増えています。
中振袖(ちゅうふりそで)
袖の長さは二尺八寸(約90~105cm前後)で、ふくらはぎ辺りの長さになります。
大振袖に次ぐ礼装で、こちらも成人式や結婚式などフォーマルな場所で広く着用できます。
また、上記のように背の高い女性が増えているので、中振袖の袖丈も年々長くなってきているそうです。
小振袖(こふりそで)
袖の長さは二尺三寸(約75~80cm前後)で、膝辺りの長さになります。
他の振袖と比べて動きやすく、気軽に着られるのでセミフォーマルの衣装としてパーティーやお茶会、観劇などに着用できます。
また、袖が短いので袴と合わせて卒業式の衣装にすることも多いです。

未婚女性を最も華やかに美しく着飾ってくれる振袖。両親が成人のお祝いに奮発して買ってくれたという人も多いと思います。
ですが着たのは一度きりで、それから何年もタンスの肥やしになっているケースも多いでしょう。
振袖は未婚なら何歳でも着られますし、フォーマルな場所からカジュアルな場所まで活用できる着物なので、いつまでも仕舞っておくのは非常にもったいないです。
かといって、「着る機会もないし着付けもできない」「30過ぎて振袖を着るのは恥ずかしい」という場合もあると思います。
着ることがなくなったとは言え人生で一番晴れやかな着物ですから、仕舞いっぱなしにしないで次の誰かに着てもらえるようにすれば、その振袖はいつまでも長く愛されるようになるでしょう。